説明できますか?グループウェアで解決できる業務課題とは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


説明できますか?グループウェアで解決できる業務課題とは

情報共有システム・コミュニケーションツール 2016/02/25

 グループウェアの導入目的は、まずは「社内の情報共有」、そして「業務の効率化」でしょう。でも実は “情報を共有できるようになる”ことにより、更に大きな効果が見込めます。「会社の風土の改善」「社内の動きを『見える化』」「経営判断のスピード化」など、あなたの会社が抱えるいくつもの課題の解決につながるのです。

 営業が客先でつかんだ重要なビジネス情報は、全社ですぐに情報共有ができていますか?社内稟議の手間がかかりすぎて商機を逃していませんか?

 今回は、あなたの会社の様々な課題を解決する“グループウェアの導入効果”について説明します。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

グループウェア/説明できますか?グループウェアで解決できる業務課題とは」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

グループウェア」関連の製品

クラウド型グループウェア rakumo 【ソフトバンク コマース&サービス】 Office 365 Business 【ソフトバンク コマース&サービス】 ERP連携ワークフロー EXPLANNER/FL (FlowLites) 【NEC】
グループウェア オフィスソフト ワークフロー
クラウド環境で動作するオフィスツール群。「カレンダー」「コンタクト」「ワークフロー」「タイムレコーダー」「ボード(掲示板)」「ケイヒ」から必要なものを利用可能。 常に最新のグループウェアサービスと最新のデスクトップアプリケーション(Microsoft Office)をセットで利用できる法人向けクラウドサービス。 パラメータ設定メインの簡単操作、他システムとの優れた連携性、サーバ単位で導入できるコストメリットなどを特長とするワークフロー専用システム。

グループウェア」関連の特集


ワークフローの市場規模と市場占有率はこちらから!機能の豊富さ、拡張性の高さで市場を牽引するトップベン…



企業規模が大きくなると、経営陣と従業員との距離は離れてしまう…という声は多い。しかし、経営層の考えを…



アプリケーションの脆弱性に関する統計データをご紹介。現在問題となっている脆弱性からその対策までじっく…


グループウェア」関連のセミナー

デスクネッツネオ じっくり触れる!ハンズオンセミナー 【主催:ネオジャパン/共催:アイネット】 注目 

開催日 6月15日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

1社1台のパソコン環境でご体験いただきながら、満足度No.1グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツネオ)」の各機能をご紹介するセミナーです。基…

【パートナー向け】〜 Office 365 【ディスカバリーズ】  

開催日 6月19日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーでは、Office 365 の商談時間を短縮し、成約率を高めるための販売ノウハウをご紹介します。 特に Office 365 販売のネックとなりがちな…

Office 365 社内ポータル成功の秘訣とは? 【ディスカバリーズ】  

開催日 5月16日(火),5月31日(水),6月13日(火),6月26日(月)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

・Office 365 を導入したものの、社内ポータルサイトの活用がなかなか進まない・社内ポータルサイトのアクセス状況など、ユーザの活用度を測りたい・社内ポータ…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

グループウェア/ 説明できますか?グループウェアで解決できる業務課題とは」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「グループウェア/ 説明できますか?グループウェアで解決できる業務課題とは」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008592


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ