新幹線で電力を2%節減、回転部分を減らす

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


新幹線で電力を2%節減、回転部分を減らす

本記事はモノづくりスペシャリストのための情報ポータル MONOist から転載しています。

JR東海は東海道新幹線の「周波数変換装置」を取り換えると発表した。神奈川県内の2カ所の設備に対して、事業費134億円を投じ、約8年間で工事を完了する。電力使用量を2%削減でき、メンテナンスコストも下がる。

日本の電力系統は東の50Hzと西の60Hzの2つに分かれている。太平洋側では静岡県が両方にまたがっており、富士川より東は50Hz、西は60Hzだ。このため、東京電力と中部電力の間には3カ所の周波数変換設備が置かれており、50Hzと60Hzの電力を必要に応じて相互に変換している。

自力で60Hzを作り出す

それでは両方の地域にまたがる鉄道はどうなっているのか。東海道新幹線は全線で60Hzの交流(2万5000V)を利用している(図1)。JR東海は周波数を変換する設備を自ら運用しており、富士川より東では電力会社から受けた50Hzの交流を使って、60Hzの交流を作り出している。ここに改善の余地があった。
 2014年11月、JR東海は東海道新幹線の「周波数変換装置」を取り換えると発表した。事業費134億円を投じ、約8年間で工事を完了する。
 目的は2つある。1つは周波数変換時の電力ロスを減らすこと。もう1つは定期点検に要する時間を短縮することで、より容易に安定輸送を実現することだ。いずれも運用コスト低減に役立つ。「装置の取り換えによって、電力使用量を2%削減できる見込みだ。電気料金の削減額に換算すると、年間数億円程度に相当する。定期点検の時間を短縮できる効果は費用に計算しにくいものの、投資対効果がある」(JR東海)*1)。

*1) 同社は車両側の消費電力低減に向けた開発も続けている。図1にあるN700Aは2013年2月から営業運転を開始した最新の車両。従来のN700系と比較して、東京、新大阪間を走行した場合、消費電力量が19%少ない。車内の照明にLEDを採用することで、N700系と比較して照明用明電力も約20%削減した。
図1 省エネ型新幹線車両N700A [ 出典 ] JR東海

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ワークフローシステム構築ツール 『Web Plant』 【キヤノンITソリューションズ】 会議中のクリアな音質に着目、「雑音除去機能」の効果を徹底検証 【ポリコムジャパン】 コンタクトセンター立ち上げの「10の鉄則」 トラブルをなくすプロジェクト管理 【富士通】
ワークフロー テレビ会議/ビデオ会議 プロジェクト管理
多機能なフォーム・複雑なフローを、GUIで簡単に開発可能なワークフロー構築ツール。柔軟なシステム連携を実現でき、自社ルールに合致したワークフローを構築可能。 会議中のクリアな音質に着目、「雑音除去機能」の効果を徹底検証 コンタクトセンター立ち上げの「10の鉄則」 トラブルをなくすプロジェクト管理

新着特集


サーバの出荷額は991億円で市場全体の縮小傾向が続く。マイナス成長を記録するベンダーが多い中、唯一プ…



Web会議ってテレビ会議の簡易的なもの? そう勘違いされる方も多いWeb会議。単に離れた場所にいる相…



 「Automotive World 2017」1月18日〜20日までの3日間、東ビッグサイトで開催…


新着セミナー

3/14香川●人工知能(AI)戦争!新型マルウェア対策セミナ 【日本電気】  

開催日 3月14日(火)   開催地 香川県   参加費 無料

〜2017年3月14日(火) 香川開催〜攻撃者とのいたちごっこに終止符を!「既存のウィルス対策製品ですべてを守れる」と考えるのは危険です。ウィルス対策ソフトは、…

実践事例から学ぶITサービスマネジメント運用のポイント 【日本システムウエア/ユニリタ】  

開催日 3月15日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

システムの運用現場では、ご利用者に質の高いサービスを提供したいと考えながらも、 日々の問い合わせ対応に追われていたり、 ある特定の人に頼った属人的な運用から抜け…

ポイントを絞って解説するCCPM導入事例セミナー 【ビーイング】  

開催日 5月26日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

TOC(制約理論)のプロジェクト向けソリューションであるCCPMは、近年、自動車製造業のマツダの「SKYACTIV TECHNOLOGY」開発や三井造船の設計部…

このページの先頭へ

新幹線で電力を2%節減、回転部分を減らす/新幹線で電力を2%節減、回転部分を減らす」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「新幹線で電力を2%節減、回転部分を減らす/新幹線で電力を2%節減、回転部分を減らす」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008440



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ