「インクジェットプリンター/MFP」シェア

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

インクジェットプリンター/MFP(複合機)

2016/02/02


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、IDC Japanの情報を元に、インクジェットプリンター/MFP(複合機のシェア情報をご紹介しよう。

 IDC Japanの調べによれば、2015年第3四半期(7〜9月)の、最大用紙サイズA4判以上のインクジェットプリンター(単機能製品)/MFP(複合機)の国内出荷台数は、前年同期比5.1%減の113万8000台であった。その内、プリンターが同比9.8%減の14万台、MFPが同比4.5%減の99万8千台であった。
 前四半期比では、MFPが22.2%増と2四半期連続で持ち直している。プリンターは1.3%減であったが減少幅は2四半期連続で縮小していて、市場が長期的な縮小傾向にある中で、ベンダ各社が実施した価格政策が一定の効果を上げた結果とみられている。
 ベンダ別の市場占有率(出荷台数ベース)を見ると、第1位のベンダが47.9%、2位が39.2%、3位が9.0%、4位が3.2%で、上位4社で国内市場の99.3%を占めた。前四半期比では、上位2ベンダが伸び、3位はやや減少、4位は規模では少ないながら約2倍の台数を記録した。
 8〜9月に主要ベンダから新製品の発表があったが、一部のベンダで新機種数を例年の約半数に絞る動きや、宣伝広告の抑制が見られた。一方、家庭/女性ユーザ向けにデザイン性を高めた機種や、スマホの写真撮影アプリとの連携機能を高めた機種を発売するベンダの動きが見られた。これらは価格政策からの脱却を図ろうとするベンダの姿勢の表れであり、この施策転換の動きの成否が今後のインクジェット製品市場を左右する可能性があるとみられている。

インクジェットプリンター/MFP(複合機)国内ベンダー別出荷台数シェア

インクジェットプリンター/MFP(複合機)国内ベンダー別出荷台数シェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

インクジェットプリンター/「インクジェットプリンター/MFP」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「インクジェットプリンター」関連情報をランダムに表示しています。

インクジェットプリンター」関連の製品

印刷イメージログ監視システム 「PrintInsight」 【ギガ+他】
統合ログ管理
印刷された文書の情報をすべて取得、保管し、その情報を把握・分析することで、印刷物からの情報漏洩を効果的に抑止する、紙媒体に特化したセキュリティソリューション。

インクジェットプリンター」関連の特集


2012年、105億円となったイメージスキャナ市場。モバイルユーザ向けの需要開拓が進められている同市…



「第三の産業革命」とまで言われるほどの潜在力を持つ3Dプリンタ。国内ベンダ動向やその用途など市場動向…



つるつるのディスプレイにボタンの存在を感じさせる…そんな触覚フィードバックの技術「ハプティクス」がV…


「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

インクジェットプリンター/ 「インクジェットプリンター/MFP」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「インクジェットプリンター/ 「インクジェットプリンター/MFP」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008487


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ