情シスが抱える情報共有とナレッジマネジメント(2016年)・後編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

情シスが抱える情報共有とナレッジマネジメント(2016年)・後編

2016/04/14


 キーマンズネットでは、2016年2月3日〜22日にかけて「情報システム部門が抱える情報共有とナレッジマネジメントの課題」に関するアンケートを実施した(有効回答数:392)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の35.5%、一般部門が64.5%という構成比であった。
 今回は、ITによる情報共有とナレッジマネジメントの課題について伺った調査結果を前・後編の2回にわたってお届けする。前編では、企業におけるITによる情報共有の状況について、「導入のきっかけ」「導入にあたっての期待」「導入しているツール」「導入後の満足度と問題点」などをレポート。ITによる情報共有の主流は現在もメールであるが、大企業ではイントラネットが根強いこと、中小企業の一部では社内SNSの利用が広がっていることなどが明らかになった。
 今回の後編では、問題点の詳細やITツールによって今後は何を解決したいのかなどを明らかにしていきたい。
 なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「sp160401/情シスが抱える情報共有とナレッジマネジメント(2016年)・後編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「sp160401/情シスが抱える情報共有とナレッジマネジメント(2016年)・後編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

満足と不満足(課題あり)が拮抗 etc.

 まず、「ITによる情報共有に対する満足度」を聞た(図1-1)。その結果、満足度の高い順から、、「悪くない状況である」が42.9%、「やや社内コミュニケーション・情報共有不足を感じる」が25.1%、「社内コミュニケーション・情報共有に課題を感じている」が20.7%、「満足している(円滑なコミュニケーションが取れている)」が24.1%となった。明らかに中心化傾向にあるが、不満足が満足を僅かに上回っている。ちなみに、従業員規模や業種による大きな差は見られなかった。  

 次に、どんな点が問題であると考えられているのか、具体的に見てみたい。ITツールを利用し情報共有を行っていると答えた人に対して「現在抱えている問題点」を尋ねた(図1-2)。その結果、全体では、「情報の検索、再利用が難しい」が36.5%、「一部のユーザしか使っていない」が33.3%、「情報共有する際のポリシーができていない」が32.3%、「社外から利用できない」が26.2%、「利用を推進する部門がない」が22.2%だった。

図1 ITによる情報共有に対する満足度/現在抱えている問題点

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 ITによる情報共有に対する満足度/現在抱えている問題点

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

sp160401/情シスが抱える情報共有とナレッジマネジメント(2016年)・後編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「sp160401」関連情報をランダムに表示しています。

「その他情報共有システム関連」関連の製品

ビジネスコミュニケーション ProgOffice Enterprise 【NTTソフトウェア】 Web社内報 企画・編集サービス(クオリア) 【ウインズ】 セキュアな音声書き起こしサービス VoiShredder 【フュートレック】
その他情報共有システム関連 その他情報共有システム関連 その他情報共有システム関連
社内外の連絡先(アドレス帳)データに、クラウドサービスのスケジュールや営業情報を連携して表示。最新の状況を確認しながら相手に連絡できる。 モバイルメディアの特徴を生かし、動画・音声・アニメーションなどを活用した社内報を企画・取材・編集して提供するサービス。 独自の音声分割(シュレッダー)技術を用いることで、機密情報を保持しながら音声データの書き起こしを行ってくれるサービス。

「その他情報共有システム関連」関連の特集


ワークスタイル変革に取り組む理由の1つには、優秀な人材の確保が挙げられる。しかし、人口減少は人材不足…



部下の成熟度レベルに合わせた指導を心がけ、コーチングの基本を理解する事が重要です。



情報システム部門が抱える情報共有とナレッジマネジメントの課題を調査。「導入ツール」「期待感」など共有…


「その他情報共有システム関連」関連のセミナー

スマートロボット 活用セミナー/東京 【サテライトオフィス】 締切間近 

開催日 12月15日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

〜企業でスマートロボットを使っていくユースケースを紹介いたします。スマートロボットの現状のパフォーマンスと 開発イメージをご紹介いたします。〜【企業向けスマート…

BCP訓練の始め方・情報共有ツールの使い方セミナー 【日本ユニシス】 締切間近 

開催日 12月15日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

熊本の震災や度重なる大型台風、噴火・大雪・火災などを受け、今、多くの企業が事業継続計画(BCP)を策定されています。しかし、大量の情報が一気に押し寄せる非常時に…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

sp160401/ 情シスが抱える情報共有とナレッジマネジメント(2016年)・後編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「sp160401/ 情シスが抱える情報共有とナレッジマネジメント(2016年)・後編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008640


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > その他情報共有システム関連 > その他情報共有システム関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ