かな入力vsローマ字入力…効率がいいのはどっち?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2016/02/12
ウソ?ホント?・・・みんなで投票!噂のIT都市伝説

噂の伝説ファイル #059

『ローマ字入力よりかな入力のほうがタイピング効率がいい』ってホント?

巷の諸説は

 社内に数人は「かな入力派」がいるもの…。
 実はかな入力の方が効率的なタイピングができるって本当!?
 自分のタイピング、見直した方がいいかも!?

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

ローマ字入力!
確かにキーを押す回数は「かな入力」のほうが少ないので慣れればスピードは速いように思うが、すでに「ローマ字」入力に慣れてしまっていて変えられない……。
(30代・男性)

かな配列を完全に覚えていて文章入力に限ればローマ字より早く入力できると思うけど……。一般的な使用状況では英字交じりが多いため、ローマ字のほうが使い勝手がいいと思う。
(50代・男性)

かな入力のほうがストローク数が少ないので早いと思いがちですが……。かな入力はローマ字入力に比べ覚えなければならないキー配置が約2倍ですよね。広い範囲で打つよりも狭い範囲で打つほうが結果的には速い、という結論が私的に出ています。
(40代・男性)

昔は文章入力メインだったので、かな入力してましたが、今はプログラム等、アルファベットの入力が増えたのでローマ字入力の方が効率的です。
(20代・女性)

数字や記号を打ちたい時にいったん日本語入力から半角の英数に戻したりしないといけないし、全角の数字や「( )」などをどうやって打つのか分からない。結局は慣れだとは思うけど。
(40代・男性)
かな入力!
かつて「国民機」と呼ばれたPCを使っていた当時は、実際にかな入力をしていて入力文字数の少なさを実感していました。今はキーボードの関係でローマ字になってしまいましたが……。
(40代・男性)

単純にタイピング回数の問題ですね。1回で文字入力できるかな入力の方が効率はよいはずです。
(60代・男性)

キータッチ数が少ないのが利点。裁判だったか取調室だったかの調書取りをPCで行う場合、キータッチ数の少ないカナ入力で行うというのをTVで見たことがあります。個人的には、かなの配置を覚えていないので、ローマ字入力しかできません。
(40代・男性)

はるか昔のホスト3270コンソールの時代はローマ字入力のキーボードがなかったため、かな入力を強制的に覚えました。それ以来、かな入力派。1文字1キーなので効率いいです。ただし、逆かな入力のキーボードがない場合は非常に困ります。
(40代・男性)

そりゃストローク数が少なくて済むわけだから。でも習得するのに時間がかかりそうですし、うちの会社のように横文字単語をいっぱい使うところは、ローマ字の方がいいかも…。
(50代・男性)

ローマ字入力は、母音以外は2つキーを押さなければならないが、かな入力は濁音半濁音以外は1キー。しかも日本語でよく使うキーほどホーム位置近くに配置されているので、指を動かす範囲が減らせる、とかな入力信者が語っていた。でも小学校の学習指導要領では、パソコンを教えるために、ローマ字教育を4年から3年に繰り下げたくらいなので、純粋無垢な人はローマ字入力派だと思う。
(40代・男性)
併用するのが一番!
確かにかな入力の方が、キータッチは少なくて済む。ただし、プログラムを書く時はローマ字入力にせざるを得ないので併用というか、目的によって使い分けるのがいいのかも。ただ、混乱するので自分はローマ字入力のみですが。
(40代・男性)

かな入力の利点は日本語の場合ローマ字入力より確実にタイプする回数は半分以下になりますから。ただタイピングの場所を覚えるのが面倒なので実践はできないですよね、もはや。
(40代・男性)

単純に日本語を入力する場合、母音で構成される「あ行」以外はツータッチとなるので、かな入力のほうが効率的。英数字や記号、各国共通文字を入力する場合にはローマ字入力のほうがやりやすい。なので併用が効率的。
(40代・男性)

普段かな入力していて、一時的に他人にPCを貸した時に入力できずに困っているのを見るのが楽しみ!
(40代・男性)
親指シフトでしょ!
そりゃストローク数が違うもの。かな入力のが速いでしょ。ホントは親指シフトがいいんだけど、業務PCにフリーソフト入れられないし……こういうところのイライラは生産性に直結するんだけどな。
(50代・男性)

まだワープロ専用機なるものがあった頃、OASYSの親指シフト入力に触れて感激し、マジでローマ字入力を止めたことがあります。ただその後のPC台頭期に、やっぱりローマ字入力に戻ってしまいました。だって親指シフトキーボードがないんですもの。
(50代・男性)

1文字入力するのに2打必要なローマ字より、1打で済むかな入力の方が効率がいいのは自明。しかも、多く打つ必要がある「aiueo」はホームポジションから指を動かさなければ打てないので更に非効率。では、かな入力が最も効率的かといえば、かな入力はキーボード4段使うが、親指シフトは3段でおさまる。指の移動量を考えれば、親指シフトが最強! そういう自分はローマ字入力ですが。
(50代・男性)

ワープロ検定では、親指シフトだけ早すぎる為別のテストになっていたと聞いています。
(50代・男性)

なつかしい親指シフト。これは覚えさえすればローマ字よりはるかに早かった。
(50代・男性)
音声入力でいいよもう
もっと正確・高速に入力できるなら、音声入力がいいですけどね。まだ使い物にはならないでしょう。
(40代・男性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

今すぐ実践、IT活用とオフィス空間づくりで進める「働き方改革」 【ミロク情報サービス】 海外製SFAからの移行事例〜次期SFA選びを失敗しないための3つのポイント_JUST.SFA 【ジャストシステム】 マンガ『ひとり情シス物語』:障害対応に時間をかけるなんてあり得なくない? 【デル株式会社】
暗号化 SFA 統合運用管理
今すぐ実践、IT活用とオフィス空間づくりで進める「働き方改革」 SFAの移行を検討する企業が次期SFAを選ぶ際に留意すべきこととは?SFA選びを失敗しないための3つのポイントとは?実際のSalesforceリプレース事例をもとに解説。 マンガ『ひとり情シス物語』:障害対応に時間をかけるなんてあり得なくない?

新着特集


「すっ飛ぶ」事態に陥っても復旧するためのバックアップ。でも、そのための日々の運用が重い負担になってい…



読者1549人に聞いた、2018年に注目すべきITトピックス。「AI活用」編では、企業規模別のAI活…



カーナビの道案内機能を超えた高精度3D地図情報が自動車運転を可能にする「ダイナミックマップ」。信号の…


新着セミナー

オンプレミスからAWSへの移行のポイント 【トレノケート】  

開催日 4月11日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

オンプレミスからクラウドに移行を検討されている企業が急速に増えています。 しかし、いざクラウド移行を検討し始めてみると、さまざまな課題に直面します。 本セミナー…

データ活用が企業競争力を決める 【トレノケート】  

開催日 4月13日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

効果的なデータ活用には、処理したデータから有益な知見を導き出し、企業における課題の解決に役立てることのできる人材が必須です。しかし、そのような専門的な人材、いわ…

デジタルイノベーションを加速する組織とテクノロジー 【アークウェイ/アイ・ティ・イノベーション】  

開催日 3月5日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

デジタルイノベーション時代の到来により、企業は大きな変革を求められています。本セミナーでは、各社 “IT企業”への変換を模索している中、どのように組織をくみたて…

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ かな入力vsローマ字入力…効率がいいのはどっち?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ かな入力vsローマ字入力…効率がいいのはどっち?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30008363



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ