崩れ去る境界防御、IoT対応も急務に!ITセキュリティ最前線

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

崩れ去る境界防御、IoT対応も急務に!ITセキュリティ最前線

2016/02/18


 モビリティ、クラウド、ビッグデータ/アナリティクス、およびソーシャル技術をベースにした「第3のプラットフォーム」の進展が、新しい「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の時代を作り出そうとしている。IoT/M2Mなどの新たなソリューションからもたらされるデータがビジネスに新しい価値を付け加え、多様なビジネスチャンスが期待されている。しかし、そこで問題の1つとして捉えられているのがセキュリティだ。標的型サイバー攻撃やゼロデイ攻撃など、従前通りの境界防御型セキュリティの限界が見えてきた今、セキュリティのあり方にもトランスフォーメーションが必要になっている。今回はITの発展にともなうセキュリティの変化と今後の動向について考察してみる。

セキュリティ

※「セキュリティ/崩れ去る境界防御、IoT対応も急務に!ITセキュリティ最前線」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「セキュリティ/崩れ去る境界防御、IoT対応も急務に!ITセキュリティ最前線」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

登坂 恒夫

ソフトウェア&セキュリティリサーチマネージャー 登坂 恒夫(Tsuneo Tosaka)

IDC Japan株式会社企業サイトへ
アナリストファイル #085

 国内情報セキュリティ市場(セキュリティソフトウェア市場、セキュリティアプライアンス市場、セキュリティサービス市場)を担当。市場予測、市場シェア、ユーザー調査など同市場に関するレポートの執筆、データベース製品のマネジメントの他、様々なマルチクライアント調査、カスタム調査を行う。



1

国内情報セキュリティ製品市場は標的型攻撃対策が焦点に

1-1

第3のプラットフォームからデジタルトランスフォーメーション(DX)社会へ

 IDCはかねてからモビリティ、クラウド、ビッグデータ/アナリティクス、およびソーシャル技術の4要素によって構成される「第3のプラットフォーム」がITの大きな潮流になると述べてきた。現実に第3のプラットフォームは時とともに成熟し、現在はその成果が目にみえるものとなっている。サービスや商品がグローバルな市場にリアルタイムに反応して変化する時代がもう現実のものになり、ビジネスは著しくスピードアップした。一方、さまざまなデバイスが相互につながるIoT/M2Mのインフラが整備されつつあり、膨大な量のデバイスからのデータを活用することにより、多くのビジネスチャンスが生まれる時代に突入している。
 このような環境では、データがこれまでにないほどの価値をもつ。データは資産であるとともに、資産を創り出すものにもなっているからだ。やがてデジタルデータが産業や社会のあらゆるプロセスに生かされ、ビジネスも社会も大きく変革していくことになるだろう。この環境変化を、IDCでは「デジタルトランフォーメーション(DX)」と呼んでいる。DX社会では、膨大なデータをどれだけ有効に活用できるかが成功の鍵になる。そこでクローズアップされる1つの課題が、情報保護=セキュリティだ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

セキュリティ/崩れ去る境界防御、IoT対応も急務に!ITセキュリティ最前線」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

セキュリティ」関連の製品

CloudGen Firewall Fシリーズ(旧 NextGen Firewall Fシリーズ) 【バラクーダネットワークスジャパン】 サイバー攻撃分析サービス 【日立ソリューションズ】 最速0.001秒でWebサーバの改ざんを自動復旧できる具体的な方法とは? 【デジタル・インフォメーション・テクノロジー】
ファイアウォール セキュリティ診断 IPS
UTM同等の多彩なセキュリティ機能を搭載した次世代ファイアウォール。
L7アプリケーションコントロール機能を備え、アプリケーションレベルの脅威も遮断。
日立ソリューションズのセキュリティエキスパートの知見・ノウハウを活用することで、日々高度化するマルウェア攻撃の分析を行うサイバー攻撃分析サービス。 「事後対策が重要だ」と口で言うのは簡単だが、実際に対策を進める担当者にとっては大きな負担となる。効率的かつ効果的に事後対策に取り組む、現実的な手段はあるのか。

セキュリティ」関連の特集


「『会社に14時間いて頑張りました』ということがお客さまの満足度につながるわけではない」と話すヴイエ…



サーバ・ストレージ・ネットワークと適用範囲が広がる仮想化。仮想化ソフトがサーバに標準搭載される影響な…



 「情報セキュリティ対策をしているか?」と聞かれれば、多くの企業のセキュリティ担当者は「しています」…


セキュリティ」関連のセミナー

Windowsレガシー/VB6.0モダナイゼーション 移行対策セミナー 【システムズ】 締切間近 

開催日 4月25日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

最近当社に多く寄せられるのが「Windows2020年問題」に関するご相談です。Windows 7 と Windows Server 2008 の延長サポート終…

【8PDU】 演習で身に付ける非機能要件定義実践 【アイテック】  

開催日 7月13日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 4万8600円(税込)

【概要】本セミナーでは、非機能要件を分析し、顧客に対して説明できる応用力を学びます。講義で基礎理論を学んだ後に、「非機能要求グレード」を用いた実践的なワークショ…

セキュリティインシデントを紐解くと見える脆弱性管理の重要性 【セグエグループ/ジェイズ・コミュニケーション/グローバルセキュリティエキスパート】  

開催日 5月22日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

この数年の海外/国内におけるセキュリティインシデントを紐解くと見えてくる、今、企業に必要なスタンスは何か例えば、ダークウェブから派生する外部脅威の元凶に、不正ア…

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

セキュリティ/ 崩れ去る境界防御、IoT対応も急務に!ITセキュリティ最前線」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「セキュリティ/ 崩れ去る境界防御、IoT対応も急務に!ITセキュリティ最前線」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30008356


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ