国産技術で水素液化、量産時30円で提供可能

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


国産技術で水素を液化、量産時30円で提供可能に

本記事はモノづくりスペシャリストのための情報ポータル MONOist から転載しています。

川崎重工業は2014年11月19日、「水素液化システム」を開発し、液化試験を開始したと発表した。1日当たり約5トンの水素を液化することを可能にするシステムだ。2016年度中に顧客への提供を目指す。特徴は国内で唯一国産技術だけを利用し、産業規模で液体水素を生産できることだという。

 川崎重工業は2014年11月19日、「水素液化システム」を開発し、液化試験を開始したと発表した。1日当たり約5トンの水素を液化することを目指したシステムだ。
 「試運転で水素がある程度の量、液化できることを確認した段階だ。−253度という条件下でバルブなどの機器類が安定に正常動作することも確かめた。今後は性能と信頼性、保守性を確認していく。2016年度に5トン/日という液化システムを顧客に納入できることを目標とする。その後はより高効率で大型の装置を開発していく」(川崎重工業)。
 同社の播磨工場(兵庫県播磨町新島)内の水素技術実証センターに立ち上げたもの(図1)。水素液化システムの設備が占める敷地面積は80m×40m程度(図2)。階段の右脇に見える円筒状の構造物がコア技術である「水素液化機」だ。直径4m、高さ13mある。「開発用のシステムであるため、敷地内には顧客に提供する際には不要な設備もある」(同社)。

図1 兵庫県播磨町と播磨工場の位置
図2 「水素液化システム」の外観 [ 出典 ] 川崎重工業

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「Skype for Business」の課題を解消、高音質・低価格の電話会議システムとは? 【ソフトバンク】 導入コスト・通話料金がお得な「電話会議サービス」って? 【ソフトバンク】 顧客との急な打ち合わせにも対応できる「自由なビデオ会議サービス」の可能性 【ソフトバンク】
Web会議 Web会議 Web会議
「Skype for Business」の課題を解消、高音質・低価格の電話会議システムとは? 導入コスト・通話料金がお得な「電話会議サービス」って? 顧客との急な打ち合わせにも対応できる「自由なビデオ会議サービス」の可能性

新着特集


管理の複雑化、人手不足…ネットワーク管理5つの課題が明らかに。SD-WANは12.2%の企業が関心を…



大和ハウス工業が建設中の巨大物流拠点DPL流山ではトータルな物流ソリューションが提供される予定だ。荷…



IT管理/運用を担う「ひとり情シス」の実態を明らかにつつ、限られた人員でインフラ整備を効果的に行うた…


新着セミナー

名古屋で開催【WebVR】について学べるセミナー開催 【WEB塾超現場主義】 締切間近 

開催日 8月25日(金)   開催地 愛知県   参加費 有料 1000円(税込)

■WebVR(仮想現実)体験セミナー 対象:WebVR技術に興味がある人、実際に体験してみたい方 これから成長するVR市場。 プレイステーションVR、アミューズ…

第7回ミニセミナー「セキュリティ&テスト設計支援セミナー」  【ベリサーブ】  

開催日 9月12日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

この度、弊社では「セキュリティ」と「テスト設計」をテーマにセミナーを開催いたします。長年培った検証の経験を元にご説明させていただきます。お客様で抱えられている課…

【G-Tech 2017大阪】はじめてのR言語による統計分析(仮) 【グローバルナレッジネットワーク】  

開催日 11月2日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

概要IoT、ビッグデータの普及に伴い、データ分析の必要性が高まっています。「これからデータ分析の学習を始めたいけれど、何から手を付けたらよいかわからない」という…

このページの先頭へ

水素液化/国産技術で水素液化、量産時30円で提供可能」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「水素液化/国産技術で水素液化、量産時30円で提供可能」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008503



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ