異色キャリアのリハビリ医・酒向正春が考える「チーム医療」

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


異色キャリアのリハビリ医・酒向正春が考える「チーム医療」

情報共有システム・コミュニケーションツール 2016/03/14

サイボウズ式 ーキーマンズネット出張所ー

サイボウズ式』とは…「新しい価値を生み出すチーム」のための、コラボレーションとITの情報サイト。本記事は「サイボウズ式」で掲載した“チームワーク”がテーマの記事を、キーマンズネット編集部が一部抜粋・編集して掲載しています。
本記事は2014年3月19日に掲載されたものです。一部時制や固有名詞などが現状にそぐわない可能性がございますので、予めご了承下さい。

東京・二子玉川にある世田谷記念病院の酒向正春先生は、40歳を過ぎて脳神経外科医からリハビリテーション医へ転身した、異色のキャリアを持つ医師。脳画像から患者がどこまで回復可能かを読み取り、それに基づいて積極的な「攻めのリハビリ」を行うという独特の手法で驚くべき成果を上げ、数多くの患者およびその家族から絶大な信頼を得ています。

著書「あきらめない力」にも詳しく書かれた、どんなに困難なケースでもあきらめずとことんまで粘り抜くその真摯な仕事ぶりは、NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」でも取り上げられ、大きな反響を呼びました。

「リハビリはチームで行う医療」と酒向先生は言います。では先生は、理想とする医療を実現するためのチームをどのように構築し、運営しているのか?そして先生の考えるリーダーシップのあり方とは?

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

脳神経外科医からリハビリテーション医へと転身された、世田谷記念病院の酒向正春先生
世田谷記念病院 酒向正春先生…以下、酒向(敬称略)
聞き手・ライター 荒濱 一さん…以下、荒濱(敬称略)

異例の転身、それは「超高齢化社会」を支える医療を生み出すため

荒濱:まずは酒向先生が、脳神経外科医からリハビリテーション医へ転身された理由を教えて下さい。

酒向:これは非常にシンプルでして。脳外科医には、世界で勝負しよう、自分の手術で患者さんを良くしようという、アクティブかつ優秀な先生が多いのです。ところが一方で、例えば脳卒中を発症した中には、手術をしても良くならない、あるいは重症すぎて手術すらできない患者さんもいる。そうした患者さんを専門的に治す医者は誰もいなかったんですよ。ならば自分がやろうと。

これから超高齢化社会を迎えると、脳卒中などで脳を損傷しなくても、ある意味、誰もが障害を抱えるようになる。そんな中、重症な患者さんでもここまでは治る余地があるということをしっかり診断した上で、能力を上げていく。そうした医療があってもいいのでは考えたのです。

一般的に、バリバリの脳外科医がリハビリ医に転じるというと、キャリアダウンと受け取られかねませんが、私からすると新しい医療を創り上げるという意味で、むしろキャリアアップと考えて飛び込んでいきました。

荒濱:先生のリハビリは非常に特徴的と聞きます。どのような特徴があるのでしょう?

※会員登録いただくと図をご覧いただけます。
会員登録はこちら(無料)

酒向先生の新著「あきらめない力」

酒向:私は主に脳卒中の患者さんを対象にしており、まずは脳の画像から、どこが壊れていて、どういう後遺症が出るかを読み取ります。障害や後遺症は、奇跡は起こらないので、残念ながら残るんですよ。その上で、どこまで能力を上げられるかを考えて、限界近くまで攻めのリハビリを行い、失われかけた人間性を取り戻す「人間回復」のお手伝いをする。それが私のリハビリです。

脳画像に、年齢・発症前の運動・認知機能などの影響を組み合わせると、このくらいの損傷であればここまでは良くなると予測できるんですね。その予測に基づき、目標を立ててチームを率いていくわけです。こういう医療をやっている医者は今までいなかったそうです。

荒濱:脳画像からどこまで回復するか予測できるのですか?

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

グループウェア/異色キャリアのリハビリ医・酒向正春が考える「チーム医療」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

グループウェア」関連の製品

「desknet's NEO」のASPサービス J-MOTTOグループウェア 【リスモン・ビジネス・ポータル】 出張手配サービス J'sNAVI Jr. 【JTBビジネストラベルソリューションズ】 サイボウズ リモートサービス 【サイボウズ】
グループウェア その他基幹系システム関連 グループウェア
305万人以上のユーザが利用するグループウェア「desknet's NEO」のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール/スケジュール/ワークフローなど、全25機能が利用可能。 各企業が利用中のワークフローとシームレスに連携し、出張のチケット手配などを最適化・効率化できるクラウド型サービス。コーポレートカード利用明細データの連携も可能。 社内LANのセキュリティ環境を変えずに、社内のサイボウズ製品やその他Webシステムへ、パソコン・スマートフォン・携帯電話などからアクセスできるネットワーク環境を提供。

グループウェア」関連の特集


赤字の危機にデスマーチなど…プロジェクトは計画通りに進まず、ピンチと隣り合わせ。そんな悩みにプロジェ…



ユーザー部門におけるIT予算は増えているのか? 現場ではどのようなITツールが導入されているのか? …



サーバーOSをベースに開発されたデスクトップLinuxが注目を集めています。セキュリティと安定度の高…


グループウェア」関連のセミナー

今だからこそ考える今後のNotes/Domino活用 【日本アイ・ビー・エム】  

開催日 5月11日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

Notes/Domino8.5のサポート終了(2018年9月末)が決まり、今後Notes/Domino利用をするに悩まれているお客様に1つの方向性を示します。ミ…

LINE WORKS 活用セミナー 【サテライトオフィス】  

開催日 5月23日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

『LINEスタンプも使える LINE WORKS を使いたおす!』〜LINE WORKS は、メッセンジャー、無料音声通話、アドレス帳、ホーム(グループ掲示板)…

「 Skype for Business 」利用率UPセミナー! 【内田洋行】  

開催日 4月13日(木),5月17日(水),6月7日(水),7月5日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

Skypeの利用率を上げるようなソリューションを紹介するセミナーです。現在、生産性向上や働きやすい職場作りの為にワークスタイル変革を推進している企業が増えていま…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

グループウェア/ 異色キャリアのリハビリ医・酒向正春が考える「チーム医療」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「グループウェア/ 異色キャリアのリハビリ医・酒向正春が考える「チーム医療」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008536


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ