多様性のある社会の実現は何のため?乙武洋匡が語る、自分の使命

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


多様性のある社会の実現は何のため?乙武洋匡が語る、自分の使命

情報共有システム・コミュニケーションツール 2016/02/10

サイボウズ式 ーキーマンズネット出張所ー

サイボウズ式』とは…「新しい価値を生み出すチーム」のための、コラボレーションとITの情報サイト。本記事は「サイボウズ式」で掲載した“ワーク・ライフ・バランス”や“多様性”がテーマの記事を、キーマンズネット編集部が一部抜粋・編集して掲載しています。
本記事は2015年12月4日に掲載されたものです。一部時制や固有名詞などが現状にそぐわない可能性がございますので、予めご了承下さい。

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

「乙武洋匡さんこそ、日本で最も深く多様性について語れる人ではないか」と、サイボウズ代表取締役社長 青野慶久たっての希望で実現した対談。前編で異分子を認めることで実現する、多様性のある社会・組織の魅力について語りあった2人は、やがて「日本社会が多様性を受け入れにくいのは”ひとに迷惑をかけないように”という思考に原因があるのではないか?」と、疑問を投げかける。 

「常識」に凝り固まりがちな価値観をクリエイティブに更新したいと語る2人が提示する、「多様性を受け入れられる社会・日本」の新たな地平とは?

乙武洋匡氏…以下、乙武(敬称略)
サイボウズ 代表取締役社長 青野慶久氏…以下、青野(敬称略)

「仕事ができる」というものさしは増えている

乙武:教育も大きく変わるべきだと思うんです。我々の時代って、いかに暗記、インプットを上手にできるかが重視され、テストで正確に発揮するのがよいとされていました。いまは検索すれば、スマホが全部教えてくれる。インターネットに無限の知識が詰まっている。取り出した情報をどう応用できるかのほうが大事な時代に、いまだに知識を覚えることを重んじている。大きなジレンマを感じています。 

戦後は工業化の中で、マニュアルを覚え、正確に、迅速に、他者と同じ作業をすることが求められてきました。けれど、もはやそうした仕事は機械やコンピュータに取って代わられています。 

いかにひとと違う発想をできるか、いかにネットワークを築いて多くの情報を取ってこられるかなど「仕事ができる」というものさしが増えているんですよ。 この人にはこういうよさがある、この人にはこういうよさがあると認めることが求められている。けれど教育現場では、いまだに暗記すること、他者と同じ作業を効率よくこなすことがメインの学力とされている。非常に偏っているなと思います。

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

乙武洋匡さん
1976年生まれ。大学在学中に出版した『五体不満足』がベストセラーに。卒業後はスポーツライターとして活躍。その後、教育に強い関心を抱き、新宿区教育委員会非常勤職員「子どもの生き方パートナー」、杉並区立杉並第四小学校教諭を経て、2013年2月には東京都教育委員に就任。
教員時代の経験をもとに書いた初の小説『だいじょうぶ3組』は映画化され、自身も出演。
2014年4月には、地域密着を目指すゴミ拾いNPO「グリーンバード新宿」を立ち上げ、代表に就任する。
2015年4月より政策研究大学院大学の修士課程にて公共政策を学ぶ。三児の父。

青野:どこからどう変わっていくんでしょうかね?工業化社会の中で管理主義が染み込んだ結果、いま弊害が出ているんですよね。でも、いまだにそんな感覚にしがみついている会社は負け始めている。そういった価値観だと沈没してしまうのではないでしょうか。

1人ひとりが例外である

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

なし/多様性のある社会の実現は何のため?乙武洋匡が語る、自分の使命」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「なし」関連情報をランダムに表示しています。

なし」関連の製品

SSOcube 【ネットスプリング】 成長企業がいま知っておくべき、スピード経営基盤の考え方とは 【日本オラクル株式会社】 FileBlog(ファイルブログ) 【鉄飛テクノロジー】
シングルサインオン ERP 文書管理
シングルサインオン、ID管理・認証機能まで、オールインワンで実装したシングルサインオンアプライアンス。
◎低コスト化を実現、導入・運用管理も容易。
成長企業がいま知っておくべき、スピード経営基盤の考え方とは ファイルの検索性に優れたWebベースの文書共有システム。ファイルの画像プレビューや属性管理など、シンプルで高性能な仕組みを簡単に導入できるのが特長。

なし」関連の特集


前回のコラムでは、マイナンバー制度対応の業務は、勤怠管理や経費精算の流れと性質が似ている点をご説明し…



 前回はハーバード大学での交渉学研究と、交渉力をアップさせるためになぜ実践形式でのトレーニングが必要…



IT担当者651人を対象に「パンデミック対策状況」の調査を実施。「実施施策」「今後の対策予定」などか…


なし」関連のセミナー

複数のDBを統合・連携したい、こんなときにおすすめ「Stambia」 【クライム】 締切間近 

開催日 4月25日(水)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

各拠点に散らばったデータを活用していますか?・N:Nでデータベースを連携させた統合処理を行いたい・データベースと連携して複雑なデータ加工処理を行いたい・データを…

複雑化する医療用システムの集約・統合を実現する方法とは? 【日本アイ・ビー・エム】 締切間近 

開催日 4月24日(火)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

常に新しいテクノロジーを取り入れながら進化、複雑化していく医療用システム。そんな中、病院経営は一層厳しさを増しています。調達コストの増大、医師不足、診療報酬のマ…

基幹業務ERPパッケージ スーパーカクテルシリーズ ご紹介 【内田洋行】  

開催日 2月23日(金),6月12日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

業種特化型基幹システムはスーパーカクテルシリーズ!!内田洋行の持つオリジナルERPパッケージ「スーパーカクテルシリーズ」はお蔭様で本年21年目を迎えました。本パ…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

なし/ 多様性のある社会の実現は何のため?乙武洋匡が語る、自分の使命」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「なし/ 多様性のある社会の実現は何のため?乙武洋匡が語る、自分の使命」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008527


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ