ここまできた最新のバックアップシステム

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/01/27

意外に知らないストレージの基礎を確認

自己紹介
吉政創成株式会社 吉政 忠志
主な経歴
吉政創成株式会社の代表取締役 兼 一般社団法人PHP技術者認定機構の理事長 兼 BOSS-CON JAPANの理事長 兼 Rails技術者認定試験運営委員会の委員長。国産ITベンチャー企業の支援に一念…

ここまできた最新のバックアップシステム

「バックアップは取っているけど、実は戻したことがなかったのです。そして、実際に先日戻そうと思ったら戻らなかったんですよね。」

そのような話がたまにありますが、実際には笑えません。
バックアップデータをリカバリする時は障害発生のケースが多く、その時にものすごく時間がかかったりすると焦りますよね。時間がかかっても戻ればいいですが、意外にバックアップデータが元に戻らないケースも確かに存在します。そしてバックアップデータが元に戻らず、手入力で戻すなんてこともたまに聞きます。手入力でも元に戻せればいいのですが、元データがなければ、元にも戻りません。

実際、先日私が経験した話ですが、あるWebサイトがハッキングされてしまいました。すぐに対応し、正常時の最新のバックアップデータから元に戻すことになったのですが、依頼先の業者が元に戻せずに、結局ギブアップされてしまいました。そして私が一部再入力をいたしました。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

バックアップ/ここまできた最新のバックアップシステム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップ」関連情報をランダムに表示しています。

バックアップ」関連の製品

定期的なフルバックアップは永久に不要? データ保護の4大課題をまとめて解決 【日本アイ・ビー・エム】 オールフラッシュ時代の「業務を止めない」バックアップ&リストアとは 【日本ヒューレット・パッカード】 鋭い人は気付いている「Office 365でもバックアップは必要」、その実現方法とは? 【arcserve Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
定期的なフルバックアップは永久に不要? データ保護の4大課題をまとめて解決 業務のスピードアップを目的としたフラッシュストレージ導入が盛んだが、システムリカバリーの視点が欠落しがちだ。事業リスクを最小化する戦略的選択を考える。 「クラウドサービスならバックアップは不要」と思っていないだろうか。特にOffice 365ではその“誤解”がある。バックアップが必要な理由と選定すべき製品を紹介しよう。

バックアップ」関連の特集


IEEE802.11nが高速化できたワケは?最大600Mbpsに達することが可能な技術とは何か?無線…



ストレージ間を結ぶ高速ネットワーク「SAN」!ここにきてSMB市場をターゲットにした低価格の製品ライ…



はじめまして。吉政創成の吉政でございます。昨年は日経新聞の朝刊に自分のコメントが出たり、世界的な起業…


バックアップ」関連のセミナー

AWSが選ばれている“理由”と選んだ企業の“生の声” 【主催:ソニーネットワークコミュニケーションズ 共催:アマゾン ウェブ サービス ジャパン】 注目 

開催日 10月27日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

AWSスターターを対象に導入のキホンを分かりやすく紹介し好評の本セミナー。AWSがダントツの理由やAWSの最新トピックは?などについて直接聞くことができるチャン…

HCIで解決 セキュリティもバックアップもまるごと対策セミナー 【ソフトバンク コマース&サービス】  

開催日 10月30日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

現在 日本のITインフラ市場でも盛り上がりを見せている「ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)」。日ごとに各メディアでも取り上げられ、情報もさらに充…

CSIRT/SOCが取り組み始めた「脅威ハンティング」の実際 【ソリトンシステムズ】 締切間近 

開催日 10月19日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

100%の侵入阻止は困難な時代、SandboxやNGAVによる脅威検知アラートからその影響範囲を調査したり、脅威検知製品では見つけられなかった侵害を痕跡から洗い…

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

バックアップ/ ここまできた最新のバックアップシステム」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「バックアップ/ ここまできた最新のバックアップシステム」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008542


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ