企業におけるログの管理状況(2015年)後編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

企業におけるログの管理状況(2015年)後編

2016/02/02


 キーマンズネットでは、2015年11月5日〜11月20日にかけて「企業におけるログの管理状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:332)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門(従業員のインターネット利用を管理する立場)が全体の30.1%、一般部門が69.9%という構成比であった。
 前編では、ログの管理状況やその管理目的、ログの確認頻度などを伺ったが、中小企業の5割以上がログを収集、または管理していない事実が明らかとなった。
 今回の後編でお聞きしたのは、「ログの取得、管理方法」や「ログ取得後の問題点」「問題発見の有無とその内容」など、ログの利用状況を把握するための質問。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「ログ管理/企業におけるログの管理状況(2015年)後編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ログ管理/企業におけるログの管理状況(2015年)後編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

“無償の統合ログ管理ツール”が人気?4割の企業で導入の意向

 まず、ログを取得または管理している企業に「ログの取得、管理方法」を伺った。その結果1位が「統合ログ管理ツール(有償)」で67.9%、2位が「各種システム・製品に特化したログ管理ツール」で29.6%、3位が「各種システム・製品のログ管理機能」で18.5%、4位が「統合ログ管理ツール(無償)」で7.4%、5位が「各種フォレンジックツール」で3.7%と続いた(図1-1)。

 一方、導入予定の方の管理方法も1位は同じく「統合ログ管理ツール(有償)」で63.6%、2位が「統合ログ管理ツール(無償)」で40.9%、3位が「各種システム・製品のログ管理機能」で25.0%、4位が「各種システム・製品に特化したログ管理ツール」で22.7%、5位が「各種フォレンジックツール」で9.1%と続いた(図1-2)。既に導入している企業では有償版の統合ログ管理ツールや、システム・製品に特化したログ管理ツールを導入している企業が多く、無償版の統合ログ管理ツールを導入している企業は7.4%に留まったが、今後導入を検討している企業では40.9%が無償版の統合ログ管理ツール、25%が各種システム・製品のログ管理機能を活用したいと回答している。実際、いくつかの統合ログ管理ツールベンダから無償版のツールがリリースされており、機能の一部は限定されているものの、ログの取得や検索、レポート出力が可能になってきている。そのためベンダ側はログの監視や取得後の分析、活用方法などのコンサルティングサービスで差別化を図る傾向になってきており、これらが無償版の統合ログ管理ツールの導入意向の高さに現れているのかもしれない。

図1 ログの取得、管理方法(導入済み・導入予定)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 ログの取得、管理方法(導入済み・導入予定)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ログ管理/企業におけるログの管理状況(2015年)後編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ログ管理」関連情報をランダムに表示しています。

ログ管理」関連の製品

IT資産管理ソフトSS1<System Support best1> 【ディー・オー・エス】 10年後も戦える、販売管理システムの進化系とは何か 【富士通マーケティング】 ログ管理ツール『ALog SMASH』 【網屋】
IT資産管理 販売管理システム 統合ログ管理
IT機器などの最新情報をリアルタイムに把握・可視化し、資産・セキュリティ・ログの管理を効率化する。新機能のソフトウェア資産管理機能でコンプライアンス強化も支援。 販売管理システムは「カスタマイズありきで、どれを選んでも変わらない」と見切ってしまうのは早計だ。事業継続に沿って使い続けられる製品がある。 サーバにある重要データに「いつ、誰が、何をしたか」を記録する製品。対象サーバに直接インストールするため、ログサーバが不要。PCへのエージェントインストールも不要。

ログ管理」関連の特集


内部統制の手助けとなるワークフローツール。基礎解説に加え、より業務を効率化できるモバイル決裁など、最…



単なる“切り替え機”だけだと思っていませんか?今回は工夫次第で広がるKVMスイッチの具体的な“活用シ…



従業員規模1万名以上の大手企業だけでなく、数千名規模の企業でも導入が進むシングルサインオン。市場占有…


ログ管理」関連のセミナー

標的型攻撃対策の見直しポイント発見セミナー 【主催:アシスト 】  

開催日 11月22日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

巧妙化する標的型攻撃には、マルウェア侵入を前提とした多層防御が必要です。多層防御には、何を実施し何を実施しないかの取捨選択が常に必要となります。本セミナーでは、…

事例から学ぶ特権ID・監査ログ管理実践セミナー 【NRIセキュアテクノロジーズ】  

開催日 10月5日(木),11月2日(木),12月6日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

IT全般統制の不備に対する監査法人からの指摘への対応、PCI DSS認定時のアクセス管理要件への適応、リモート作業時のアクセス制御・ログ取得など、現在様々な要件…

標的型攻撃対策の見直しポイント発見セミナー 【主催:アシスト 】  

開催日 12月15日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

巧妙化する標的型攻撃には、マルウェア侵入を前提とした多層防御が必要です。多層防御には、何を実施し何を実施しないかの取捨選択が常に必要となります。本セミナーでは、…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ログ管理/ 企業におけるログの管理状況(2015年)後編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ログ管理/ 企業におけるログの管理状況(2015年)後編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008471


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合ログ管理 > 統合ログ管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ