第2回:効果的に活用するための2つのステップ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/12/08

一歩先を行く!ヒヤリハット活用方法

自己紹介
ニュートン・コンサルティング株式会社 岩下 秀樹
主な経歴
横浜国立大学院工学研究科修了(工学修士)、ケースウエスタンリザーブ大学院修了(MBA) 大手セキュリティ会社においてセキュリティシステムの設計開発業務に従事後、米国に留学しMBAを取得。以後、外資系I…

第2回:効果的に活用するための2つのステップ

1.1

はじめに

 こんにちは。ニュートン・コンサルティングの岩下です。
 本コラムでは、「一歩先を行く!ヒヤリハットの活用方法」と題して、全3回に渡り、ヒヤリハットがうまく行かない理由、その原因と対策のポイント、実践事例等を判りやすく説明しています。肩の力を抜いてお付き合い下さい。

第1回目:意外に難しいヒヤリハットの有効活用

 前回は、ヒヤリハットの重要性について、ハインリッヒの法則の解説を交えながら、おさらいをしました。また、ヒヤリハットの有効活用がなぜ難しいのかについて、その大きな理由は、ヒヤリハットの情報の吸い上共有が難しいことにあると述べました。今回は、その原因、およびヒヤリハットを効果的に活用するための2つのステップについて示します。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

/第2回:効果的に活用するための2つのステップ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「」関連情報をランダムに表示しています。

「特定業種向けシステム」関連の製品

FUJITSU 流通業ソリューションProjectViz 【富士通】 介護事業所支援システム 「Care-wing(介護の翼)」 【ソフトバンク コマース&サービス】 SEALS融資システム 【SCSK】
特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム
プロジェクト全体を一元管理し、損益を見える化することで、プロジェクトリーダだけでなく経営層によるタイムリーな問題解決や経営判断を支援するソリューション。 スマートフォンとICタグを利用した介護事業所支援システム。ヘルパーが利用者のICタグにスマートフォンをかざすだけで勤務状況を正確に記録でき、ヘルパー賃金計算も自動。 融資の申込み/契約の登録/融資実行/請求/回収/延滞債権の管理/ 返済条件の変更/決算処理/各種照会など、企業融資の業務全般をサポート。
貸金業社版、生命保険会社版を用意。

「特定業種向けシステム」関連の特集


 2016年6月21日から23日、東京ビッグサイトにて世界最大級の“ものづくり”専門展「日本ものづく…



昨年はICタグブームの年であった。ウォル・マートのICタグ導入宣言など世界的なICタグ導入の気運が高…



訪日外国人の増加を見据え、カード決済への対応ニーズが高まっている。約3割のシェアを持つ1位のベンダー…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

/ 第2回:効果的に活用するための2つのステップ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「/ 第2回:効果的に活用するための2つのステップ」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008443


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 基幹系システム > 特定業種向けシステム > 特定業種向けシステムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ