個人情報の売買は違法?それとも合法?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2016/01/29
ウソ?ホント?・・・みんなで投票!噂のIT都市伝説

噂の伝説ファイル #057

『個人情報を売買するのは、法律違反じゃない』って本当?

巷の諸説は

 氏名、住所、年齢、電話番号といった「個人情報」を取り扱うのにとても神経を使う時代。
 しかし、そういった個人情報を販売している業者がいる。腹立たしくもあるが、実はそういう個人情報販売業者は法律に違反していないそう。
 これって本当?

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

本当!
法律は、本人の許諾で第三者に提供できるとある。有償無償の定義はないので、売ることも可能では?
(60代・男性)

正規のルートで入手した情報なら違法ではないです。「第三者に開示する場合があります。」と明記され、当人が同意書にサインした場合ですね。不正に持ち出された情報を、それと知りながら販売すれば違法になりそうです。
(30代・男性)

収集方法によるのでは? 「これから入力してもらう個人情報は他のところにも渡すからね」という宣言のもとに収集された個人情報は、当然その宣言を受け入れて集められたものだから、転売して罰せられる方がおかしいはず。
(30代・男性)

5000件以上の個人情報を扱うなら個人情報保護法で規制がかかるけれど、それ以下なら明確な規定はなかったと思います。大量に持っている業者は複数に分けて持っていたりするんですかね?
(20代・男性)

いわゆる名簿業者は存在します。ただ、その名簿を利用する業者に対して、本人情報を利用することを止めるよう要請することは法令で可能だったと記憶しています。
(40代・男性)
ウソ。違法!
本人の同意なしに云々……という法律があったような?
(40代・男性)

売った時点で流出している。適切な扱いとは言えない。それがOKなら個人情報保護法の意味がない。
(50代・男性)

違法じゃないというなら、情報の出所が分からなければ罪にならないってこと?
(40代・男性)

違法であってほしい。売買する人がいるから個人情報流出がなくならないのだから。
(40代・女性)
初耳!
確かに個人情報販売自体で起訴はされていないような…。
(50代・男性)

入手時の宣言とか、扱い方とか、やり方次第で違法ではない売り飛ばし方ってのも成立しそうですね〜。
(40代・男性)

「個人情報保護方針」に「わが社は収集した個人情報を他者に販売しますよ」と謳っていて、お客がそれを見て(ひょっとしたら見たことにして)「承諾」をポチッとしてたらOKなのかな? 買う方も同じかな? などとと考え込んでしまった。
(50代・男性)

買ったことも無いし、売ったことも使ったこともないので…。
(50代・男性)
倫理的に間違っているよ!
違法じゃないかもしれませんが、他人の個人情報をお金に変えるということはそれ自体トラブルの元になる気がします。自分の情報であっても売るのもどうかと思います。
(40代・男性)

たぶん、同窓会名簿とか高く売れると思う。でも、その情報から迷惑な営業をしていると思うと腹が立つ! 何とか取り締まれないのか!
(50代・男性)

そもそも、個人情報は自分が持ち主のはず。何が悲しくて勝手に業者の手で販売されなきゃならんのだ!
(30代・女性)

違法に取得した場合はニュースになるが、売買で犯人を捕まえたニュースは聞いたことがないので。
(60代・男性)

名簿業者は存在します。法律に違反しない要件を整えているのですが、実際には迷惑な存在です。学級名簿や町内会の名簿を「個人情報保護!」と神経をいくら尖らせても無駄です。業者から情報が伝わるのですから。変な話!
(50代・男性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着特集


NB-IoT、LTE-M、LTE(Cat.1)、LoRaWAN、Sigfox…。IoTニーズを満たす…



今後注目の資格は何だ? 読者調査を基に親切された2つの資格が人気であることが判明した。またその取得目…



日本企業が持つデータのうち、55%は「なんだかよく分からない」まま運用しているデータだという。この状…


新着セミナー

オープンソースで「情報伝達の強化」と「セキュリティの強化」 【主催:ヴィセント 協力:オープンソース活用研究所】  

開催日 12月20日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

【DropBoxやGoogleDriveなどのオンラインストレージの普及と、それによる問題点】DropBoxやGoogleDriveなどの、オンラインストレージ…

認証、ID管理の最新動向と、「OpenAM」の紹介 【主催:かもめエンジニアリング/協力:オープンソース活用研究所】 締切間近 

開催日 12月15日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

【対象者】・情報システム部門の担当者、マネージャー・セキュリティ部門の担当者、マネージャー【普及するIDaaS】企業では、クラウドサービスを、業務システムとして…

AIエバンジェリスト養成講座 【アーク】  

開催日 1月18日(木)〜1月19日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 19万4400円(税込)

<最先端技術のコンサルタントとなるチャンスです>AI・IoTは、最近爆発的に関心が高まった分野です。そのため、技術者もコンサルタントも、専門家の数が決定的に不足…

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ 個人情報の売買は違法?それとも合法?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ 個人情報の売買は違法?それとも合法?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30008361



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ