リアルタイム“人群”探知機!?混雑監視レーダ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

流行りモノから新技術まで! 5分でわかる最新キーワード解説

リアルタイム“人群”探知機!?混雑監視レーダ

2016/04/06


 最新キーワードを5分で理解するこのコーナー、今回のテーマは、パーソナルデータを一切取得せずに特定エリアの人の混雑度をリアルタイムに監視する「混雑監視レーダ」です。明るさや気象条件にかかわらず、人体の電波反射をグラフ化、混雑度レベルを自動判定・表示します。まるで海の魚の群れを探る魚群探知機を陸にあげたようなこの技術、カメラやBLEビーコンなどが利用できない場所や条件でも機能が発揮でき、プライバシー侵害の心配も皆無な新しい監視手法。人の行動のビッグデータ解析にまつわる課題解決への一布石となるかもしれません!

混雑監視レーダ

※「混雑監視レーダ/リアルタイム“人群”探知機!?混雑監視レーダ」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「混雑監視レーダ/リアルタイム“人群”探知機!?混雑監視レーダ」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

「混雑監視レーダ」って何?

 24GHz帯の小電力な電波を特定のエリアで発射し、その反射波を受信して、エリア内の人の混雑度をリアルタイムに判定・表示するシステム。今年2月、NECマグナスコミュニケーションズ株式会社(以下、NECマグナス)と株式会社光波(以下、光波)、ナビッピドットコム株式会社(以下、ナビッピ)が技術実証を発表した。NECマグナスのネットワークSIの技術を生かし、レーダモジュールの光波、地図情報サービスのナビッピと協力した成果だ。

1-1

「混雑監視レーダ」はどんな仕組み?

 まずは実験システムを見てみよう。図1がこの実験に使われたレーダの送受信機だ。手のひらサイズ、ちょっと厚めのタバコの箱のような形状で、重さもちょうどその程度の印象。前面中央に見えているのがレーダの送信用アンテナと受信用アンテナだ(パッチアンテナ)。レーダと聞けばパラボラアンテナを連想してしまう筆者には軽い衝撃だった。
 このレーダモジュールを人の身長よりも高いところに取り付け、別に設置された制御ボックス内の制御PCにより、対象エリアに電波を飛ばし、その反射を検知してデータを取得する。データ量が膨大になるので、制御PCは余計なデータをそぎ落とし、解析用のシステムへと制御ボックス内蔵のルータを介して送信するという仕組みだ。

図1 実験で使われたレーダモジュール
図1 実験で使われたレーダモジュール
資料提供:NECマグナスコミュニケーションズ
図2 実験でのレーダモジュール、制御ボックスの設置例
図2 実験でのレーダモジュール、制御ボックスの設置例
資料提供:NECマグナスコミュニケーションズ

 実験は同社敷地内の道路で行われた。同時に実験用に撮影したカメラ画像と、計測結果をグラフ表示したものとを比較のために並べて表示したのが図3である。

図3-1 混雑度レベル判定実験の様子
図3-1 混雑度レベル判定実験の様子
混雑度レベルが低い場合
資料提供:NECマグナスコミュニケーションズ

+拡大

図3-2 混雑度レベル判定実験の様子
図3-2 混雑度レベル判定実験の様子
混雑度レベルが高い場合
資料提供:NECマグナスコミュニケーションズ

+拡大


図4 混雑度判定画面の例
図4 混雑度判定画面の例
資料提供:NECマグナスコミュニケーションズ

+拡大

 グラフ部分を詳しく見てみよう(図4)。横軸が装置からの距離、縦軸が反射した電波のレベルを示している。グラフの赤い線は、人がいない状態(初期状態)の電波反射のレベルであり、緑の線は、計測時のリアルタイムデータ、黄色の線は、初期状態と現在の状態との差を表している。その右側にある「判定結果」は、管理者があらかじめ設定した「混雑度レベル」を示すメーターだ。図3のように、人が数人程度なら混雑度レベル3、十数人ならレベル8というようにレベル判定

をリアルタイムに表示できる。各レベルの設定は管理者が自由に行える。
 これでお分かりの通り、このシステムは正確な人数計測を意図したものではない。あくまで混雑度のレベルだけを測定・判定するものである。「人が多い」か「少ない」かは、場所により、目的によって異なる。混雑度レベルは、実際のシーンを測定し、適切なレベル閾値を設定することになる。
 レーダにより判別した混雑状況は、クラウド上の地図情報サービスと組み合わされ、スマートフォンやPCなどのブラウザ、あるいはデジタルサイネージなどにリアルタイム表示することができる(図5)。その情報を見れば、様々な施設内や屋外の特定エリアでの混雑状況を利用者が即座に把握できることになり、混雑回避が合理的にできるというわけだ。

図5 混雑監視レーダによるサービスのイメージ
図5 混雑監視レーダによるサービスのイメージ
資料提供:NECマグナスコミュニケーションズ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2017/12/31まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 ふとん暖め乾燥機 FD-F06X2  
●A賞:抽選で1名様
 アイロボット ロボット掃除機 ルンバ875A 
●C賞:抽選で1名様
 ケルヒャー高圧洗浄機 K 2 クラシック プラス 
●D賞:抽選で1名様
 選べる宿泊ギフト(とっておきの宿)30500円コースで選べる魅力的な温泉宿 
●E賞:抽選で5名様
 Amazon 使える商品は1億種以上「Amazonギフト券 5000円分」 

このページの先頭へ

混雑監視レーダ/リアルタイム“人群”探知機!?混雑監視レーダ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「混雑監視レーダ」関連情報をランダムに表示しています。

「データ分析ソリューション」関連の製品

音声マイニングソリューション 「VextVoiceMiner」 【ベクスト】 顧客からのアクションを引き出すデータストーリーテリングの「7つの秘訣」 【SAS Institute Japan】 日本企業が「破壊者」になる方法──AI、ブロックチェーン、IoTをどう使う? 【日本アイ・ビー・エム】
データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション
コンタクトセンタに蓄積された音声データを音声認識によってテキスト化し、テキスト化されたテキストデータをテキストマイニングによって分析・活用するソリューション。 顧客からのアクションを引き出すデータストーリーテリングの「7つの秘訣」 日本企業が「破壊者」になる方法──AI、ブロックチェーン、IoTをどう使う?

「データ分析ソリューション」関連の特集


ミック経済研究所の調べによると、2007年度の出荷金額は25.8%増と、拡大しているテキストマイニン…



 今回は「ITを活用しビジネスを成長させるためにはどのようなツールが必要なのか」をテーマに、前回の「…



IT担当者243人を対象にデータ分析ツールの導入状況について調査を実施。分析のための活用データや活用…


「データ分析ソリューション」関連のセミナー

環境の変化に耐えうる強い組織・事業づくり 【主催:SAS Institute Japan/共催:ディーバ】 締切間近 

開催日 12月21日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

「環境の変化に耐えうる強い組織・事業づくり」をテーマに開催します。環境変化に対応していく為に企画部門ではどのような考え方・体制・仕組みが必要なのか、企画部門に求…

Visual Mining Studioデータマイニング体験セミナー 【NTTデータ数理システム】  

開催日 10月12日(木),11月10日(金),12月19日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

今や顧客購買行動やCRMに欠かせなくなったデータマイニング。Visual Mining Studioの操作を通して、データマイニングの基本を体験していただきます…

Visual Mining Studioデータマイニング体験セミナー 【NTTデータ数理システム】  

開催日 1月24日(水),2月23日(金),3月15日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

今や顧客購買行動やCRMに欠かせなくなったデータマイニング。Visual Mining Studioの操作を通して、データマイニングの基本を体験していただきます…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

混雑監視レーダ/ リアルタイム“人群”探知機!?混雑監視レーダ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「混雑監視レーダ/ リアルタイム“人群”探知機!?混雑監視レーダ」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30008637


IT・IT製品TOP > データ分析 > データ分析ソリューション > データ分析ソリューションのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ