説明できますか?グループウェアで解決できる業務課題とは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


説明できますか?グループウェアで解決できる業務課題とは

情報共有システム・コミュニケーションツール 2016/02/25

 グループウェアの導入目的は、まずは「社内の情報共有」、そして「業務の効率化」でしょう。でも実は “情報を共有できるようになる”ことにより、更に大きな効果が見込めます。「会社の風土の改善」「社内の動きを『見える化』」「経営判断のスピード化」など、あなたの会社が抱えるいくつもの課題の解決につながるのです。

 営業が客先でつかんだ重要なビジネス情報は、全社ですぐに情報共有ができていますか?社内稟議の手間がかかりすぎて商機を逃していませんか?

 今回は、あなたの会社の様々な課題を解決する“グループウェアの導入効果”について説明します。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

グループウェア/説明できますか?グループウェアで解決できる業務課題とは」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

グループウェア」関連の製品

intra-mart ワークフロー 【NTTデータ イントラマート】 グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツ ネオ)」 【ネオジャパン】 「サイボウズ Office」カスタムアプリ機能 【サイボウズ】
ワークフロー グループウェア グループウェア
9年連続・国内シェアNo.1のワークフロー基盤。数十万人規模でも利用できるワークフロー基盤でありながら、部門の業務改善にも使える手軽さが特徴。 HTML5採用で、わかりやすく見やすいインターフェースを実現したグループウェア。全25の豊富なアプリケーションに加え、扱いやすいユーザ/組織管理機能、国際化対応も実装。 表計算ソフトなどで管理しているデータを、中堅・中小企業向けの統合グループウェア 「サイボウズ Office」上で、データベースとして活用できる機能。

グループウェア」関連の特集


サーバーOSをベースに開発されたデスクトップLinuxが注目を集めています。セキュリティと安定度の高…



上位ベンダシェアが拮抗しており、今後はカスタマイズ可能な専用アプリケーションが注目される「ワークフロ…



企業におけるコミュニケーション及びコラボレーションツールの導入が進む一方で、うまく業務に活用できてい…


グループウェア」関連のセミナー

【福岡】desknet's NEOじっくり触れる!ハンズオンセミナー 【主催:九州日立システムズ/共催:ネオジャパン】  

開催日 6月22日(金)   開催地 福岡県   参加費 無料

1社1台のパソコン環境でご体験いただきながら、グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツネオ)」の各機能をご紹介するセミナーです。徹底した「現場主…

使えるOffice 365毎日見たくなる社内ポータルの活用事例を公開 【ディスカバリーズ】  

開催日 6月6日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

Office 365を導入して社内の情報共有やナレッジの蓄積のために社内ポータルを検討するお客様は増える一方で、SharePointでどのようなサイトを作ったら…

Findixで解決! Office 365 まるわかりセミナーin名古屋 【ファインディックス】  

開催日 6月14日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

「Office 365 まるわかりセミナーin 名古屋」を6/14(木)に開催します。☆株式会社アクセス様をお迎えしてOffice 365導入企業による活用事例…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

グループウェア/ 説明できますか?グループウェアで解決できる業務課題とは」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「グループウェア/ 説明できますか?グループウェアで解決できる業務課題とは」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008592


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ