導入した「グループウェア」を上手に運用するポイントは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


導入した「グループウェア」を上手に運用するポイントは?

情報共有システム・コミュニケーションツール 2016/03/10

 グループウェアの機能が優れたものであっても、いざ会社の業務で使い始めてみると、予期せぬ“壁”にぶち当たることも少なくありません。この「実務で運用する」という段階はとても大切で、ここで会社のメンバーにグループウェアを使って情報共有が進み、業務効率が上がったことを実感してもらえないと、「グループウェアを導入したら、逆に面倒臭くなってしまった」なんていう声が挙がってしまいます。

 ここではグループウェアを導入した後、上手に運用する現実的なポイントを説明します。

社内で「利用を啓蒙してくれる人」を任命する

 グループウェアを会社の業務で使うとき、最初の大きな“壁”は「利用の啓蒙」です。新しいデジタルツールを活用することに馴染めない人達は確かに存在します。情報システム専任担当者がいない中小企業においては、「言い出しっぺ」のあなたが説明に引っ張り回されることになるでしょう。新しいデジタルツールに疎い人達は、電話などで問い合わせてきますし、「ちょっと来てくれ」ということになってあなたのメイン業務に差し障りが出てきてしまうかもしれません。しかし丁寧に対応しないと、「不便になった」という反対派の声が大きくなってしまいます。

 その現実的な対策としては、推進メンバーを社内横断的に抜擢して、グループウェアの利用方法を習熟させエバンジェリスト(伝道師)」として各部署で使い方を啓蒙してもらうことです。影響力の強い人であれば更に効果的でしょう。それで各部署でグループウェアの便利さが理解されれば、自然と利用における“壁”は消えてくれるはずです。

「強制」という強いメッセージも必要

 更に経営層など役職者達の取り組み姿勢も影響します。トップが「まあ、使える人から使って下さい」などと、比較的緩く社内広報してしまうと、今までのやり方を変えたくない人は使いません。そうすると「グループウェアを使う人」と「グループウェアを使わない人」の二層ができてしまい、結果としてグループウェアの利用メリットが十分に活かされなくなり、「使わない人」のやり方に合わせるしかなくなり、利用が進みません。

 ここは経営トップに「利用は強制である」と強いメッセージを出してもらいましょう。「使うことは必須です」という風土を作らないと、いつまでたっても定着しません。そもそも、現在商品化されているグループウェアは、専門的な知識がなくとも使いやすいように設計されたものが多いので、経営トップ自身にも利用してもらうことを必須とします。

「業務改革」のきっかけとする

 「強制」と言うメッセージは必要ですが、「嫌々取り組む」というのは、グループウェア導入の目的の1つである「良好なコミュニケーション作り」に反します。グループウェア導入の推進者、旗振り役は「今まで大変だったことがこうして楽になる」という「絵」を見せて、「体験の場」を提供する必要があります。

 更に「こんな使い方で早く帰れる」「家でも仕事ができるようになる」と具体的なメリットも面倒がらずに説明しましょう。そのためには、グループウェア導入の前に、各メンバーの業務の悩みや要望をていねいにすくい上げておく必要があります。

 ここまで読んだ人はお気づきでしょうが、これらは各業務に関する問題を『見える化』するプロセスと言えます。グループウェア導入の準備として自社の業務分析を行い、「もっとこう言う形で業務を楽にしましょう。そのきっかけとして、グループウェアが活用できるのです」というメッセージをメンバーに共有してもらい、動機づけを行いましょう。

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

グループウェア/導入した「グループウェア」を上手に運用するポイントは?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

グループウェア」関連の製品

Office 365 Enterprise 【ソフトバンク コマース&サービス】 intra-mart ワークフロー 【NTTデータ イントラマート】 モバイルの導入時間を2時間から10分に、マルコメの情報共有はどう変わったのか 【KDDI株式会社】
オフィスソフト ワークフロー スマートフォン
常に最新のグループウェアサービスと最新のデスクトップアプリケーション(Microsoft Office)をセットで利用できる法人向けクラウドサービス。 9年連続・国内シェアNo.1のワークフロー基盤。数十万人規模でも利用できるワークフロー基盤でありながら、部門の業務改善にも使える手軽さが特徴。 モバイルの導入時間を2時間から10分に、マルコメの情報共有はどう変わったのか

グループウェア」関連の特集


納期もコストも圧縮、なのに品質は担保しろなんて・・・プロマネに愚痴をこぼす前に考えたい、開発効率化に…



基幹系システムと連携しつつ、業務を効率化するソリューションのコアとして働くワークフローツール。最適な…



離席中に電話が掛かってきたり、不在時に突然の訪問を受けたりして残される伝言メモ。この確認が遅れるとビ…


グループウェア」関連のセミナー

【オンライン】クラウドで生産性向上セミナー 【主催:KDDI/共催:グーグル/ワークスモバイルジャパン/KDDIまとめてオフィス】 注目 

開催日 9月27日(水)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

日本国内で多数の導入実績を誇る「G Suite Business」で業務を改善する方法を、Google社員自らが活用事例を交えてご紹介。組織力・営業力向上のアイ…

【大阪】基本がわかる!機能体験セミナー 【主催:ソフトビジョン 共催:ネオジャパン】 注目 

開催日 10月13日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

1社1台のパソコン環境でご体験いただきながら、グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツネオ)」の各機能をご紹介するセミナーです。徹底した「現場主…

【名古屋】基本がわかる!機能体験セミナー 【主催:ネオジャパン 共催:アイネット】 注目 

開催日 10月12日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

1社1台のパソコン環境でご体験いただきながら、グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツネオ)」の各機能をご紹介するセミナーです。徹底した「現場主…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

グループウェア/ 導入した「グループウェア」を上手に運用するポイントは?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「グループウェア/ 導入した「グループウェア」を上手に運用するポイントは?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008629


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ