笑顔じゃないと“出禁”のツールも?クラウド型勤怠管理ツールの選び方

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

笑顔じゃないと“出禁”のツールも?
クラウド型勤怠管理ツールの選び方

2016/04/13

 多様な労働形態に対応し、勤務状況をリアルタイムに把握する最新勤怠管理ツールが、企業のコンプライアンス強化に役立つことを解説した前回記事に続き、今回は勤怠管理ツールのどこに注目して選ぶべきかを解説していく。基本的には導入済みの勤怠管理ツール運用を見直しグレードアップかリプレース、または新規導入か、適材適所で別のツールを併用するかという選択になるだろう。その場合、オンプレミス構築・改修・リプレースか、クラウドサービスの利用かなどは必ず検討すべき選択肢だ。
 今回は最新勤怠管理ツールの選び方を中心に解説する。

勤怠管理

※「勤怠管理/笑顔じゃないと“出禁”のツールも?クラウド型勤怠管理ツールの選び方」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「勤怠管理/笑顔じゃないと“出禁”のツールも?クラウド型勤怠管理ツールの選び方」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1オンプレミス構築用パッケージか、クラウド型サービスか 

 多様な働き方に対応できる勤怠管理ツールが求められる背景を前回記事で記したように、従来のように決まった職場に全員が定時に出社し、定時に退社することを前提にした勤怠管理方法は完全に時代遅れだ。時間計算の自動化程度なら既存の勤怠管理システムの改修で済むかもしれない。しかしタイムレコーダに物理的にタッチできない直行・直帰中心のモバイルワーカーや在宅勤務者、ごく小規模なサテライトオフィスなどのテレワーカーには既存システムが上手く対応しない場合がほとんどだろう。また古いツールでは最新の法令に準拠していなかったり、出力帳票やアラート発報が合理的な形で対応できていなかったりと、現在の管理方法と齟齬がある場合もある。紙のカードのデータを入力、表計算ソフトで集計している場合なら、恐らくもう担当者の負荷が限界に達しているのではないだろうか。

 そこでまずは既存勤怠管理システムを残すかどうかが1つの重要な意思決定になる。すでに運用に慣れた既存ツールを利用するほうが、コスト効果や運用性が高いという判断をする場合には、最新のあるいは近未来の労働環境に対応できていない部分をどうするかが問題だ。

1-1既存ツールのバージョンアップで対応できない部分をSaaSでカバー

 ツールベンダ側で機能拡張を行っていて対応済みの場合なら簡単で、最新バージョンに移行するだけだ。あとは打刻方法などを考えて必要なデバイスの導入(スマートフォン導入、BYOD実施、モバイルPC利用など)を行い、従業員に新しい打刻方式の意義や使い方を教育すればよい。ただし基本的に出社しない従業員を管理する場合には、外部ネットワークを介した通信による打刻データの送受信が必要な場合が多くなる。オンプレミス型ツールの中にはスマートフォンなどのモバイルデバイスや自宅PCなどからの打刻を受け付ける機能を付け加えたものがあり、そうしたツールを利用してきた場合なら、ネットワーク環境と運用ポリシーが合致しデバイス管理の問題さえクリアすれば、スムーズに新たな打刻方式を導入できよう。

 しかしこのためだけにリモート接続システムを構築するのはちょっと敷居が高いという場合、そしてそれほど対象となる従業員が多くない場合には、対象従業員だけが使用するSaaSを利用した方が有利な場合がある。SaaSであってもデータを汎用的なCSV形式でエクスポート可能であり、CSV形式データを受け取れるシステムなら連携構築は比較的容易だ。また著名な給与管理ツールや勤怠管理ツールを連携相手として、APIを利用してリアルタイムにデータ連携できる機能を持つものもある(図1)。どのような連携機能が標準で備わっているのか確認し、既存環境にふさわしいものを選ぶとよい。

図1 クラウド型サービスの他システム連携のイメージ
図1 クラウド型サービスの他システム連携のイメージ
資料提供:アマノビジネスソリューションズ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

勤怠管理/笑顔じゃないと“出禁”のツールも?クラウド型勤怠管理ツールの選び方」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「勤怠管理」関連情報をランダムに表示しています。

勤怠管理」関連の製品

AsReaderApps 【アスタリスク】 intra-mart ワークフロー 【NTTデータ イントラマート】 勤怠管理クラウド・SaaSサービス KING OF TIME(キングオブタイム) 【ヒューマンテクノロジーズ】
その他基幹系システム関連 ワークフロー 勤怠管理システム
iPhone/ iPod touchにインストールして使用するクラウド型業務アプリケーションサービス。バーコードだけでなく、RFID対応のアプリケーションもある。 9年連続・国内シェアNo.1のワークフロー基盤。数十万人規模でも利用できるワークフロー基盤でありながら、部門の業務改善にも使える手軽さが特徴。 サーバー不要で安心・便利なクラウド型勤怠管理システム。国内・海外の勤怠データをリアルタイムに一元管理でき、定期バージョンアップによる進化するシステム。

勤怠管理」関連の特集


職場で起こり得るパラハラやセクハラ、いじめなどの問題は、決して個人的な問題ではなく、放置しておくと職…



 2016年7月7日、電子錠(スマートロック)の「Akerun」シリーズを開発・販売する株式会社フォ…



勤怠管理システムの導入実態を調査!大企業と中小企業では導入率に3倍以上の開きも…。その他、導入目的や…


勤怠管理」関連のセミナー

労働時間管理対策セミナー 【オービックビジネスコンサルタント/協立情報通信】  

開催日 3月7日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

いま、企業の労働環境は目まぐるしく変化しています。テクノロジーの進化や女性の社会進出などにより働き方が多様化し、労務コンプライアンス強化や生産性向上のために労働…

改正労働基準法対応&勤怠・人事管理対策セミナー 【NECネクサソリューションズ/オービックビジネスコンサルタント】  

開催日 3月10日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

改正労働基準法への対策は万全ですか?本セミナーでは、今、人事・総務部門の方が対策を行うべき"3つの理由"を解説するとともに、法改正対応済みの勤怠管理・人事管理シ…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

勤怠管理/ 笑顔じゃないと“出禁”のツールも?クラウド型勤怠管理ツールの選び方」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「勤怠管理/ 笑顔じゃないと“出禁”のツールも?クラウド型勤怠管理ツールの選び方」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30008645


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 勤怠管理システム > 勤怠管理システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ