この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

ストレージの利用状況(2015年)後編

2016/02/18


 キーマンズネットでは、2015年11月11日〜11月25日にかけて、「ストレージの利用状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:300件)。回答者の構成比は、情報システム部門が45.7%、一般部門が54.3%だった。
 前編では、オンラインストレージ/クラウドストレージの「重視するポイント」「利用用途」など、オンラインストレージ/クラウドストレージの利用状況を把握するための質問。その結果、全体で31.4%の企業が利用していることが明らかとなった。
 今回、後編でお聞きしたのは、ストレージの「利用環境」や「満足度」や「不満理由」、そして今話題となっているフラッシュストレージの「導入状況」など、ストレージ全体の活用状況を把握するための質問をした結果、フラッシュストレージは全体で4.7%しか導入されていないことが明らかとなった。
 なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「ストレージ/ストレージの利用状況(2015年)後編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ストレージ/ストレージの利用状況(2015年)後編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

ストレージ環境で最も人気なのはNAS、しかしストレージ仮想化環境も注目度が高め

 はじめに、ストレージの利用環境を尋ねた。その結果、「導入済み(図1-1)」では1位が「NAS」で66.0%、2位が「テープ」で37.7%、3位が「ストレージ仮想化環境」で28.7%、4位が「SAN」で24.7%、5位が「DAS」で21.6%と続いた。そして「導入予定(図1-2)」では1位が「ストレージ仮想化環境」で14.7%、同率2位が「NAS」と「SAN」で4.6%、4位が「テープ」で2.6%、5位が「DAS」で2.3%と続いた。

 ここで「ストレージ仮想化環境」に注目すると、「導入済み」が3位(28.7%)だったのに対して、「導入予定」では1位(14.7%)との結果に。一方、「NAS」は「導入済み」が1位(66.0%)だったのに対して、「導入予定」では2位(4.6%)だった。この内容から、ストレージ製品単体で見れば目立った差別化ポイントはないものの、新規導入を行うにあたっては、コスト削減やBCP対策の手段として注目を集めている「ストレージ仮想化環境」を検討している企業が増えつつあることが、今回の結果に反映されているようだ。

図1 ストレージの利用環境(複数回答)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 ストレージの利用環境(複数回答)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ストレージ/ストレージの利用状況(2015年)後編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ストレージ」関連情報をランダムに表示しています。

ストレージ」関連の製品

Watson活用成功のカギを握るストレージ技術とは? 【日本アイ・ビー・エム】 誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 3次元CAD「SOLIDWORKS」 【NEC】
NAS BI CAD
Watson活用成功のカギを握るストレージ技術とは? 専用クライアント不要。ブラウザベースで「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え分析結果を組織内で自由に共有することが可能。 豊富な2次元/3次元設計機能を備え、直感的な操作と高パフォーマンスを実現した3次元CAD。価格と機能のバランスの取れたミッドレンジ製品であり、国内トップシェアを誇る。

ストレージ」関連の特集


帳票電子化のメリットは実に多種多様。出力コストの削減、業務効率化、情報漏洩セキュリティの強化……。導…



 前回は、Google Appsに用意されている便利なアプリケーションをご紹介しました。 今回は、そ…



300人を対象に「ストレージの利用状況」を調査。前編では「重視するポイント」や「利用用途」などが明ら…


ストレージ」関連のセミナー

Japan Enterprise Infrastructure Vision 2017 【IDC Japan】 締切間近 

開催日 8月3日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

〜柔軟で迅速なITインフラを実現するSoftware-Definedとハイブリッドクラウド〜「ビジネス環境の変化に対応するためのITインフラ改革」をテーマに、デ…

安全&スムーズに共有ファイルサーバーにアクセスする方法とは 【オーシャンブリッジ】 締切間近 

開催日 8月2日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

昨今、政府が推進している働き方改革を受け、時間と場所を選ばずに社外からでも必要な情報にアクセスできる環境を提供することが企業にとって重要な課題となっています。こ…

クラウドストレージへの移行をスムーズに進めるためのポイント 【オーシャンブリッジ】 締切間近 

開催日 7月28日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

オンラインストレージ/クラウドストレージサービスへの移行は進められていますか?法人でクラウドストレージを利用すると場所を選ばずファイルアクセスが可能なため、ファ…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ストレージ/ ストレージの利用状況(2015年)後編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ストレージ/ ストレージの利用状況(2015年)後編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008351


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ