企業におけるITへの投資状況(2015年)・後編(ユーザ部門編)

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

企業におけるITへの投資状況(2015年)・後編(ユーザ部門編)

2016/03/03


 キーマンズネットは2015年11月19日〜30日にわたり、「企業におけるIT投資状況」に関するアンケートを実施した。全回答者数1,083名のうち、情報システム部門(導入・検討や運用に関わる立場)の担当者は約43%、一般部門で導入・検討に関わる立場の担当者が約15%、一般部門のユーザが約42%という内訳となった。
 例えばパブリッククラウドサービスは、安価な月額料金でユーザ部門が直接利用できるものとしても注目度が高く、サービスベンダ各社がそのメリットを打ち出しており、実際にユーザ部門でも導入が始まっている。そこで後編では、ユーザ部門独自のIT予算に注目しよう。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「IaaS/PaaS/企業におけるITへの投資状況(2015年)・後編(ユーザ部門編)」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「IaaS/PaaS/企業におけるITへの投資状況(2015年)・後編(ユーザ部門編)」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

現場のニーズに応えるためのユーザ部門独自のIT予算はほとんど変化なし

 ユーザ部門独自のIT予算の有無について尋ねたところ、27.9%の企業で「存在する」という回答を得た(図1-1)。この割合は、2015年度の同調査からほとんど変化していない。

 組織の規模別の数字を見てみると、やはり1001名以上の大企業でユーザ部門独自の予算を持つ割合が増え、40.1%という数字となっている一方で、100名以下の中小企業では「存在しない」が62.7%に上っている。規模の大きい組織ではIT部門による統制を効かせた上で、細かなIT機器の購入に関してはユーザ部門で独自に判断できる予算を持つケースが多いようだ。
 業種別で見てみると、「流通・サービス業」では他業種に比べて「存在しない」(62.7%)という回答が多かった。多くのスタッフが社外や小売店舗などで働き、人員の入れ替え自体も多いため、IT部門が全体を統制しているものと想像できる。  

 ユーザ部門独自のIT予算を持つ理由については、「現場のIT化ニーズやシステム化要件に対応するため」(64.2 %)という回答が突出して多かった(図1-2)。IT部門の人材・スキル・知識の不足という回答は比較的小さく、現場のニーズへ柔軟かつ迅速に応えるためにユーザ部門が主導するケースが多いことが分かる。  

 将来的なユーザ部門独自のIT予算については、「増加すると思う」が13.8%、「減少すると思う」が14.7%で、「変わらないと思う」が71.5%で最も多かった。規模別で内訳を見てみると、1001名以上の企業で「減少すると思う」(19.8%)あるいは「増加すると思う」(17.4%)が、中堅中小企業と比べ大きめの数字を示し、差が出る結果となった。一方、業種別では大きな数字の違いはなく、トレンドは見られなかった。

図1 ユーザ部門独自のIT予算の有無・理由

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 ユーザ部門独自のIT予算の有無・理由

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

IaaS/PaaS/企業におけるITへの投資状況(2015年)・後編(ユーザ部門編)」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS/PaaS」関連情報をランダムに表示しています。

IaaS/PaaS」関連の製品

NIFTY Cloud/ニフティクラウド(パブリック型クラウドサービス) 【富士通クラウドテクノロジーズ】 IBM i上の基幹システムをクラウドへ移行する5つのポイント 【日本情報通信】 「クラウドはムリ」と諦めていた、企業システムのためのIaaS 【日本オラクル】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS
国内最大級!5,000件以上の導入実績を誇るパブリッククラウド
◆卓越したパフォーマンスと信頼性・柔軟性
◆24h/365日対応の電話サポート
◆使いやすいコントロールパネル
長年にわたり「IBM i(AS/400)」で運用し続けてきた基幹システムは、まさに自社の業務ノウハウの結集だ。経営に欠かせないこの重要資産を今後も生かしていく道とは。 パブリッククラウドへ移行したいが、性能やライセンス、セキュリティ課題が原因で移行できないシステムはないだろうか。こうした壁を取り払う「第2世代のIaaS」とは。

IaaS/PaaS」関連の特集


2017年になってもクラウドに心理的不安を抱える人はまだまだ減らない? その理由は? クラウド利用に…



2015年は263億円の市場規模だった同市場。データの蓄積と分析とのソリューション提供に注力する占有…



 クラウドサービスと言っても、IaaS(イアース)PaaS(パース)SaaS(サース)とよく似た名前…


IaaS/PaaS」関連のセミナー

AWSが選ばれている“理由”と選んだ企業の“生の声” 【主催:ソニーネットワークコミュニケーションズ 共催:アマゾン ウェブ サービス ジャパン】 注目 

開催日 10月27日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

AWSスターターを対象に導入のキホンを分かりやすく紹介し好評の本セミナー。AWSがダントツの理由やAWSの最新トピックは?などについて直接聞くことができるチャン…

JRCA承認 ISO/IEC 27017審査員コース 【BSI グループジャパン】  

開催日 10月25日(水)〜10月26日(木),12月11日(月)〜12月12日(火),2月22日(木)〜2月23日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 12万9600円(税込)

2015年 ISOよりクラウドサービス利用のための情報セキュリティマネジメントガイドラインISO/IEC 27017が発行されました。これにより、ISO/IEC…

JRCA登録CPD ISO 27017に基づくクラウドセキュリティ解説コース 【BSIグループジャパン】  

開催日 10月16日(月),12月6日(水),2月2日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 4万932円(税込)

ISOより2015年新たにクラウドサービス利用のための情報セキュリティマネジメントガイドラインISO/IEC 27017が発行されました。ISO/IEC 270…

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

IaaS/PaaS/ 企業におけるITへの投資状況(2015年)・後編(ユーザ部門編)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IaaS/PaaS/ 企業におけるITへの投資状況(2015年)・後編(ユーザ部門編)」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008474


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ