この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

ストレージの利用状況(2015年)前編

2016/02/10


 キーマンズネットでは、2015年11月11日〜11月25日にかけて、「ストレージの利用状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:300件)。回答者の構成比は、情報システム部門が45.7%、一般部門が54.3%だった。

 今回はストレージの利用状況について伺った調査結果を前後編の2回に渡りお届けする。前編でお聞きしたのは、オンラインストレージ/クラウドストレージの「重視するポイント」や「利用用途」など、オンラインストレージ/クラウドストレージストレージの利用状況を把握するための質問。その結果、全体で31.4%の企業が利用していることが明らかとなった。

 なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「ストレージ/ストレージの利用状況(2015年)前編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ストレージ/ストレージの利用状況(2015年)前編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

企業規模が大きくなるほど、不安感が強くなるオンラインストレージ

 はじめに、オンラインストレージ/クラウドストレージの利用状況を尋ねた。その結果、1位は「利用していないし、今後の利用もない」で54.7%、2位は「企業で指定された有料サービスを利用している」で23.7%、3位は「利用していないが新規で利用を検討している」で10.3%、4位は「企業で指定された無料サービスを利用している」で7.7%、5位は「企業で指定されていないがサービスを利用している」で3.7%と続いた。整理すると、利用していない企業は68.7%、利用している企業は31.4%となった。

 合わせて、利用していない方に対し、オンラインストレージ/クラウドストレージを利用しない理由を聞いてみたところ「情報が流出しないか不安」が62.7%、「データ消失のリスクがある」が38.7%、「ファイルサーバを利用しているため」が31.3%、「管理者がいない」が20.0%、「運用コストが高い」が19.3%と続いた(図1)。

 この結果を従業員規模別に見たところ、1001名以上の大企業では69.2%、101〜1000名以下の中堅企業では67.7%が、情報が流出する不安感を持っていることに対し、100名以下の中小企業では44.4%となり、差の開く結果となった。このことから、ストレージサービスを利用していない企業は、セキュリティリスクを回避するためにストレージの使用を避けているものの、企業規模が小さくなればなるほど意識に差があった。

図1 オンラインストレージ/クラウドストレージを利用しない理由(複数回答)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 オンラインストレージ/クラウドストレージを利用しない理由(複数回答)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ストレージ/ストレージの利用状況(2015年)前編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ストレージ」関連情報をランダムに表示しています。

ストレージ」関連の製品

グローバル共通の情報共有基盤で実現、資生堂の働き方・コミュニケーション改革 【Box Japan+他】 従来型のHCIに柔軟性と拡張性を与えることで、運用効率をアップする方法とは 【ネットアップ】 AI技術と自動化でデータセンターの運用はここまで「自律化」する 【日本ヒューレット・パッカード】
オンラインストレージ/ファイルストレージ 垂直統合型システム NAS
グローバル共通の情報共有基盤で実現、資生堂の働き方・コミュニケーション改革 従来型のHCIに柔軟性と拡張性を与えることで、運用効率をアップする方法とは IoTとAIを活用したITインフラの予防保全と運用自動化に10年近く取り組んでいるエンジニアに、これからのデータセンターの話を聞いた。

ストレージ」関連の特集


2008年度には対前年比94.8%増の約85億800万円に成長すると予測される「SIerにおける仮想…



近年では社内データの管理や大容量データのやりとりなどを低コストで行う目的で導入する企業も多く、法人を…



実はROIが高く業務活用に適しているデスクトップ仮想化。業務にあった“方式”を選択できればコスト高に…


ストレージ」関連のセミナー

DRBD入門セミナー(受講無料、半日コース) 【サードウェア】  

開催日 5月23日(水),6月7日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

DRBDの機能と特徴、高可用クラスタ、災害対策、ストレージソリューションなどの活用シーンを、講義形式で紹介します。<コース内容>・DRBDバージョン8  DRB…

最新版Logstorageのご紹介セミナー 【インフォサイエンス】 締切間近 

開催日 5月17日(木),5月24日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

■第1部『最新版Logstorgeのご紹介』  13:30〜15:30 ログ活用の事例を交えながら、統合ログ管理システムLogstorage最新版の機能をご紹介…

ハイパフォーマンス・ソフトウェア・カンファレンス 福岡 【エクセルソフト】  

開催日 6月1日(金)   開催地 福岡県   参加費 無料

科学、工業、商業、クラウドで利用されるソフトウェアには、より高いパフォーマンスが求められています。高速なソフトウェアを開発するためには、コア数とベクトルの幅の増…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ストレージ/ ストレージの利用状況(2015年)前編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ストレージ/ ストレージの利用状況(2015年)前編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008473


IT・IT製品TOP > ストレージ > オンラインストレージ/ファイルストレージ > オンラインストレージ/ファイルストレージのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ