【第4回】電波干渉の影響と測定時の注意点

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/12/25

なぜ遅い? 無線LANトラブルの原因と解決方法

自己紹介
シーティーシー・テクノロジー株式会社 川崎 一人
主な経歴
SIベンダーにて、インフラ設計・構築や新規ネットワークソリューション開発に従事。その後、CTCテクノロジーにてITエンジニア向け研修サービスのインストラクターを担当。PaloAlto Networks…

【第4回】電波干渉の影響と測定時の注意点

前回のコラムで、無線LANにおいて高速通信を行うための条件として、
次の2つを紹介しました。

条件1:電波強度が良好であること
条件2:電波干渉が発生していないこと

また、1つ目の条件に関して、「良好な電波強度はどれくらいか?」を検討するうえで、
無線LAN機器の「受信感度」が参考になることをお伝えしました。
今回のコラムでは、2つ目の条件で挙げている「電波干渉」が無線LAN通信に与える
影響と、干渉の影響を測定する際の注意点について紹介します。


1

電波干渉が無線LAN通信に与える影響は?

まずは、図6をご覧下さい。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

無線LAN/【第4回】電波干渉の影響と測定時の注意点」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

無線LAN」関連の製品

アクセスポイントACERA+無線ネットワーク管理システムUNIFAS 【フルノシステムズ】 モバイルPC 盗難・紛失対策サービス 【日立ソリューションズ】 FortiGate 【図研ネットウエイブ】
無線LAN MDM UTM
アクセスポイント「ACERA」と管理ソフトウェア「UNIFAS」で構成される無線LANソリューション。機器は日本語GUI対応の国産製品。アクセスポイント1000台まで一括管理可能。 モバイルPCに対してリモートロックやリモートワイプ等によるセキュリティ対策を提供。盗難にあったPCの回収支援も行う。 ファイアウォールをはじめとした多彩なネットワークセキュリティを単一のアプライアンスで提供。独自開発プロセッサによる最高水準の性能と高コストパフォーマンスを両立。

無線LAN」関連の特集


セキュリティの高さ、安定度の高さに加え、Windowsとの互換性から注目を集めています!そんな「デス…



数年前から本格的なフレキシブルワークを実践、効果を出している日本マイクロソフト。その取り組みから成功…



営業秘密の漏洩経路…50.3%が“中途退職者”という事実。複雑化した「特権ID」、見て見ぬふりしてい…


無線LAN」関連のセミナー

【広島】法人向け文教・観光Wi-Fiセミナー 【バッファロー】 締切間近 

開催日 12月6日(火)   開催地 広島県   参加費 無料

バッファローのWi-Fiプロフェッショナルが、現在の市場動向を踏まえた当社ならではの文教・観光ソリューションを製品と共にご紹介し、皆様の皆様のビジネスに役立つ情…

【熊本】法人向け文教・観光Wi-Fiセミナー 【バッファロー】 締切間近 

開催日 12月8日(木)   開催地 熊本県   参加費 無料

バッファローのWi-Fiプロフェッショナルが、現在の市場動向を踏まえた当社ならではの文教・観光ソリューションを製品と共にご紹介し、皆様の皆様のビジネスに役立つ情…

【東京】法人向け文教・観光Wi-Fiセミナー 【バッファロー】  

開催日 12月16日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

バッファローのWi-Fiプロフェッショナルが、現在の市場動向を踏まえた当社ならではの文教・観光ソリューションを製品と共にご紹介し、皆様の皆様のビジネスに役立つ情…

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

無線LAN/ 【第4回】電波干渉の影響と測定時の注意点」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「無線LAN/ 【第4回】電波干渉の影響と測定時の注意点」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008454


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ