この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

L2/L3スイッチ

2016/02/16


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、L2/L3スイッチのシェア情報をご紹介しよう。

 富士キメラ総研の調べによれば、2015年度の国内L2/L3スイッチの市場規模は、1819億円で、その内ハードウェアが1815億円、ソフトウェアが4億円と見込まれている。
 当該市場は従来、専用ASICやネットワークプロセッサ、専用OSをベースにハードウェアとして提供されており、現状ほぼハードウェアとなっている。
 ベンダ別の市場占有率(金額ベース/見込)を見ると、1位のベンダが34.6%でシェアトップを維持している。2位は10.9%。3位は9.9%で、移動体通信キャリアの投資抑制により、販売は微減となる見通し。4位は6.8%。5位も同じく6.8%で、アンマネージド製品での大型案件に加えシャーシ型の販売も徐々に拡大し、好調に推移すると見込まれている。6位は4.8%で、ライフタイム保証を訴求点に他社からのリプレース需要を獲得し好調。7位は3.6%で、PoE対応製品の販売が好調で販売が年々拡大している。
 近年、通信キャリアにおいて、サービスインフラを統一のプラットフォーム上に仮想アプライアンスとして構成することで、コスト削減、運用管理の一元化、新サービス向けインフラ構築の迅速化などを実現するNFV導入に向けた動きが出てきており、今後ソフトウェア比率が緩やかに増加していくと考えられている。更に、CPUメーカー側でも高速な処理を実現するCPUの開発を進める動きがあり、CPUの性能向上スピード次第では、ソフトウェア製品の市場拡大が前倒しになる可能性もある。

L2/L3スイッチシェア

L2/L3スイッチシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

L2/L3スイッチ/「L2/L3スイッチ」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「L2/L3スイッチ」関連情報をランダムに表示しています。

L2/L3スイッチ」関連の製品

Apresia13000シリーズ 【日立金属】 PAS-K シリーズ 【パイオリンク】 Apresia5400シリーズ 【日立金属】
ネットワークスイッチ ADC/ロードバランサ ネットワークスイッチ
認証スイッチの先駆者的な存在。高度に進化した企業ネットワーク向けに、セキュリティ管理やQoS機能を搭載しつつ、ローコストを実現した純国産の次世代L2、L3スイッチ。 PAS-Kシリーズは、負荷分散機能とセキュリティのための高性能処理、及び、拡張性を高めるために設計されたアドバンストADC製品。 認証スイッチの先駆者的な存在。高度に進化した企業ネットワーク向けに、セキュリティ管理やQoS機能を搭載しつつ、ローコストを実現した純国産の次世代L2、L3スイッチ。

L2/L3スイッチ」関連の特集


障害発生時に待機系に切り替わらない!2次被害が!そんな状況に陥る前に、L2・L3スイッチに経路など冗…



1814億円規模と見込まれる、2014年度のL2/L3スイッチ市場。実績が高くサポート面でも強みを持…



国内の名だたるスイッチベンダによる本格活用も始まった「OpenFlow」。ネットワーク界の新常識をわ…


「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

L2/L3スイッチ/ 「L2/L3スイッチ」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「L2/L3スイッチ/ 「L2/L3スイッチ」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008489


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ネットワークスイッチ > ネットワークスイッチの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ