この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

AIを活用する次世代ERPの実力

2016/05/11

 ビジネスのデジタル化が加速し、企業はより正確で素早い意思決定が必要となった。基幹業務システムとして利用されるERPにも、処理速度を高めビジネスのスピードアップを支援することが求められている。このような背景から人工知能を活用する次世代型ERPが登場。本稿では、代表的な製品としてワークスアプリケーションズの「HUE」とSAPジャパンの「SAP S/4HANA」を取り上げ、その特徴とユーザメリットを紹介したい。

ERP

※「ERP/AIを活用する次世代ERPの実力」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ERP/AIを活用する次世代ERPの実力」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1ERPに人工知能が求められる理由

 ユーザ企業のビジネスにとってITは必要不可欠な情報インフラとなっている。だが同時に、ユーザの利便性向上とITコスト削減という慢性的な課題に悩まされている。ERPを使うことで業務は本当に楽になるのか、それは働き方の変革にまで寄与するものなのか。

 ワークスアプリケーションズが2015年12月にリリースした「HUE(ヒュー)」は、あたかもコンシューマ向けIT製品のようなユーザビリティとスピードを提供することを目的として開発されたマルチクラウド対応型次世代ERP製品だ。「0.1秒」という応答時間は、エンドユーザの生産性を大いに高める可能性を感じさせる。

 また、企業は生き残りをかけて新たなビジネスモデルを創出したり、既存のビジネスモデルを変革したりする必要に迫られている。そのためには従来型の記録のためのシステムだけでなく、社内外のコラボレーションを支援する、あるいはソーシャルメディアなどからの非構造化データまで取り込めるような仕組みが必要だ。いわゆる「システム オブ レコード(SoR)」から「システム オブ エンゲージメント(SoE)」への変化だ。

 「SAP S/4HANA」は、SAPが23年ぶりにアーキテクチャを刷新して生まれた次世代ERP製品だ。同社はデータベース構造から見直しを図り、インメモリデータベース「SAP HANA」に最適化したことでデータの処理速度を高めた。またユーザインタフェースとユーザエクスペリエンスにも大きく手を加え、機械学習エンジンとも連携することで操作画面は単なる入力ツールではなくなった。そこでは常にリアルタイムな情報が提示され、ユーザに様々な気付きを与える。ERPの画面を起点として次のアクションを起こせるだろう。  

 それでは各製品の具体的な特徴を見ていこう。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ERP/AIを活用する次世代ERPの実力」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

ERP」関連の製品

企業間B2B/EDIデータ連携サービス OpenText B2B Managed Services 【GXS】 基幹系システムに関するアンケート(2017年11月) 【アイティメディア】 intra-mart ワークフロー 【NTTデータ イントラマート】
EDI ERP ワークフロー
B2Bデータ連携を実現するEDIクラウドサービス。マッピング(データフォーマット変換)、テスト、取引先導入支援など、必要な作業をOpenText GXSのチームが支援する。 基幹系システムに関するアンケート(2017年11月) 9年連続・国内シェアNo.1のワークフロー基盤。数十万人規模でも利用できるワークフロー基盤でありながら、部門の業務改善にも使える手軽さが特徴。

ERP」関連の特集


企業固有の製造プロセス・手法に合致させることが求められる生産管理システム。利用端末環境も変化が進む中…



2010年度、数量2200本、207億円であった「BIツール」市場。数量ベースで34.1%を獲得し、…



2011年8月時点のSMB(年商500億円未満の国内中堅・中小企業)の生産管理システムの導入シェアを…


ERP」関連のセミナー

グローバル製造業における経営情報の統合化と収益管理の見える化 【伊藤忠テクノソリューションズ/JFEシステムズ】  

開催日 3月9日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

ショベルやブルドーザー等の建設機械を動かす源となる油圧フィルタを製造する業界最大手(※)のヤマシンフィルタ様の課題は、グローバルにおける「経営情報の統合化」と「…

販売・保守テンプレートご紹介セミナー 【内田洋行】  

開催日 2月21日(水),3月15日(木),4月19日(木),5月16日(水),6月14日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

導入数4600本以上を誇る基幹業務パッケージ「スーパーカクテル」が、ワークフローシステム「intra-mart」をベースに登場!保守業務を行う企業様において、そ…

【個別相談型セミナー】mcframeデモセミナー 【日立ソリューションズ】 締切間近 

開催日 3月7日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

生産・販売・原価管理統合パッケージ「mcframe」は500社以上の製造業様への導入実績を誇り多種多様なニーズにお応えできる基本機能と高い柔軟性・カスタマイズ性…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ERP/ AIを活用する次世代ERPの実力」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ERP/ AIを活用する次世代ERPの実力」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30008651


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ