崩れ去る境界防御、IoT対応も急務に!ITセキュリティ最前線

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

崩れ去る境界防御、IoT対応も急務に!ITセキュリティ最前線

2016/02/18


 モビリティ、クラウド、ビッグデータ/アナリティクス、およびソーシャル技術をベースにした「第3のプラットフォーム」の進展が、新しい「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の時代を作り出そうとしている。IoT/M2Mなどの新たなソリューションからもたらされるデータがビジネスに新しい価値を付け加え、多様なビジネスチャンスが期待されている。しかし、そこで問題の1つとして捉えられているのがセキュリティだ。標的型サイバー攻撃やゼロデイ攻撃など、従前通りの境界防御型セキュリティの限界が見えてきた今、セキュリティのあり方にもトランスフォーメーションが必要になっている。今回はITの発展にともなうセキュリティの変化と今後の動向について考察してみる。

セキュリティ

※「セキュリティ/崩れ去る境界防御、IoT対応も急務に!ITセキュリティ最前線」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「セキュリティ/崩れ去る境界防御、IoT対応も急務に!ITセキュリティ最前線」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

登坂 恒夫

ソフトウェア&セキュリティリサーチマネージャー 登坂 恒夫(Tsuneo Tosaka)

IDC Japan株式会社企業サイトへ
アナリストファイル #085

 国内情報セキュリティ市場(セキュリティソフトウェア市場、セキュリティアプライアンス市場、セキュリティサービス市場)を担当。市場予測、市場シェア、ユーザー調査など同市場に関するレポートの執筆、データベース製品のマネジメントの他、様々なマルチクライアント調査、カスタム調査を行う。



1

国内情報セキュリティ製品市場は標的型攻撃対策が焦点に

1-1

第3のプラットフォームからデジタルトランスフォーメーション(DX)社会へ

 IDCはかねてからモビリティ、クラウド、ビッグデータ/アナリティクス、およびソーシャル技術の4要素によって構成される「第3のプラットフォーム」がITの大きな潮流になると述べてきた。現実に第3のプラットフォームは時とともに成熟し、現在はその成果が目にみえるものとなっている。サービスや商品がグローバルな市場にリアルタイムに反応して変化する時代がもう現実のものになり、ビジネスは著しくスピードアップした。一方、さまざまなデバイスが相互につながるIoT/M2Mのインフラが整備されつつあり、膨大な量のデバイスからのデータを活用することにより、多くのビジネスチャンスが生まれる時代に突入している。
 このような環境では、データがこれまでにないほどの価値をもつ。データは資産であるとともに、資産を創り出すものにもなっているからだ。やがてデジタルデータが産業や社会のあらゆるプロセスに生かされ、ビジネスも社会も大きく変革していくことになるだろう。この環境変化を、IDCでは「デジタルトランフォーメーション(DX)」と呼んでいる。DX社会では、膨大なデータをどれだけ有効に活用できるかが成功の鍵になる。そこでクローズアップされる1つの課題が、情報保護=セキュリティだ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

セキュリティ/崩れ去る境界防御、IoT対応も急務に!ITセキュリティ最前線」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

セキュリティ」関連の製品

ファイルサーバー統合管理システムGDMS3.0 【ジャストシステム】 Linuxサーバデータ暗号化ソリューション SERVER GENERAL 【ソフトエイジェンシー】 NX NetMonitor+FireEye NX連携ソリューション 【日立ハイテクソリューションズ】
サーバー管理 暗号化 IPS
肥大化したファイルサーバーを素早く「状況把握」「分析」「整理」し、肥大化対策とセキュリティ管理の自動化を実現するシステム。 導入も簡単で透過的な、Linuxサーバデータ暗号化ソリューション。
鍵管理や権限別アクセス管理などが容易に実現でき、情報セキュリティの運用負荷を大幅に軽減する。
マルウェア対策製品「FireEye NX」と不正PC監視/強制排除製品「NX NetMonitor」の連携により、標的型サイバー攻撃の検知と感染した端末の排除を自動化するソリューション。

セキュリティ」関連の特集


2009年の新型インフルエンザの世界的流行を機に、企業においても不測の事態に備えたパンデミック対策の…



今まで導入に踏み切れなかった・導入したけれど使い切れないという資産管理ツールですが、コンプライアンス…



 第2回・第3回に渡り、企業にとって危険なシナリオの事例を紹介してきた。今回は、中小企業が実際に対策…


セキュリティ」関連のセミナー

最新のセキュリティ脅威にどう立ち向かうかを考える 【クロス・ヘッド】  

開催日 6月3日(金),6月24日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

クロス・ヘッドでは、来る6月3日(金)と6月24日(金)に、【最新のセキュリティ脅威にどう立ち向かうかを考える 〜 パロアルトネットワークス社製ファイアウォール…

CTCセキュリティサミット2016 【主催:伊藤忠テクノソリューションズ/協力:東洋経済新報社】  

開催日 7月6日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

 昨今のサイバー攻撃の巧妙化にともない、外部からの不正アクセス及び侵入を企業だけの努力で防ぐことはますます困難な状況になっています。 しかし攻撃を受けることによ…

Macnica Networks DAY 【マクニカネットワークス】  

開催日 7月8日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

遂に今年で開催11回目を迎えるMacnica Networks DAY。今年もサイバーセキュリティのみならず、モバイル、クラウド、IoTなども含め、企業の成長を…

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

セキュリティ/ 崩れ去る境界防御、IoT対応も急務に!ITセキュリティ最前線」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「セキュリティ/ 崩れ去る境界防御、IoT対応も急務に!ITセキュリティ最前線」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30008356


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ