100%ではない“仮説”を提示する!「Watson」が描く未来」

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

技術者インタビュー 未来を切り拓く者たち Vol.1
100%ではない“仮説”を提示する!コグニティブ・コンピューティング「Watson」が描く未来
工学博士 安島 雄一郎氏 富士通株式会社 次世代テクニカルコンピューティング開発本部 第一システム開発統括部 第二開発部 シニアアーキテクト
 人が成長していくように、様々な情報や経験から学習を行うコグニティブ・テクノロジーとして登場した「IBM Watson」(以下、Watson)。IBM創始者であるThomas John Watsonから名づけられたこのソフトウェアは、2011年2月に米国のクイズ番組「Jeopardy!(ジョパディ!)」に参加し、クイズ王との対戦で勝利を収めたことで脚光を浴びることになった。すでに様々な分野での活用が進んでおり、今後さらなる活躍が期待されている。そこで今回は、日本におけるWatsonビジネスを率いる執行役員 ワトソン事業部の吉崎 敏文氏に、Watsonのコンセプトやその特長、期待される分野や活用用途など、Watsonのこれからについて詳しく伺った。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

Watson/100%ではない“仮説”を提示する!「Watson」が描く未来」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Watson」関連情報をランダムに表示しています。

Watson」関連の製品

ソースコードや仕様書まで自動生成、Watsonが実現する「超高速開発」とは 【日本アイ・ビー・エム】 世界的にAI活用が進む中、日本はIBM Watsonで挽回できるのか 【日本アイ・ビー・エム】 「Networld .next 2017」潜入レポート 【ネットワールド】
ビッグデータ データ分析ソリューション 垂直統合型システム
ソースコードや仕様書まで自動生成、Watsonが実現する「超高速開発」とは 世界的にAI活用が進む中、日本はIBM Watsonで挽回できるのか 一番イケてるHCIメーカーは? セミナー来場者による投票結果発表

Watson」関連の特集


誰もが業務に欠かすことのできないメール。オンプレミスのメールサーバでは運用管理に悩む企業も多いはず。…



メディアも世間も賑わせている人工知能ですが、本当に新しいビジネス価値を生み出している?AIの虚像をア…



「AI」「機械学習」「深層学習」などが注目を集めるが、用語が乱立しており、違いや使い方が分かりにくい…


Watson」関連のセミナー

ITで実現する働き方改革&セキュリティ対策セミナー 【主催:日本電通/シネックスインフォテック/共催:NDIソリューションズ】  

開催日 11月8日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

働き方改革に興味・関心をお持ちの企業様/テレワーク(在宅勤務、モバイルワーク)導入ご検討の企業様/テレワーク導入に際しセキュリティ対策に不安がある企業様、向けに…

ネットワールド IBM Day 2017 【ネットワールド】  

開催日 11月24日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

IBM Value Added Distributor (VAD)であるネットワールドが、毎年好評をいただいているパートナー様向けイベント「ネットワールド IB…

設計製造ソリューションフォーラム 【コベルコシステム/日本アイ・ビー・エム/プリベクト/オートデスク】  

開催日 11月29日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

昨今の製造業において、何かを始めなければ生き残れないという焦りから、拙速にIoTやAIを活用して改革を検討している企業が多くあります。しかし、製品情報の管理や設…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Watson/ 100%ではない“仮説”を提示する!「Watson」が描く未来」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Watson/ 100%ではない“仮説”を提示する!「Watson」が描く未来」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008557


IT・IT製品TOP > データ分析 > その他データ分析関連 > その他データ分析関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ