SDSで乗り切れ!データ爆発時代のストレージ運用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

SDSで乗り切れ!データ爆発時代のストレージ運用

2016/05/16

 ITコストの中でも大きな割合を占めるのがストレージ。導入コストもかかればメンテナンスコストもかかる存在なのだが、モバイル、ソーシャル、クラウド、ビッグデータ、IoTなどのキーワードで括られるITサービスが急拡大していく中でデータ量は急増中。その利活用が今後のビジネスを大きく左右する可能性を考えると、従来からのハードウェアベースでのストレージ運用だけでは限界が目前だ。そこで注目されるのが、ストレージをソフトウェアで運用・管理する「SDS(Software Defined Storage/ソフトウェア定義ストレージ)」。今のところ話題先行で実態が見えにくいSDSが実際にどんな効果を生むのか、今回はそのあらましを紹介しよう。

SDS

※「SDS/SDSで乗り切れ!データ爆発時代のストレージ運用」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「SDS/SDSで乗り切れ!データ爆発時代のストレージ運用」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1「SDS」が脚光を浴びる背景は?

 「SDN(Software Defined Network)」の登場から数年、次の一手とばかりに広く唱えられ出したのが「SDx」。ITインフラにSoftware Definedという冠をかぶせ、SDS(後ろのSはストレージ)、SDC(Cはコンピューティング)、SDI(Iはインフラ全般)、SDDC(DCはデータセンター)、果てはSDE(EはEverything)という言葉まで生み出された。その中で、ツールが数々提供され、今最も注目されているのがSDSだ。

■SDSの役割はユーザやアプリケーションの要求に迅速に答えること

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

SDS/SDSで乗り切れ!データ爆発時代のストレージ運用」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SDS」関連情報をランダムに表示しています。

SDS」関連の特集


 レノボ・ジャパンは、2015年12月に結んだNutanixとの協業を踏まえ、仮想化環境のTCO削減…



 ここ数年、ソフトウェア定義型ストレージ(Software Defined Storage:SDS)…



単一ベンダでしか構築できなかったストレージ仮想化をソフトウェア定義で実現するSDSが登場!SDNから…


SDS」関連のセミナー

加速するオープンソーステクノロジーの全貌とエコシステム 【主催:ノベル/協力:オープンソース活用研究所】 締切間近 

開催日 12月9日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

【オープンソースで構築するこれからのエンタープライズIT基盤】12月9日に虎ノ門ヒルズにて、SUSE Open Forum 2016 が開催されます。マジセミで…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SDS/ SDSで乗り切れ!データ爆発時代のストレージ運用」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SDS/ SDSで乗り切れ!データ爆発時代のストレージ運用」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30008652


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ