バックアップシステムの投資額算定基準とは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/12/25

意外に知らないストレージの基礎を確認

自己紹介
吉政創成株式会社 吉政 忠志
主な経歴
吉政創成株式会社の代表取締役 兼 一般社団法人PHP技術者認定機構の理事長 兼 BOSS-CON JAPANの理事長 兼 Rails技術者認定試験運営委員会の委員長。国産ITベンチャー企業の支援に一念…

バックアップシステムの投資額算定基準とは

私はもともとBCPのコンサルタントや社内のBCP・BCM担当者ではなかったのですが、数年前BCPに関する製品の営業を担当したことがあり、そのご縁で年間40回以上もBCPガイドラインの解説をセミナー等で行ってきました。今はBCP関連の会社を退職し独立しましたが、講演やコラムを今でも行うことがあります。
今日はその時の知識をもとに、極力簡単にバックアップシステムへの算定基準を解説します。この方法は厳密には違う場合も出てきますので、あくまで参考例としてお考えください。また実践される場合は自己責任でお願い致します。

ちなみに、当時、BCPや災害対策が市場をにぎわせていた際によく言われていたのが、「バックアップ用のシステムはお金をかければかけるほど良いものができるのが分かりますが、最適な投資をしたいので、一般的なものでまずはお見積もりしてほしい」というものでした。
一般的なお見積もりといってもお客様によってシステムの内容も意味合いも違ってくるので、一般的なお見積もりをするほうも大変ですよね。お客様も当然そのあたりは分かっているのですが、稟議を上げると、必ず「他社はどうなの?」とか「これは一般的にいってどうなの?」と担当役員に聞かれることが多いのだそうです。
ちなみに、綿密な基準が必要な場合は、BCPコンサルタントの会社に入っていただければかなり良いものができます。

今回はそこまでいかなくても、まずはざっくり知りたいという方向けの計算式を後半でご紹介します。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

バックアップ/バックアップシステムの投資額算定基準とは」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップ」関連情報をランダムに表示しています。

バックアップ」関連の製品

Vormetric暗号化/トークナイゼーション 【タレスジャパン】 隣の会社はこう課題解決をしている ITツール活用“あるある集” 【KDDI株式会社】 クラウドバックアップサービス 【NEC】
暗号化 グループウェア バックアップサービス
ファイルサーバ・データベース・クラウドといった環境における機密情報の暗号化/トークン化ソリューション。情報漏えいを防ぎ、企業の情報セキュリティを向上する。 隣の会社はこう課題解決をしている ITツール活用“あるある集” パブリッククラウド(Windows Azure)を利用することでコストを抑えつつ、NECのサービス提供・サポートにより、安心して使える遠隔地バックアップサービス。

バックアップ」関連の特集


データ量は増え続ける見込みなのに、いつまで既存ファイルサーバの拡張で耐えるつもり? いま、ファイルサ…



本当に使えるBCPとは何か?今回は領域の違うITベンダが座談会を実施。BCP策定のポイントを探ります…



「IP-VPN VS 広域イーサネット」という新型WAN戦線に変化が!広域イーサネットのデメリットが…


バックアップ」関連のセミナー

AWSが選ばれている“理由”と選んだ企業の“生の声” 【主催:ソニーネットワークコミュニケーションズ 共催:アマゾン ウェブ サービス ジャパン】 注目 

開催日 10月12日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

AWSスターターを対象に導入のキホンを分かりやすく紹介し好評の本セミナー。AWSがダントツの理由やAWSの最新トピックは?などについて直接聞くことができるチャン…

シスコの爆速堅牢なハイパーコンバージドインフラご紹介セミナー 【ネットワールド】 注目 

開催日 10月6日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

 今現在のインフラ基盤は物理から仮想化へ移行し、サーバ仮想化統合やVDI、プライベートクラウドへと発展してきました。しかし、ストレージリソースの容量やパフォーマ…

シスコの爆速堅牢なハイパーコンバージドインフラご紹介セミナー 【ネットワールド】 注目 

開催日 10月5日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

 今現在のインフラ基盤は物理から仮想化へ移行し、サーバ仮想化統合やVDI、プライベートクラウドへと発展してきました。しかし、ストレージリソースの容量やパフォーマ…

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

バックアップ/ バックアップシステムの投資額算定基準とは」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「バックアップ/ バックアップシステムの投資額算定基準とは」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008461


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ