この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

ストレージの利用状況(2015年)後編

2016/02/18


 キーマンズネットでは、2015年11月11日〜11月25日にかけて、「ストレージの利用状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:300件)。回答者の構成比は、情報システム部門が45.7%、一般部門が54.3%だった。
 前編では、オンラインストレージ/クラウドストレージの「重視するポイント」「利用用途」など、オンラインストレージ/クラウドストレージの利用状況を把握するための質問。その結果、全体で31.4%の企業が利用していることが明らかとなった。
 今回、後編でお聞きしたのは、ストレージの「利用環境」や「満足度」や「不満理由」、そして今話題となっているフラッシュストレージの「導入状況」など、ストレージ全体の活用状況を把握するための質問をした結果、フラッシュストレージは全体で4.7%しか導入されていないことが明らかとなった。
 なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「ストレージ/ストレージの利用状況(2015年)後編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ストレージ/ストレージの利用状況(2015年)後編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

ストレージ環境で最も人気なのはNAS、しかしストレージ仮想化環境も注目度が高め

 はじめに、ストレージの利用環境を尋ねた。その結果、「導入済み(図1-1)」では1位が「NAS」で66.0%、2位が「テープ」で37.7%、3位が「ストレージ仮想化環境」で28.7%、4位が「SAN」で24.7%、5位が「DAS」で21.6%と続いた。そして「導入予定(図1-2)」では1位が「ストレージ仮想化環境」で14.7%、同率2位が「NAS」と「SAN」で4.6%、4位が「テープ」で2.6%、5位が「DAS」で2.3%と続いた。

 ここで「ストレージ仮想化環境」に注目すると、「導入済み」が3位(28.7%)だったのに対して、「導入予定」では1位(14.7%)との結果に。一方、「NAS」は「導入済み」が1位(66.0%)だったのに対して、「導入予定」では2位(4.6%)だった。この内容から、ストレージ製品単体で見れば目立った差別化ポイントはないものの、新規導入を行うにあたっては、コスト削減やBCP対策の手段として注目を集めている「ストレージ仮想化環境」を検討している企業が増えつつあることが、今回の結果に反映されているようだ。

図1 ストレージの利用環境(複数回答)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 ストレージの利用環境(複数回答)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ストレージ/ストレージの利用状況(2015年)後編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ストレージ」関連情報をランダムに表示しています。

ストレージ」関連の製品

クラウド型帳票基盤ソリューション SVF Cloud 【ウイングアーク1st】 NEC Information Assessment System 【NEC】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】
帳票管理システム 文書管理 バックアップツール
国内1万8000社以上が導入する帳票システムのクラウドソリューション。既存帳票を利用した帳票設計、データソースと連携した帳票作成、帳票のデータ出力や直接印刷も可能。 ファイルサーバの利用状況や不要データを可視化してトータルコストを削減。不適切なアクセス権や個人情報を検出することで、情報漏えいリスクを低減する。 アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。

ストレージ」関連の特集


幾億年のデータ保存に耐える石英ガラスデータ記録技術を紹介。数億年後にこれを読むのは進化した人類?それ…



ビッグデータを取り巻く状況はいまだ混沌としている。既にビジネスに活用している企業もあれば、バスワード…



サーバーを取り巻く温度が10℃上昇するごとに寿命は半減するといわれています。今回はそれを防ぐサーバー…


ストレージ」関連のセミナー

ファイル交換・転送サービスの正しい選び方 【NRIセキュアテクノロジーズ】  

開催日 11月17日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

他社との協業活動の拡大や世の中の急速なデジタル化にともない、国内外問わず社外とのデータ授受・共有が増えており、それに比例してセキュリティ事故の発生リスクも増加し…

Linux-HAによるクラスタおよびバックアップシステム構築 【サードウェア】  

開催日 10月19日(水)〜10月21日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 23万2200円(税込)

Linux-HAによるクラスタおよびバックアップシステム構築(有償、3日間コース)DRBD+Corosync+Pacemakerによる最新Linuxクラスタを習…

Microsoft Azure 連携・移行もばっちりセミナー 【クライム/日本マイクロソフト】 締切間近 

開催日 9月28日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

急速に成長を続けるMicrosoft Azureが多くのユーザに支持される理由、そしてMicrosoft Azureの最新動向について本セミナーにて解説いたしま…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ストレージ/ ストレージの利用状況(2015年)後編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ストレージ/ ストレージの利用状況(2015年)後編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008351


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ