現場の反発にコスト高まで…よくある「グループウェア」失敗事例

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


現場の反発にコスト高まで…よくある「グループウェア」失敗事例

情報共有システム・コミュニケーションツール 2016/03/03

 あなたの会社に導入すると様々なメリットをもたらすはずのグループウェアですが、何も考えずに導入しただけでは活用しきれずに終わってしまう場合もあります。そんな場合でもクラウドタイプのグループウェアであれば、使用をやめればその期間の使用料で済みます。しかし無駄な投資はもちろんですが、導入してうまくいかなかった「がっかり感」あるいは「手間をかけたのに…」という気持ちが現場に残るのは避けたいですよね。

 そこで今回は、グループウェアの導入や利用にあたり、ありがちな失敗事例を紹介します。事前に知っておくことで、最適な導入・運用方法を検討しましょう。

一番多い失敗は“目的が曖昧”で宝の持ち腐れに…

(1)導入目的が曖昧で“宝の持ち腐れ”
(2)使わない機能ばかりに懲りすぎて結局“コスト高”
(3)導入目的が共有されておらず“笛吹けど踊らず”
(4)現場の反発によって “逆効果”


 ネガティブ言葉ばかりが並んでしまいましたが、このあたりがグループウェア導入失敗の代表例です。

(1)導入目的が曖昧で“宝の持ち腐れ”に…

 (1)は一番ありがちな失敗事例でしょう。トップが「何だかグループウェアがいいみたいだからウチも」と何となく考えて導入するパターンです。そもそも目的が曖昧なので、自社にどんな機能が必要なのかを深く考えず選んでしまい「導入したのはいいけれど、何に使うんだっけ」と、活用されないままになっている例です。

 そうならないためには、「グループウェアを導入して何に活用するのか?」ということを導入責任者が明確にして、「そのためには最低限どんな機能が必要なのか?」を確認しておくべきです。

(2)使わない機能ばかりに懲りすぎて結局“コスト高”に…

 自社の規模や導入目的を考えず、どんどん便利な機能をオプションで選択してしまい、結局使わないばかりか導入費用が高くついてしまうことがあります。パッケージタイプだと大きな損失につながりますし、クラウドタイプであっても、2年、3年と使えばどんどん費用がかさみます。

 そうならないためには(1)と同じく、導入の本来の目的や自社の規模を確認することが第一です。その上で「まず最低限必要な機能は何か」ということを調べた上で、現場のフィードバックを受けて、「更に必要な機能は何か」を導入責任者が見定めましょう。そしてコストを考えながら、少しずつ機能を増やしていくことをお勧めします。

社内からの思わぬ反発で、情報共有どころか“逆効果”に…

(3)導入目的が共有されておらず“笛吹けど踊らず”状態に…

 トップが意気込んで導入し、目的が明確だったとしても、目的がメンバーに共有されていないと「覚えなくてはいけない面倒なこと」と取られてしまうかも知れません。そうするとせっかく導入したのに、活用する人間と活用できない人間に分かれてしまい、「情報共有」のために導入したはずが意味がなくなってしまいます。

 そうならないためには、導入責任者が「導入するとそれぞれの業務が楽になるよ」ということを啓蒙する必要があります。メンバーの中で理解の早い人がいれば、そういった人にどんどん便利さを社内に広げてもらう“エバンジェリスト”のような役割になってもらい、使い方を啓蒙してもらうのも1つでしょう。

(4)現場の反発によって “逆効果”に…

 (3)にも共通しますが、今までやってきた自分のやり方を変えたがらない、「新しいことを覚えるのが面倒」というメンバーは必ず社内にいます。そういうメンバーはそもそもデジタルツールに苦手意識があることが多く、「使い勝手が悪い」「不具合が起きた」「今までのやり方で問題ない」などと声高に反発しがちです。これでは社内のコミュニケーションの良化、風通しの改善と考えていた導入者にとっては“逆効果”になってしまいます。

 そうならないためには、現場の人間にあらかじめ「お試し」ができるグループウェアを選定し、そこで使い勝手を試してもらうことでしょう。更に、外回りの営業などにスマートフォンや携帯電話などのモバイル端末で活用しやすいものを提案し、「仕事が楽になる」などとメリットを感じてもらえると効果的かもしれません。

 クラウドタイプのグループウェアであれば、これら失敗例に近いような状態になっても切り替えが可能ですから、まずはクラウドタイプの「お試し」から始めるのがいいでしょう。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

グループウェア/現場の反発にコスト高まで…よくある「グループウェア」失敗事例」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

グループウェア」関連の製品

リモートデスクトップサービス 「AnyClutch Remote」 【ソフトバンク コマース&サービス】 クラウドグループウェア 「サイボウズ ガルーン」 【サイボウズ】 複数グループウェア・SFA間のスケジュールを同期 「PIMSYNC」 【セゾン情報システムズ】
リモートアクセス グループウェア グループウェア
スマートフォンやタブレット(Android OS/iOS)、モバイルPCなどで、外出先からいつでも会社や自宅のPCを安全かつスピーディーに遠隔操作できるリモートアクセスサービス。 企業内コミュニケーションの活性化を支援するクラウド型グループウェア。ユーザの使いやすさに加え、大規模環境でも臨機応変に対応できる管理性を備えている。 複数のグループウェアやSFAのスケジュールやToDoを同期。同期項目やタイミングなども細かく設定でき、双方向の同期や、繰り返しスケジュールなど高度な同期にも対応する。

グループウェア」関連の特集


自社の新卒採用の対象範囲を「30歳以下」に──。リクルートが打ち出した新たな採用の取り組みが話題を呼…



災害が発生した際の有事はもちろん、通常業務でも使える「安否情報確認システム」が旬。果たしてその使い方…



商談を逐次、正確に把握し、的確なサポートが行えれば、受注の確度も高まるはず。でも、どうすれば商談状況…


グループウェア」関連のセミナー

Office 365ハンズオンセミナー【Office 365の基礎】 【カコムス】  

開催日 9月8日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

大変ご好評頂いておりますOffice 365・Microsoft Azure・SharePoint Onlineハンズオンセミナーを、8後半〜9月にカコムス大阪…

Office 365ハンズオンセミナー【Office 365の基礎】 【カコムス】  

開催日 9月29日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

大変ご好評頂いておりますOffice 365・Microsoft Azure・SharePoint Onlineハンズオンセミナーを、8後半〜9月にカコムス大阪…

kintone操作体験セミナー 【大塚商会/サイボウズ】  

開催日 7月26日(水),8月23日(水),9月20日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

「kintone」はアプリを簡単・自由に作成できるクラウドサービスです。「kintone」であなたの抱える業務の問題を解決しませんか?

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

グループウェア/ 現場の反発にコスト高まで…よくある「グループウェア」失敗事例」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「グループウェア/ 現場の反発にコスト高まで…よくある「グループウェア」失敗事例」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008627


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ