国産技術で水素液化、量産時30円で提供可能

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


国産技術で水素を液化、量産時30円で提供可能に

本記事はモノづくりスペシャリストのための情報ポータル MONOist から転載しています。

川崎重工業は2014年11月19日、「水素液化システム」を開発し、液化試験を開始したと発表した。1日当たり約5トンの水素を液化することを可能にするシステムだ。2016年度中に顧客への提供を目指す。特徴は国内で唯一国産技術だけを利用し、産業規模で液体水素を生産できることだという。

 川崎重工業は2014年11月19日、「水素液化システム」を開発し、液化試験を開始したと発表した。1日当たり約5トンの水素を液化することを目指したシステムだ。
 「試運転で水素がある程度の量、液化できることを確認した段階だ。−253度という条件下でバルブなどの機器類が安定に正常動作することも確かめた。今後は性能と信頼性、保守性を確認していく。2016年度に5トン/日という液化システムを顧客に納入できることを目標とする。その後はより高効率で大型の装置を開発していく」(川崎重工業)。
 同社の播磨工場(兵庫県播磨町新島)内の水素技術実証センターに立ち上げたもの(図1)。水素液化システムの設備が占める敷地面積は80m×40m程度(図2)。階段の右脇に見える円筒状の構造物がコア技術である「水素液化機」だ。直径4m、高さ13mある。「開発用のシステムであるため、敷地内には顧客に提供する際には不要な設備もある」(同社)。

図1 兵庫県播磨町と播磨工場の位置
図2 「水素液化システム」の外観 [ 出典 ] 川崎重工業

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

サイバーリスク保険 【ファーストプレイス】 サイバーリスク保険 【ファーストプレイス】 ビジネスチャンスをつかむ糸口、「名刺」の正しいデータ活用法 【サンブリッジ】
その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 SFA
費用対効果で見るサイバー攻撃対策、リスクゼロを目指すよりも確実な選択肢は? IT事業者が損害賠償請求された場合、保険加入でどこまで補償されるのか? ビジネス活動の糸口となる名刺。社内共有の取り組みが盛んになってきたが、そこで満足する企業も多い。本来の目的である営業活動の最適化、売り上げ拡大に必要な視点とは。

新着特集


「Googleカレンダー」を使うと、どのようにスケジュールを管理できるのだろうか。今回は、Googl…



インクジェットプリンタの2016年国内出荷台数は443万台。4年連続で減少が続く結果となった。



クラウド型ERP、使うにはどんな準備が必要? サービス提供者に頼める作業はどんなものがある? スケジ…


新着セミナー

<名古屋開催>物流業務における「働き方改革」のヒント 【日本電気/共催:NECネクサソリューションズ/アビームコンサルティング】  

開催日 7月6日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

昨今物流現場では「人不足」、「長時間労働」といった作業員の働き方や管理が課題となっており、見直しが迫られています。NECはこれまでの事例、ご提供するサービスの紹…

テレワークセミナーin福岡 【九州通信ネットワーク】  

開催日 7月20日(木)   開催地 福岡県   参加費 無料

「働き方改革」に関して、環境はあるが定着していない・検討段階で頓挫したとの声をよく耳にします。今回のセミナーでは、「ルール整備・風土作り・しくみ導入」の勘所を、…

IPv6対応セミナー(金沢) 【日本ネットワークインフォメーションセンター】 締切間近 

開催日 7月6日(木)   開催地 石川県   参加費 無料

日本においても、この1年でIPv6インターネットへの対応が着実に進んでおり、NTT東日本、西日本が提供するフレッツ光ネクストのIPv6契約率が2017年3月末時…

このページの先頭へ

水素液化/国産技術で水素液化、量産時30円で提供可能」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「水素液化/国産技術で水素液化、量産時30円で提供可能」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008503



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ