この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

ストレージの利用状況(2015年)前編

2016/02/10


 キーマンズネットでは、2015年11月11日〜11月25日にかけて、「ストレージの利用状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:300件)。回答者の構成比は、情報システム部門が45.7%、一般部門が54.3%だった。

 今回はストレージの利用状況について伺った調査結果を前後編の2回に渡りお届けする。前編でお聞きしたのは、オンラインストレージ/クラウドストレージの「重視するポイント」や「利用用途」など、オンラインストレージ/クラウドストレージストレージの利用状況を把握するための質問。その結果、全体で31.4%の企業が利用していることが明らかとなった。

 なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「ストレージ/ストレージの利用状況(2015年)前編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ストレージ/ストレージの利用状況(2015年)前編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

企業規模が大きくなるほど、不安感が強くなるオンラインストレージ

 はじめに、オンラインストレージ/クラウドストレージの利用状況を尋ねた。その結果、1位は「利用していないし、今後の利用もない」で54.7%、2位は「企業で指定された有料サービスを利用している」で23.7%、3位は「利用していないが新規で利用を検討している」で10.3%、4位は「企業で指定された無料サービスを利用している」で7.7%、5位は「企業で指定されていないがサービスを利用している」で3.7%と続いた。整理すると、利用していない企業は68.7%、利用している企業は31.4%となった。

 合わせて、利用していない方に対し、オンラインストレージ/クラウドストレージを利用しない理由を聞いてみたところ「情報が流出しないか不安」が62.7%、「データ消失のリスクがある」が38.7%、「ファイルサーバを利用しているため」が31.3%、「管理者がいない」が20.0%、「運用コストが高い」が19.3%と続いた(図1)。

 この結果を従業員規模別に見たところ、1001名以上の大企業では69.2%、101〜1000名以下の中堅企業では67.7%が、情報が流出する不安感を持っていることに対し、100名以下の中小企業では44.4%となり、差の開く結果となった。このことから、ストレージサービスを利用していない企業は、セキュリティリスクを回避するためにストレージの使用を避けているものの、企業規模が小さくなればなるほど意識に差があった。

図1 オンラインストレージ/クラウドストレージを利用しない理由(複数回答)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 オンラインストレージ/クラウドストレージを利用しない理由(複数回答)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ストレージ/ストレージの利用状況(2015年)前編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ストレージ」関連情報をランダムに表示しています。

ストレージ」関連の製品

無停止型サーバ「ftServer」ファミリ 【日本ストラタステクノロジー】 セキュアな大容量ファイル転送・共有サービス「Active! drive SS」 【クオリティア】 ソフトウェアFT「Stratus everRun」 【日本ストラタステクノロジー】
PCサーバ オンラインストレージ/ファイルストレージ クラスタリング
「インテルXeonプロセッサ E5-2600v3シリーズ」を搭載した無停止型サーバ。仮想化システム/クラウド/DBサーバなど、ミッションクリティカルなシステムに高い可用性を提供。 ビジネス利用を前提に設計された大容量ファイル転送サービスとオンラインストレージサービス。高いセキュリティ性と使いやすさを兼ね備え、低コストでの導入を可能とした。 2台1組のPCサーバでフォールト トレラント(FT)システムを実現。簡単・堅牢・安価に高信頼性仮想化システムを実現する可用性ソリューション。

ストレージ」関連の特集


増え続けるストレージの管理にお困りでは?運用管理コストや電気代などの節約に効く、ストレージを効率よく…



ストレージ仮想化の現状と、今後大きく変貌すると予想される企業データ管理のあり方を専門アナリストが徹底…



仏教的な名前ながら、実は英国生まれのXen。高性能なオープンソースの仮想マシンソフトとして世界の熱い…


ストレージ」関連のセミナー

Japan Storage Vision 2017 【インターナショナルデーターコーポレイションジャパン】 注目 

開催日 2月14日(火)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

ストレージ市場ではクラウド、コンバージェンス(統合)、フラッシュ、Software-Definedへのシフトが大きな潮流となっています。この潮流の変化の中で、オ…

Linux-HAによるクラスタおよびバックアップシステム構築 【サードウェア】  

開催日 2月7日(火)〜2月9日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 23万2200円(税込)

Linux-HAによるクラスタおよびバックアップシステム構築(有償、3日間コース)DRBD+Corosync+Pacemakerによる最新Linuxクラスタを習…

NetApp Innovation 2017 Nagoya 【ネットアップ】  

開催日 2月15日(水)   開催地 愛知県   参加費 無料

弊社ではあらゆるIT 戦略に高い付加価値をもたらすことができるデータ管理のビジョン「データ ファブリック」を提唱しております。本イベントでは最新の戦略や技術情報…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ストレージ/ ストレージの利用状況(2015年)前編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ストレージ/ ストレージの利用状況(2015年)前編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008473


IT・IT製品TOP > ストレージ > オンラインストレージ/ファイルストレージ > オンラインストレージ/ファイルストレージのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ