情報システム関連の資格取得状況(2015年)・前編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

情報システム関連の資格取得状況(2015年)・前編

2016/03/10


 キーマンズネットでは、2015年12月9日〜21日にかけて、「情報システム関連の資格取得状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:308件)。回答者の構成比は、情報システム部門が46.1%、一般部門が53.9%だった。
 
  今回は情報システム関連の資格取得状況について伺った調査結果を、前後編の2回に渡りお届けする。前編でお聞きしたのは、情報システム関連の資格を保有している人に対して「資格保有状況」や「保有資格」「保有目的」など、資格取得状況を把握するための質問。その結果、全体の54.9%が何かしらの資格を所持していることが明らかとなった。
 なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「資格取得/情報システム関連の資格取得状況(2015年)・前編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「資格取得/情報システム関連の資格取得状況(2015年)・前編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

資格取得の大きな理由は「資格手当」「業務で必要だから」

 はじめに、実務で生かすことのできる情報システム関連の「資格保有状況」を尋ねたところ、全体の54.9%が「保有している」と回答した。IT製品関連業では特にその比率が高く、62.4%に達している。  

 具体的な保有資格を尋ねたところ、1位が「初級システムアドミニストレータ」で32.1%、2位が「TOEIC」で15.5%、3位が「ソフトウェア開発技術者」で13.7%だった(図1-1)。これら資格の取得目的は「資格を取得すると資格手当がもらえるため」が31.5%、「資格・検定の内容(保有)が業務で必要(必須)としているため」が31.0%で、業務や待遇に密接に関係していることが伺える(図1-2)。特にIT製品関連業では「資格を取得すると資格手当がもらえるため」(54.4%)、「昇進、昇格など社内でのキャリアアップにつながるため」(35.1%)と、資格の有無が待遇に直接反映することが大きな理由になっているようだ。一方、流通・サービス業全般では「前職(学生時代)に資格取得を必要(必須)としていた」という回答が33.3%を占めており、現在の業務との直接的な関係は薄いように見える。フリーコメントでは「自分の知識を試したい」「チャレンジとして」といった、自らを磨く機会として捉える回答も目立った。

図1-1 所持する資格(複数回答)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1-1 所持する資格(複数回答)

図1-2 資格を取得した目的

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1-2 資格を取得した目的

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

資格取得/情報システム関連の資格取得状況(2015年)・前編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「資格取得」関連情報をランダムに表示しています。

資格取得」関連の特集


会議や打ち合わせ、営業など出張が多く、出張費は毎月結構な額になってしまう…。そんな課題ありませんか?…



営業という仕事自体は資格のいらない業務ですが、営業担当者にも持っていると有利な資格があります。営業力…



 マイナンバーの「利用」と聞くと、何か便利なことでもありそうな気がしてきますが、残念ながらそれは単に…


資格取得」関連のセミナー

プロジェクトマネジメント(PRINCE2)入門セミナー 【IT&ストラテジーコンサルティング】  

開催日 12月4日(月)   開催地 大阪府   参加費 無料

英国生まれのプロジェクトマネジメント手法である「PRINCE2」は欧州や国連をはじめとした多くのプロジェクトで採用されていますが、日本ではまだ認知度が低くご存じ…

クラウドコンピューティングファンデーション試験対策研修 【IT&ストラテジーコンサルティング】  

開催日 1月23日(火)   開催地 東京都   参加費 有料 5万3136円(税込)

本研修は、ITプロフェッショナルを対象にクラウドコンピューティングの基礎知識を学習し、オランダEXINが配信している国際資格「クラウドコンピューティングファンデ…

EXIN認定試験付クラウドコンピューティング基礎コース 【BSI グループジャパン】  

開催日 12月14日(木)〜12月15日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 10万4868円(税込)

本コースは、今後も発展が見込まれるクラウドコンピューティングの領域に取り組んでいく方を対象としたコースです。クラウドの基本概念を理解し、クラウドで何が出来るのか…

「eラーニングシステム」関連の製品

クラウド型eラーニング(学習管理)システム 学び〜と 【エスエイティーティー】 クラウド型eラーニングシステムを導入するとなぜ従業員の能力が伸びるのか 【エスエイティーティー】
eラーニングシステム eラーニングシステム
駿台100年の教育ノウハウとSATTのテクノロジーを集結した
クラウド型eラーニング(学習管理)システム。教材作成から学習、運用、評価までeラーニングの全てに対応。
従業員教育が重要であることは誰もが認識しているが、さまざまな理由から後回しになりがちだ。貴重な社内の人材を有効活用するためにも教育について再度検討してみよう。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

資格取得/ 情報システム関連の資格取得状況(2015年)・前編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「資格取得/ 情報システム関連の資格取得状況(2015年)・前編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008353


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > eラーニングシステム > eラーニングシステムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ