マルチデバイス時代に向けたIT資産管理の勘所

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

マルチデバイス時代に向けたIT資産管理の勘所

2016/01/21


 企業が管理すべきIT資産はハードウェアからソフトウェアまで多岐に渡る。一般的にIT資産管理と言えば、以前はライセンス管理や資産の棚卸が主体だったが、昨今はセキュリティ対策も含めた高度な取り組みへと変化しつつある。さらに、スマートフォンやタブレットが普及しつつある中では「多種多様なIT端末(デバイス)をいかに安全かつ効率的に管理すべきか」が重要となってくる。そこで本稿ではマルチデバイス時代に向けて、IT資産管理をどのように捉えていくべきなのかについて考えていくことにする。  

資産管理

※「資産管理/マルチデバイス時代に向けたIT資産管理の勘所」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「資産管理/マルチデバイス時代に向けたIT資産管理の勘所」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

岩上 由高

シニアアナリスト 岩上 由高(Yutaka Iwakami)

株式会社 ノークリサーチ企業サイトへ
アナリストファイル #045

早稲田大学大学院理工学研究科数理科学専攻卒業後、ジャストシステム、ソニーグローバルソリューションズ、ベンチャー企業などでIT製品及びビジネスの企画/開発/マネジメントに携わる。ノークリサーチでは技術面での経験を活かしたリサーチ/コンサルティング/執筆活動を担当。



1

スマートデバイス活用が広がる!企業のITデバイス実情

■企業が利用するIT端末(デバイス)は今後も多様化が進む

 以下のグラフは年商500億円未満の企業に対し、ノートPC/スマートフォン/タブレットの導入率を尋ねたものだ。ここでの「導入」とは企業でIT端末を購入する場合と個人所有の端末を業務で利用する場合(いわゆる「BYOD」)の双方を含む。

図1 業務システム端末の導入率(年商500億円未満全体)
図1 業務システム端末の導入率(年商500億円未満全体)
2015年版 中堅・中小企業におけるPC/スマートデバイス活用の実態と展望レポート
出典:ノークリサーチ

 ノートPCと比べた時の導入率はまだ低いものの、スマートフォンは61.5%とすでに過半数に達しており、タブレットも46.6%と半数近くにまで迫っている。上記に加えて、ノートPCとタブレットの双方の役割を一台で担う(「2in1」と呼ぶこともある)「タブレットPC」といった形態もある。このように企業が業務で利用するIT端末は急速に多様化しつつあり、中にはPOSレジ端末の代替としてタブレットを活用するといった、従来は別の専用機器が担っていた役割をIT端末が担うケースもある。専用機器と比べて安価であることに加えて、アプリケーションによって画面や機能を柔軟に変えられることが大きな強みとなっている。

 さらに、これまでと大きく異なる形状や形態を持つIT端末も登場してきている。眼鏡状の「スマートグラス」や手袋状の「スマートグローブ」などのウェアラブル端末だ。例えば、機器や設備の現地メンテナンスを行う場合、従来はマニュアルを参照しながら作業を行う必要があった。この紙面のマニュアルをタブレットに替えたとしても、作業中に手が塞がってしまう不便さは変わらない。そんな場面で役立つのが、例えばスマートグラスだ。スマートグラスを用いれば、作業をしながらマニュアルが参照できるだけでなく、グラスに装着したカメラ映像を共有することで、事務所にいるベテラン社員が現地の若手にその場でアドバイスを行うといったことも可能になる。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

資産管理/マルチデバイス時代に向けたIT資産管理の勘所」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

資産管理」関連の製品

ISO55000準拠の設備資産管理でリスク管理と顧客満足度を両立 【インフォアジャパン】 クラウドID管理の難題、解決の鍵は? 【日本マイクロソフト+他】 固定資産管理ソリューション ProPlus Fixed Assets Suite 【プロシップ】
IT資産管理 ID管理 その他基幹系システム関連
難しい国際基準への準拠を成功に導くには? アセットマネジメント、導入の勘所 業務の効率化にクラウドアプリの積極的な導入は欠かせないが、利用するサービスが増えてくるとID管理やセキュリティ確保が課題になる。どうすればいいか。 4100社超の導入実績を誇り、進化し続ける固定資産管理ソリューション。IFRS対応はもちろんキメ細かな固定資産管理を実現。多言語・多通貨にも対応。

資産管理」関連の特集


安くて軽い「UMPC」。企業で使うのはちょっと心配…その気持ち、わかります!でも、無視するにはもった…



「クラウドの利用で資産管理が不要に」という声も? IT資産管理ツールの導入状況を調査した結果をお届け…



仮想化環境やクラウド環境など、ますます複雑化する企業システム。情報システム部門の人員削減も受け、簡単…


資産管理」関連のセミナー

ハンズオンで学ぶ!PC資産管理と情報漏えい対策 【エムオーテックス】  

開催日 5月18日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

マイナンバー制度の開始や個人情報保護法の改正に伴い、お客様の情報セキュリティの重要性は日に日に増しています。情報漏えいのリスクは、従来からの内部からの情報漏えい…

IT導入補助金セミナー 【協立情報通信】  

開催日 3月30日(木),4月11日(火),4月25日(火),5月9日(火),5月23日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

IT導入補助金(正式名称・サービス等生産性向上IT導入支援事業)とは、ITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、中小企業・小規…

海外拠点における情報セキュリティ対策とITシステム活用を学ぶ 【サイバネットシステム】  

開催日 3月9日(木),5月18日(木),7月6日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

日系企業の海外進出が加速する中、日本国内の端末はセキュリティ対策や管理ができているが、海外拠点は現地スタッフに任せっきりといった企業が多いようです。実際に、ウイ…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

資産管理/ マルチデバイス時代に向けたIT資産管理の勘所」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「資産管理/ マルチデバイス時代に向けたIT資産管理の勘所」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008355


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ