100%ではない“仮説”を提示する!「Watson」が描く未来」

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

技術者インタビュー 未来を切り拓く者たち Vol.1
100%ではない“仮説”を提示する!コグニティブ・コンピューティング「Watson」が描く未来
工学博士 安島 雄一郎氏 富士通株式会社 次世代テクニカルコンピューティング開発本部 第一システム開発統括部 第二開発部 シニアアーキテクト
 人が成長していくように、様々な情報や経験から学習を行うコグニティブ・テクノロジーとして登場した「IBM Watson」(以下、Watson)。IBM創始者であるThomas John Watsonから名づけられたこのソフトウェアは、2011年2月に米国のクイズ番組「Jeopardy!(ジョパディ!)」に参加し、クイズ王との対戦で勝利を収めたことで脚光を浴びることになった。すでに様々な分野での活用が進んでおり、今後さらなる活躍が期待されている。そこで今回は、日本におけるWatsonビジネスを率いる執行役員 ワトソン事業部の吉崎 敏文氏に、Watsonのコンセプトやその特長、期待される分野や活用用途など、Watsonのこれからについて詳しく伺った。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

Watson/100%ではない“仮説”を提示する!「Watson」が描く未来」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Watson」関連情報をランダムに表示しています。

Watson」関連の製品

「VMware環境をクラウドへ移行して」と言われたら、SIerに贈るクラウド活用法 【日本アイ・ビー・エム株式会社】 Watson活用成功のカギを握るストレージ技術とは? 【日本アイ・ビー・エム】 Mendix App Platform(超高速開発ツール、モデル駆動) 【ビルドシステム】
IaaS/PaaS NAS 開発ツール
「VMware環境をクラウドへ移行して」と言われたら、SIerに贈るクラウド活用法 Watson活用成功のカギを握るストレージ技術とは? ソースコードを記述することなくアプリケーションを作成できる超高速開発ツール。モバイルアプリから、IoT、Cognitive対応のアプリまで、専門知識なしで容易に作成。

Watson」関連の特集


メディアも世間も賑わせている人工知能ですが、本当に新しいビジネス価値を生み出している?AIの虚像をア…



 2016年12月13日と14日に開催された「Salesforce World Tour Toky…



不正行為の証拠発見を人間の数千倍のスピードで実行できる人工知能が登場!訴訟大国アメリカでビジネスを行…


Watson」関連のセミナー

AI活用チャットボットで実現する現場改革セミナー 【NDIソリューションズ】  

開催日 8月30日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

2017年、AIはいよいよ認知のフェーズから実用の時代へ。いまやAIは一部の専門的な知識を持った人達ではなく、あらゆる企業や業種で身近な活用できる技術となりまし…

業務の可視化とAPI活用のための学習データ生成 【日本アイ・ビー・エム】 締切間近 

開催日 8月24日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

オフィス文書や電子メール、業務日誌など、企業が所有するデータの8割は「非構造」データと言われています。膨大な非構造データの解析が可能な「Watson Explo…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Watson/ 100%ではない“仮説”を提示する!「Watson」が描く未来」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Watson/ 100%ではない“仮説”を提示する!「Watson」が描く未来」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008557


IT・IT製品TOP > データ分析 > その他データ分析関連 > その他データ分析関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ