説明できますか?グループウェアで解決できる業務課題とは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


説明できますか?グループウェアで解決できる業務課題とは

情報共有システム・コミュニケーションツール 2016/02/25

 グループウェアの導入目的は、まずは「社内の情報共有」、そして「業務の効率化」でしょう。でも実は “情報を共有できるようになる”ことにより、更に大きな効果が見込めます。「会社の風土の改善」「社内の動きを『見える化』」「経営判断のスピード化」など、あなたの会社が抱えるいくつもの課題の解決につながるのです。

 営業が客先でつかんだ重要なビジネス情報は、全社ですぐに情報共有ができていますか?社内稟議の手間がかかりすぎて商機を逃していませんか?

 今回は、あなたの会社の様々な課題を解決する“グループウェアの導入効果”について説明します。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

グループウェア/説明できますか?グループウェアで解決できる業務課題とは」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

グループウェア」関連の製品

AXIOLE 【ネットスプリング】 ERP連携ワークフロー EXPLANNER/FL (FlowLites) 【NEC】 Knowledge Suite(ナレッジスイート) 【ナレッジスイート】
認証 ワークフロー グループウェア
LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 パラメータ設定メインの簡単操作、他システムとの優れた連携性、サーバ単位で導入できるコストメリットなどを特長とするワークフロー専用システム。 グループウェア、SFA、CRMが機能連携したクラウド型統合ビジネスアプリケーション。初期費用無料、ユーザ数無制限、スマートフォンやタブレット等マルチデバイス対応。

グループウェア」関連の特集


どこの職場にもいる、私的なWeb閲覧を行う従業員。そのままにしておけば、個人の生産性はがた落ち。危険…



2ヵ月で導入コストを上回る経費削減を実現!グループメールで顧客対応で重要な“返信遅れ”がゼロに、対応…



IT担当者312人を対象に「中小企業のIT導入状況」の調査を実施。「満足度」「重視ポイント」などから…


グループウェア」関連のセミナー

デスクネッツネオ 他社グループウェアとの比較体験セミナー 【主催:ネオジャパン/共催:ウイズシステム】 注目 

開催日 4月21日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

満足度No.1グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツネオ)」のポイントを、他社提供のグループウェアと比較をしながらご紹介するセミナーです。1人…

デスクネッツ ネオ & MajorFlowクラウド体験セミナー 【主催:ネオジャパン/共催:パナソニック ネットソリューションズ】 注目 

開催日 4月26日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

概要本セミナーでは、デスクネッツ ネオならではの最新機能のほか、連携するワークフロー製品「MajorFlow」まで、実際のパソコン環境でご体験いただけます。前半…

メジャークラウド(LINE WORKS、Office 365ほか)活用セミナー福岡 【サテライトオフィス/ネクストセット】  

開催日 4月21日(金)   開催地 福岡県   参加費 無料

サテライトオフィス / ネクストセット がお薦めする、メジャークラウドを一挙にご説明いたします!<G Suite (旧名:Google Apps for Wor…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

グループウェア/ 説明できますか?グループウェアで解決できる業務課題とは」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「グループウェア/ 説明できますか?グループウェアで解決できる業務課題とは」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008592


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ