企業規模別、社員間の情報共有を活性化させるポイント

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

企業規模別、社員間の情報共有を活性化させるポイント

2016/04/20

 社員間の情報共有やナレッジの継承は、企業規模や成熟度によって課題が異なり、また予算や人員といった外部要因によってもできることとできないことが決まる。本記事では企業規模を切り口として中堅・中小企業と大企業、それぞれでよく見られるナレッジマネジメントの課題感と、その解決に役立つツールを紹介したい。

情報共有

※「情報共有/企業規模別、社員間の情報共有を活性化させるポイント」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「情報共有/企業規模別、社員間の情報共有を活性化させるポイント」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1中堅・中小企業におけるナレッジマネジメント

 今日ほとんどの企業が何らかの形でナレッジマネジメントに代表される「社内での情報共有やナレッジ継承の活動」に取り組んでいる。ただし具体的な取り組みの内容は百社百様だ。「もう一度、基礎からおさらい!ナレッジマネジメントの今」でも紹介したように、ナレッジマネジメントの本来の形はIT施策というよりはむしろ経営改革のプロセスであり、一朝一夕に実現できるものではない。

1-1PCの中に眠っている暗黙知を引っ張り出す

 まずは、中堅・中小企業におけるナレッジマネジメントの勘所を探っていこう。だが、一口に中堅・中小企業といっても、その規模やIT活用の成熟度は企業によってまちまちだ。しかしながら近年では、ほとんどの企業でPCの業務活用が当たり前となっている。問題はその先だ。

 従業員が作成したドキュメントは、そのまま個々人のPCの中に保管されたまま眠っているケースが多い。特に、社員規模が数人から数十人レベルへと拡大する途上にある企業ではよくある話だろう。

 従業員がわずか数人であれば、たとえ各自のPCの中にドキュメントが保管されていても、「あのファイル、どこにある?」「ああ、私のPCの中にあるよ」といった具合に情報共有が図れるかもしれない。しかし、従業員規模が数十人になってくると途端に誰がどんな情報を、どこに溜め込んでいるかが見えなくなり、情報共有も次第に滞る。

 このような課題が顕在化してきたら、従業員それぞれが持つ暗黙知を掘り出す仕組みを導入する段階に来たと判断するべきだろう。そして、ファイルサーバやファイル共有サービス、文書管理ツールなどで情報共有の仕組みを構築したい。

 従業員数が少数であれば、まずはNASを導入してドキュメントを1カ所に集約して保管することから始めるといいだろう。従業員数がそれなりの数に増えるようならば、ユーザやグループごとにファイルの置き場所をきちんと指定し、各ファイルのアクセス権限をきちんと管理できる文書管理製品を導入したい。

 この時、管理担当者は兼任でも構わないので任命しておくべきだ。「何となくみんなで」で始めてしまうと、「いつか、誰かがやってくれるだろう」と失敗に終わる。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

情報共有/企業規模別、社員間の情報共有を活性化させるポイント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「情報共有」関連情報をランダムに表示しています。

情報共有」関連の製品

かんたんWebデータベース【サイボウズ デヂエ 8】 【サイボウズ】 文書管理・情報共有システム 楽々Document Plus 【住友電工情報システム】 iPad用ペーパーレス会議システム 「ZERO COPY Meeting」 【ソフトバンク コマース&サービス】
ナレッジマネジメント 文書管理 その他情報共有システム関連
クレーム管理や顧客管理などのアプリケーションを簡単な操作で構築できる、かんたんWebデータベース。 簡単登録、高速検索、高速表示、高セキュリティ。オフィス文書やPDFなど幅広いデータ形式に対応。ワークフロー機能も搭載。契約書管理やISO管理、e-文書法にも対応。 会議資料の配布・回収が自由自在で、紙資料の良さを十分に生かしたペーパーレス会議システム。資料の配布状態をコントロールできるため、外部流出のリスクも大幅に軽減。

情報共有」関連の特集


期待して導入したグループウェア…しかしあまり利用されなかったら、無駄な投資はもちろん「がっかり感」が…



既に半数以上の企業が導入している「eラーニング」。古くなったシステムは使いにくい…もっと費用を抑えた…



コラボレーションツール1つの基本機能という意味ではなく、一般に「コラボレーションツール」と呼ばれるア…


情報共有」関連のセミナー

販売在庫管理システム「楽商」定期導入相談会(毎週木曜日開催) 【日本システムテクノロジー】  

開催日 5月11日(木),5月18日(木),5月25日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

【セミナー 概要】−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−中堅中小企業の方向け個別無料相談会です。お客様の疑問や要件をじっくりお伺いし、お客様…

不確定な状況下でプロジェクトを成功させるリスク・マネジメント 【ラーニング・ツリー・インターナショナル】  

開催日 8月28日(月)〜8月29日(火)   開催地 東京都   参加費 有料 12万528円(早割)〜12万9600円(定価)/税込

どんなプロジェクトにもリスクはつきものです。プロジェクトを成功させるには、不必要なリスクをなくし、避けられないリスクについてはその影響を少なくし、逆に計算された…

「働き方改革」の鍵を握るコラボレーションの理想と現実 【主催:IIJグローバルソリューションズ/共催:シスコシステムズ】  

開催日 5月19日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

「働き方改革」は今や企業の最重要課題の1つとなっており、その実現に向けて様々な取り組みが行われています。その中でも成功の鍵を握るのがコラボレーション。ワークライ…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

情報共有/ 企業規模別、社員間の情報共有を活性化させるポイント」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「情報共有/ 企業規模別、社員間の情報共有を活性化させるポイント」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30008647


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ナレッジマネジメント > ナレッジマネジメントのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ