情シスが抱える情報共有とナレッジマネジメント(2016年)・前編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

情シスが抱える情報共有とナレッジマネジメント(2016年)・前編

2016/04/07


 キーマンズネットでは、2016年2月3日〜 22日にかけて「情報システム部門が抱える情報共有とナレッジマネジメントの課題」に関するアンケートを実施した(有効回答数:392)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の35.5%、一般部門が64.5%という構成比であった。
 今回は、ITによる情報共有とナレッジマネジメントの課題について伺った調査結果を前後編の2回にわたってお届けする。前編では、社内での「情報共有の状況」や「導入したツール」、「取り組み範囲」「取り組みを始めたきっかけ」「導入する上での期待」など企業におけるITによる情報共有の取り組み状況を把握するための質問を実施。その結果、ITによる情報共有の主流はメールであるが、SNSやメッセージングアプリといった情報系ツールも用途によって使い分けられていく方向にあることが明らかになった。
 なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値は丸め誤差により一致しない場合があるが、事前にご了承いただきたい。

※「sp160401/情シスが抱える情報共有とナレッジマネジメント(2016年)・前編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「sp160401/情シスが抱える情報共有とナレッジマネジメント(2016年)・前編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

イントラネットが根強い大企業、SNS利用が倍増した中小企業

 最初に「社内コミュニケーション・情報共有」の状況を尋ねた(図1-1)。その結果、「まあまあできている」が62.8%、「よくできている」が4.7%、「あまりできていない」が27.6%、「できていない」が4.9%となった。まとめると、全体では67.5%が「できている」、32.5%が「できていない」となり、回答者の3割以上がコミュニケーションや情報共有に不便を感じていた。

 続いて「ITによる情報共有において導入しているツール」を聞いた(図1-2)。その結果、1位は「電子メール」で94.6%、2位は「イントラネット(EIP、社内掲示板含む)」で67.6%、3位は「グループウェア」で65.8%、4位は「メーリングリスト」で48.5%、5位は「文書管理ツール」で30.9%、6位は「社内SNS」で12.0%という結果となった。従業員規模別に見た場合、特に「イントラネット(社内掲示板含む)」「メーリングリスト」においては、従業員規模が1001名以上の大企業での利用割合が全体値を大きく上回っている。また業種別に見ると、IT製品関連業ではその他の業種に比べて、2014年調査と同様にメーリングリストの利用割合が多いことが分かった。前年との比較では、「イントラネット」「メーリングリスト」「社内SNS」の伸びが大きく、「イントラネット」「メーリングリスト」ともに7ポイント以上増えており、今なおメールの利用率が圧倒的に高く、社内コミュニケーションツールの主力であることが本調査で明らかとなった。

 伸び率では、「LINEなどのメッセージングアプリを利用」は2.3%から4.6%に、「FacebookやTwitterなどの1機能を利用」が1.4%から3.3%に、それぞれ倍増している。同時にこれらのツールは、大企業や中堅企業よりも中小企業での導入率が顕著に高いことから、情報管理に厳しい企業では業務利用が敬遠されがちである半面、手軽さや無料である点が中小企業での業務利用を後押ししていると見てよさそうだ。

図1 社内コミュニケーション・情報共有状況/導入ツール

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 社内コミュニケーション・情報共有状況/導入ツール

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

sp160401/情シスが抱える情報共有とナレッジマネジメント(2016年)・前編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「sp160401」関連情報をランダムに表示しています。

「その他情報共有システム関連」関連の製品

ビジネスコミュニケーション ProgOffice Enterprise 【NTTソフトウェア】 ビジネス専用メッセンジャー direct エンタープライズ版 【L is B】 Web社内報 企画・編集サービス(クオリア) 【ウインズ】
その他情報共有システム関連 その他情報共有システム関連 その他情報共有システム関連
社内外の連絡先(アドレス帳)データに、クラウドサービスのスケジュールや営業情報を連携して表示。最新の状況を確認しながら相手に連絡できる。 現場スタッフと社内のコミュニケーションを素早く安全に行う、マルチデバイス対応ビジネス専用メッセンジャー。
チャットのほか写真・動画・位置情報共有など機能も多彩。
モバイルメディアの特徴を生かし、動画・音声・アニメーションなどを活用した社内報を企画・取材・編集して提供するサービス。

「その他情報共有システム関連」関連の特集


病気で出すことが難しい「本人の声」を取り戻す音声合成技術研究プロジェクト「ボイスバンク」が始動!音声…



ワークスタイル変革には業務効率や生産性の向上といった様々なメリットがあるが、リモートワークや遠隔地で…



 前回まではGoogleスプレッドシートの使い方、活用方法をご紹介してきましたが、今回はスプレッドシ…


「その他情報共有システム関連」関連のセミナー

スマートロボット 活用セミナー/東京 【サテライトオフィス】  

開催日 12月15日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

〜企業でスマートロボットを使っていくユースケースを紹介いたします。スマートロボットの現状のパフォーマンスと 開発イメージをご紹介いたします。〜【企業向けスマート…

BCP訓練の始め方・情報共有ツールの使い方セミナー 【日本ユニシス】  

開催日 12月15日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

熊本の震災や度重なる大型台風、噴火・大雪・火災などを受け、今、多くの企業が事業継続計画(BCP)を策定されています。しかし、大量の情報が一気に押し寄せる非常時に…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

sp160401/ 情シスが抱える情報共有とナレッジマネジメント(2016年)・前編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「sp160401/ 情シスが抱える情報共有とナレッジマネジメント(2016年)・前編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008639


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > その他情報共有システム関連 > その他情報共有システム関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ