第2回:何故わが社は事業を継続するのか

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/02/10

【レポート】「BCP策定の現場から」

自己紹介
ニュートン・コンサルティング株式会社 高橋 篤史
主な経歴
SI企業にて、長年お客様のシステム構築に携わり、組織とITの関係が変化していくさまを肌で感じてまいりました。昨今、ITの重要性は広く認知され、サイバー攻撃などそのリスクも急速に広まってきています。コン…

第2回:何故わが社は事業を継続するのか

 みなさん、こんにちは。ニュートン・コンサルティング株式会社の高橋です。第1回では矢澤興業株式会社がBCP策定の意思決定に至った経緯をお伝えしました。

 今回はいよいよ初回のセッションです。引き続き、事務局を務めることとなった川中総務部長にその様子を語っていただきます。


1

必要なのは誰?

 矢澤興業のBCP策定プロジェクトは社長指示により、少数精鋭の体制で進めることになりました。プロジェクトオーナーは矢澤社長。最終成果の承認を行います。プロジェクトリーダーの横井製造部長は、主に進捗確認と毎回のセッションでの意思決定を行います。メンバーは、製造部若手ホープの田代工君、ベテラン営業マンの山本健太郎さん、そして総務部システム担当の金子美紀さんに絞りました。いずれも現場をよく知っており、豊富なアイディア提供が期待できる人材です。私、川中は事務局として主に内部調整と、アドバイザリーであるNコンサルティングとのコミュニケーションを務めることとなりました。期間は2ヶ月半、全5回のセッションでBCP策定を進めていきます。今日は初回のStep1。皆いくぶん緊張した面持ちで、会議室に集合しました。まずは社長から、このプロジェクトの意義について簡単なメッセージが伝えられ、続いてNコンサルから、そもそもBCPとは何か、なぜBCPが必要なのかという点について改めてレクチャーを受けました。(第1回参照

 その後、プロジェクト全体の進め方を確認したところで、製造部の田代君から質問があがりました。「今日は9時から18時まで丸1日、Step2以降も1日から半日拘束されるようですが、本業も忙しいので、必要に応じてちょくちょく現場に戻っても構いませんか?それにこんな重要なことをたった5回のセッションで決めるのは無理がありませんか?」

 これに対しNコンサルティングの回答は、「緊急事態でしたら現場を優先してください。しかしこのスケジュールは事前に確保していただいたものですので、可能な限り全セッションに参加してください。途中で抜けると議論の過程が見えなくなり、集中できなくなります。あと、BCPは災害など、予測困難な状況に対する計画ですので、時間をかけて詳細を詰めるよりも、短期間に集中して戦略を固めることが重要です。細かい想定シナリオに沿った手順を作り込んでも、本番では何が起こるかわかりません。最低限の方針を決めて、あとはその場の状況に応じて判断するしかないのです。」というもので、さすがの田代君も納得せざるを得ないという表情でした。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

/第2回:何故わが社は事業を継続するのか」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「」関連情報をランダムに表示しています。

「その他基幹系システム関連」関連の製品

財務統合管理システム 「Fusion」 【Profit Cube】 出張手配サービス J'sNAVI Jr. 【JTBビジネストラベルソリューションズ】 システム連携/ファイル転送ツール「HULFT」 【セゾン情報システムズ】
その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連
借入/貸付金、有価証券や社債などの財務データをグループ企業全体で一元管理。必要に応じてモジュールの段階的な導入も可能。会計システムへの仕訳出力機能も標準で実装。 各企業が利用中のワークフローとシームレスに連携し、出張のチケット手配などを最適化・効率化できるクラウド型サービス。コーポレートカード利用明細データの連携も可能。 多数の導入実績を持ち、80%という圧倒的シェアを誇るTCP/IP企業内・企業間通信ミドルウェア。データ連携やシステム連携を安全、確実かつ円滑に行う。

「その他基幹系システム関連」関連の特集


 今回と次回で電子カルテシステム等の部門をまたがる基幹系システム導入で成功するためのポイントを取り上…



SuicaやEdy等の電子マネーサービスや提携サービスの拡大で普及期に突入したICカード。今回はその…



対前年比9.1%増。今後はUHF帯RFIDシステムが普及の鍵を握ると見られる「RFIDリーダ・ライタ…


「その他基幹系システム関連」関連のセミナー

ITFOR Webセミナー 【アイティフォー】 締切間近 

開催日 12月7日(水),12月8日(木),12月9日(金)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

アイティフォーがお勧めする“いまが旬”の運用コスト削減ソリューションをご紹介します。インターネットVPNに代わる次世代VPN『アイティフォー光プラス』を中心に、…

次のステップへIBM i (AS/400)モダナイゼーション・セミナー 【日本電通/NDIソリューションズ】 締切間近 

開催日 12月8日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

IBM i は顧客満足度調査2015-2016ミッドレンジサーバー部門において18年連続1位(※)となり高い満足度を証明しております。今回のセミナーはIBM i…

事例から学ぶ、サブスクリプションビジネスの導入と成長 【三井情報/Zuora Japan】 締切間近 

開催日 12月7日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

顧客のニーズが「所有から利用へ」と変化している中で、日本においても業界を問わず、サブスクリプションビジネスへの注目度が高まっています。しかしながら、従来主流であ…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

/ 第2回:何故わが社は事業を継続するのか」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「/ 第2回:何故わが社は事業を継続するのか」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008584


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ