【第6回】ブロードキャストが無線LANに与える影響

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/01/27

なぜ遅い? 無線LANトラブルの原因と解決方法

自己紹介
シーティーシー・テクノロジー株式会社 川崎 一人
主な経歴
SIベンダーにて、インフラ設計・構築や新規ネットワークソリューション開発に従事。その後、CTCテクノロジーにてITエンジニア向け研修サービスのインストラクターを担当。PaloAlto Networks…

【第6回】ブロードキャストが無線LANに与える影響

無線LANが遅くなる原因として最後に紹介するのは、「ブロードキャスト/マルチキャスト通信の影響」です。

無線LANにおいて、これらの通信が多発すると、通信速度が著しく低下します。

なぜ遅くなるのか?
その理由は、無線LAN機器がブロードキャスト/マルチキャストフレームを送信する際のデータレートにあります。


1

ベーシックレートとトランスミットレート

意外と知らない方が多いのですが、無線LAN機器がサポートするデータレートには「ベーシックレート」と「トランスミットレート」の2つがあり、通信内容に応じて使い分けられています。

■ベーシックレート
ビーコン(APが自身の存在を端末に通知するためのフレーム)やプローブ(端末がAPを発見するためのフレーム)等の管理情報のやり取りや、ブロードキャスト/マルチキャスト通信の際に使用するデータレート。

■トランスミットレート
一般的なデータのやり取り(Webアクセスやメール送信、ファイル転送等)の際に使用するデータレート。

ベーシックレートの具体的な内容(速度)は、AP側の設定(図10参照)で決まりますが、不特定多数の相手との通信で使用することが多いベーシックレートには、一般に低速なデータレートが指定されています(高速なデータレートは電波状況が良い相手との通信でしか使用できないため)。

また、ベーシックレートの中に複数の候補(図10では1/2/5.5/11Mbpsの4つ)が設定されている場合は、この中の最低レート(1Mbps)でブロードキャスト/マルチキャスト通信を行います。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

無線LAN/【第6回】ブロードキャストが無線LANに与える影響」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

無線LAN」関連の製品

NetSkateKoban(不正接続端末検知・遮断/Network可視化システム) 【ギガ+他】 “なりすまし”対策 イントラネットから不正端末を自動排除 【ギガ】 FortiGate 【図研ネットウエイブ】
検疫 IDS UTM
不正端末の接続を検知し、排除。
◎各端末へソフトのインストール不要
◎VLAN対応で、低コスト
◎IPv6対応
◎地図表示によるネットワーク可視化
◎端末の通信誘導(利用限定)
15分で導入できる“なりすまし”対策――イントラネットから不正端末を自動排除 ファイアウォールをはじめとした多彩なネットワークセキュリティを単一のアプライアンスで提供。独自開発プロセッサによる最高水準の性能と高コストパフォーマンスを両立。

無線LAN」関連の特集


古典的で代表的な攻撃手法「パスワードクラッキング」。不正ログインの実態とは?攻撃者の手口から認証強化…



2016年4月5日、企業向けモバイル管理(EMM)製品を提供する米モバイルアイアンのCEOが来日し、…



 前回、スマートフォンにおけるセキュリティ脅威は主に、(1)不正プログラム、(2)不正侵入、(3)紛…


「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

無線LAN/ 【第6回】ブロードキャストが無線LANに与える影響」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「無線LAN/ 【第6回】ブロードキャストが無線LANに与える影響」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008517


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ