バックアップシステムの投資額算定基準とは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/12/25

意外に知らないストレージの基礎を確認

自己紹介
吉政創成株式会社 吉政 忠志
主な経歴
吉政創成株式会社の代表取締役 兼 一般社団法人PHP技術者認定機構の理事長 兼 BOSS-CON JAPANの理事長 兼 Rails技術者認定試験運営委員会の委員長。国産ITベンチャー企業の支援に一念…

バックアップシステムの投資額算定基準とは

私はもともとBCPのコンサルタントや社内のBCP・BCM担当者ではなかったのですが、数年前BCPに関する製品の営業を担当したことがあり、そのご縁で年間40回以上もBCPガイドラインの解説をセミナー等で行ってきました。今はBCP関連の会社を退職し独立しましたが、講演やコラムを今でも行うことがあります。
今日はその時の知識をもとに、極力簡単にバックアップシステムへの算定基準を解説します。この方法は厳密には違う場合も出てきますので、あくまで参考例としてお考えください。また実践される場合は自己責任でお願い致します。

ちなみに、当時、BCPや災害対策が市場をにぎわせていた際によく言われていたのが、「バックアップ用のシステムはお金をかければかけるほど良いものができるのが分かりますが、最適な投資をしたいので、一般的なものでまずはお見積もりしてほしい」というものでした。
一般的なお見積もりといってもお客様によってシステムの内容も意味合いも違ってくるので、一般的なお見積もりをするほうも大変ですよね。お客様も当然そのあたりは分かっているのですが、稟議を上げると、必ず「他社はどうなの?」とか「これは一般的にいってどうなの?」と担当役員に聞かれることが多いのだそうです。
ちなみに、綿密な基準が必要な場合は、BCPコンサルタントの会社に入っていただければかなり良いものができます。

今回はそこまでいかなくても、まずはざっくり知りたいという方向けの計算式を後半でご紹介します。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

バックアップ/バックアップシステムの投資額算定基準とは」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップ」関連情報をランダムに表示しています。

バックアップ」関連の製品

NTTデータグループがバックアップの大改革で得た4つのメリットとは? 【Commvault Systems Japan】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 改正個人情報保護法、中堅・中小企業が覚えておきたい「情報の守り方」 【ミロク情報サービス】
バックアップツール データベースソフト ERP
NTTデータグループがバックアップの大改革で得た4つのメリットとは? ユーザー部門のシステム自前導入は危険 Webデータベース導入で運用を改善 改正個人情報保護法が2017年5月30日に全面施行となり、小規模事業者も法の対象となった。まずはどんな対策を講じるべきか。法改正の背景から、具体的な対応まで解説する。

バックアップ」関連の特集


一般企業での導入例も見えてきたネットワーク仮想化。しかし、複数方式が並立し、コスト効果が分かりにくく…



サーバ仮想化を行う前に確認しておきたい事項から、実際に製品選択を行う時に気をつけたいポイントまで、ま…



東日本大震災で電力不安を体験した企業の多くは「UPS(無停電電源装置)」の見直しを図った。あれから数…


バックアップ」関連のセミナー

移行/運用/監視…AWSを確実に軌道にのせる全ステップを公開 【主催:ソニーネットワークコミュニケーションズ 共催:アマゾン ウェブ サービス ジャパン/サイオステクノロジー】 注目 

開催日 12月8日(金)   開催地 愛知県   参加費 無料

設計・構築からデータの移行を経てその後の運用・監視まで、AWSを軌道に乗せるまでの全ステップを俯瞰し、AWSビギナーがつまづきがちなポイントをどうクリアすればよ…

Zabbix 3.0 認定スペシャリストコース 【Zabbix Japan】  

開催日 11月29日(水)〜12月1日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 16万2000円(税込)

システム監視のオープンソース化が加速している今、注目を集めているツール、Zabbixの最新版 Zabbix 3.0の公式研修です。受講によりZabbix社から認…

即効性のあるストレージコスト削減術とは 【オーシャンブリッジ】  

開催日 11月29日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ストレージコストは年々増加していませんか?ある調査では、Officeファイルや画像、動画、スキャンデータなどの「電子データ」の増加に比例し、企業のストレージ支出…

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

バックアップ/ バックアップシステムの投資額算定基準とは」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「バックアップ/ バックアップシステムの投資額算定基準とは」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008461


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ