この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

Officeソフト

2016/03/08


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、アイ・ティ・アールの情報を元に、Officeソフトのシェア情報をご紹介しよう。

 アイ・ティ・アールは、2015年10月時点で、国内企業におけるOfficeソフトの利用状況の調査を行なった。企業の標準製品または指定製品ではなく、回答者が実際の業務で主に利用している製品を確認した。
 調査によると、1位はMicrosoft Office 2010で44.8%、次いで同2013が33.2%、3位は同2007で11.6%、4位は同2003で3.1%の順となった。2015年9月に提供が開始された同2016は2.7%、クラウド環境からサブスクリプション形式で提供されるOffice 365 Business Premium及びPro Plusは2.4%と少数にとどまった。
 一時は、Windows以外の環境で動作しないことや、バージョンアップによるファイル形式とユーザインターフェースの変更からオープンソース製品の利用の検討が話題となったが、Microsoft Office以外の製品は1%以下とごく少数であった。
 Microsoft OfficeがWindows以外のOSでも提供されたことや、ほかの製品では過去に作成した書類や社外とのやり取りでの互換性の問題が生じることから、企業におけるOfficeツールは、依然としてMicrosoft Officeが主流であるとしている。

Officeソフトシェア

Officeソフトシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

Office/「Officeソフト」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Office」関連情報をランダムに表示しています。

Office」関連の製品

機密情報ファイルの漏洩対策 DataClasys(データクレシス) 【ネスコ】 文書管理システム DocuMaker Office 【ファインデックス】 MajorFlowクラウド 【パナソニック ネットソリューションズ】
暗号化 文書管理 グループウェア
様々なファイルの暗号化・利用権限設定により、情報漏洩を防止するDRM・IRM製品。権限者は暗号化したまま通常操作で利用可能。海外拠点からの二次漏洩も防止できる。 紙で運用している文書やシステムで記載している文書、Word・Excelで作成している文書などの作成、活用、保存を一元的に統合管理できる文書管理システム。 会計ソフトやグループウェアと連携して、経費精算や出退勤打刻の機能を提供。経理や人事の作業負担軽減を実現しつつ、現場社員や経営層にも役立つ機能も搭載。

Office」関連の特集


 本連載の最終回である本記事では、大手ソフトウェア企業のファジング活用事例とIPAにおける「脆弱性検…



Windows10のリリースで販売からサービス提供に大きく舵をきったマイクロソフト。その変革を指揮す…



 今回は、近年ますます必要とされている、セキュリティに配慮したプログラミングの知識やスキルを証明する…


Office」関連のセミナー

Office 365の利用を快適にするトラフィック制御と運用自動化 【テクマトリックス】 注目 

開催日 3月16日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

Microsoft社のOffice 365の通信経路制御の運用において、定期的なURL変更への対応が管理者の方の課題になっています。この課題を解決するソリューシ…

明日から使える!Office 365 【ディスカバリーズ】  

開催日 3月29日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

Office 365 を導入して社内の情報共有やナレッジの蓄積のために社内ポータルを検討するお客様は増える一方で、SharePoint でどのようなサイトを作っ…

Office 365 失敗しないための社内ポータル構築と運用 【ディスカバリーズ】  

開催日 2月27日(月)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

Office 365を導入して社内の情報共有や情報活用のために社内ポータルを検討するお客様は増える一方で、どのようなサイトを作ったらよいかイメージがつかない、活…

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Office/ 「Officeソフト」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Office/ 「Officeソフト」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008614


IT・IT製品TOP > PCソフト > オフィスソフト > オフィスソフトの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ