シュッと現れパッと消える!「海水アンテナ」誕生

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

流行りモノから新技術まで! 5分でわかる最新キーワード解説

シュッと現れパッと消える!「海水アンテナ」誕生

2016/05/25


 最新キーワードを5分で理解するこのコーナー、今回のテーマは海水を吹き上げてアンテナを作る「海水アンテナ」と呼ばれるもの。導電性のある塩水とポンプがあれば、どこでも電波の送受信ができるこの技術、ビーチでTV放送を受信したり、洋上プラントで必要な時だけ無線通信をしたり、災害時に被災地にポンプ車を派遣して臨時の通信システムを構築したりと、様々な用途に応用できそうです。一体どんな仕組みなのでしょうか?

海水アンテナ

※「海水アンテナ/シュッと現れパッと消える!「海水アンテナ」誕生」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「海水アンテナ/シュッと現れパッと消える!「海水アンテナ」誕生」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

「海水アンテナ」って何?

 海水をポンプで汲み上げ、空中に「水柱」のように噴出して電波を捉えるアンテナとして活用する技術。今年1月、三菱電機が海水アンテナで地上デジタルテレビ放送の受信実験を行い、十分な映像受信ができることを確認した(世界初)。

1-1

「海水アンテナ」の仕組みは?

 まずは実験システム(三菱電機研究施設屋内)を見てみよう。図1の右側の水槽が海水アンテナのデモ装置、左側が一般的なテレビだ。水槽の下には小型のポンプ(一般的な市販製品)があり、ボタンを押すと水槽の液体(海水と同じ電導率に調整された水。以下「海水」と呼ぶ)をノズルから噴出する仕掛けである。写真はテレビをつけた状態で水槽下のポンプを起動した直後の状態だ。テレビ画面には地デジの番組が映し出され、チャンネルを変えても同様に映像が観られた。装置構造のイメージは図2に見るとおりである。

図1 「海水アンテナ」のデモ装置
図1 「海水アンテナ」のデモ装置
写真撮影:編集部
図2 海水アンテナの構造イメージ(左)、開発を指揮した宮下裕章部長とデモ装置(右)
図2 海水アンテナの構造イメージ(左)、開発を指揮した宮下裕章部長とデモ装置(右)
図提供:三菱電機、写真撮影:編集部

 水槽内部のノズル機構からテレビまでは高周波ケーブル(アンテナケーブル)で繋がっているのみで、ブースターなどの機器類は介在していない。水槽下の黒い台の中には、ポンプ装置とその制御用の電気回路が入っているだけだ。
 ポンプを駆動すると、海水がノズルから噴出し、放物線を描いて水槽内に落下する。ポンプの出力が安定すると、吹き上げた海水の高さも安定し、テレビに地デジフルセグメントの鮮明な番組映像が映し出された。ほんの一瞬映像が乱れる場面もあったが、長時間連続して良好な受信ができた。ポンプ起動ボタンで「シュッ」と現れた海水アンテナは、ポンプOFFで「パッ」と消える。何度もポンプのON/OFFを確かめたが、全てほぼ数秒で映像が復旧した。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2017/3/31まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 Lenovo 2 in 1タブレット「YOGA BOOK with Windows」 
●A賞:抽選で1名様
 ZEROTECH 小型セルフィードローン「Dobby Deluxe D100B-H」 
●C賞:抽選で1名様
 harman/kardon ワイヤレスホームスピーカーシステム「AURA PLUS」 
●D賞:抽選で1名様
 THANKO iPhoneケース型「モバイルDLPプロジェクター」 
●E賞:抽選で2名様
 キングジム コンパクトにたためるパソコン「PORTABOOK XMC10」 

このページの先頭へ

海水アンテナ/シュッと現れパッと消える!「海水アンテナ」誕生」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「海水アンテナ」関連情報をランダムに表示しています。

「無線LAN」関連の製品

ケーブル型アンテナを使用した無線LAN 過酷な条件下でも安定 【東芝テック】 6ステップで導入、コントローラー内蔵アクセスポイントで無線LANはどう変わる? 【ソフトバンク コマース&サービス】 Ruckus Wireless Smart Wi-Fiソリューション 【ジェイズ・コミュニケーション】
無線LAN 無線LAN 無線LAN
トンネル内でも無線LANが使えるのはなぜ? 驚きの技術の正体とは 6ステップで導入、コントローラー内蔵アクセスポイントで無線LANはどう変わる? クライアント端末/パケットごとに電波の強度分布を変化させることで、常に最適な状態での通信を実現する無線LANソリューション。
簡易なサイトサーベイにて導入可能。

「無線LAN」関連の特集


 PowerPivot(注1)は、マイクロソフトが提供するBI(ビジネス・インテリジェンス)ツールで…



常に進化を続ける無線LANの技術には多くの注目が集まっています!60GHzを利用する「IEEE802…



中央制御装置なしで端末同士がネットワークを自動構成する「PAC」が登場!IEEE 802.15.8規…


「無線LAN」関連のセミナー

広域無線LANソリューションセミナー開催(浅草橋) 【エイチ・シー・ネットワークス】 締切間近 

開催日 2月28日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

エイチ・シー・ネットワークス株式会社は、2月28日(火)に弊社主催のセミナーを東京浅草橋で開催することとなりました。屋外Wi-Fi通信分野で世界をリードするRu…

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

海水アンテナ/ シュッと現れパッと消える!「海水アンテナ」誕生」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「海水アンテナ/ シュッと現れパッと消える!「海水アンテナ」誕生」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30008634


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ