企業におけるログの管理状況(2015年)前編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

企業におけるログの管理状況(2015年)前編

2016/01/26


 キーマンズネットでは、2015年11月5日〜20日にかけて「企業におけるログの管理状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:332)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門(従業員のインターネット利用を管理する立場)が全体の30.1%、一般部門が69.9%という構成比であった。
 今回はログの管理状況について伺った調査結果を前後編の2回に渡りお届けする。前編でお聞きしたのは、「ログの取得、管理状況」や「ログの管理対象機器」「ログの管理目的」など、ログの管理状況を把握するための質問。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「ログ管理/企業におけるログの管理状況(2015年)前編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ログ管理/企業におけるログの管理状況(2015年)前編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

2年間でログの管理状況に変化なし、中小企業の半数以上はログ未収集の状態

 はじめに、「ログの管理状況」について聞いたところ、「取得、または管理している」が44.6%、「取得、または管理していない」が19.9%、「不明」が35.5%となった(図1‐1)。約2年前に実施した同様の調査(企業におけるログの管理状況/2013年)では「取得、または管理している」が45.4%だったため、0.8ポイントの減少となった。この2年間でログの管理状況に大きな変化はないようだ。
 企業規模別にみると、100名以下の中小企業では「取得、または管理している」が17.4%にとどまる一方、「取得、または管理していない」が52.2%に上り、中小企業の半数以上はログを管理していない状況が明らかとなった。

 一方、「ログを管理しない理由」について尋ねると、「ログを収集しても分析・活用方法が分からない」が46.0%、「規模が小さいため不要」が44.4%、「ログ管理に関して知識があまりない」が39.7%、「収集するログが不明確」が20.6%と続いた(図1‐2)。分析・活用方法を含め、ログに関する知識不足が収集しない理由の大半を占めている状況が明らかとなった。例え規模が小さくとも、1回の情報漏洩事故が社会的信用を損ねたり、賠償金の発生につながったりするリスクはある。各従業員のクライアントPCや基幹システムの不正アクセス状況などを、ログを取得することで情報漏洩を抑止することができるため、企業規模問わずログ管理の必要性を見直していただきたい。

図1 ログの管理状況・ログを管理しない理由

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 ログの管理状況・ログを管理しない理由

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ログ管理/企業におけるログの管理状況(2015年)前編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ログ管理」関連情報をランダムに表示しています。

ログ管理」関連の製品

IT資産/セキュリティ統合管理システム ManagementCore 【住友電工システムソリューション】 ファイルの暗号・持出し管理「NonCopy 2」 【サイエンスパーク】 帳票出力サービス プリントクリエイター 【ソフトバンク コマース&サービス】
IT資産管理 暗号化 電子帳票システム
資産管理からセキュリティ対策、検疫まで1システムで行える統合管理ツール。
ニーズに応じ段階的な導入が可能。IT資産の把握、監視、統制による健全なシステム環境を実現。
サーバやPC内に「金庫(安全な領域)」を作ることで、不正なファイルの持ち出し行為を禁止。USBメモリ、スマートフォン、タブレットなど多様な外部デバイスを制御できる。 kintoneと連携し、帳票や各種資料の印刷を行うことができるサービス。
出力枚数、利用ユーザー数は無制限。固定料金で安心して利用することができる。

ログ管理」関連の特集


スマートフォンやタブレットも導入したいし、BYOD環境も整えたい・・・そこで役立つのがアプリ短期構築…



467人を対象に「オンラインストレージの利用状況」を調査!利用用途や容量、満足度などからビジネスでの…



スパム対策やフィルタリングはばっちり、でも誤送信対策はどうする?新たな脅威に備えるための“メールイン…


ログ管理」関連のセミナー

System Support Day 2017 【ディー・オー・エス】 注目 

開催日 9月7日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

「WannaCry」をはじめとするランサムウェアを用いた標的型攻撃や、内部不正に起因する情報漏洩など、IT環境を取り巻く脅威が社会問題となっています。これらの脅…

標的型攻撃対策の見直しポイント発見セミナー 【主催:アシスト 】  

開催日 12月15日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

巧妙化する標的型攻撃には、マルウェア侵入を前提とした多層防御が必要です。多層防御には、何を実施し何を実施しないかの取捨選択が常に必要となります。本セミナーでは、…

インシデント発生に備えるデジタルフォレンジックソリューション 【富士通エンジニアリングテクノロジーズ】  

開催日 9月22日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

サイバーセキュリティへの対策が叫ばれる中、マルウェア・ランサムウェアに感染する企業や内部不正による情報漏えい等のニュースを多く目にします。企業は完全なセキュリテ…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ログ管理/ 企業におけるログの管理状況(2015年)前編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ログ管理/ 企業におけるログの管理状況(2015年)前編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008350


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合ログ管理 > 統合ログ管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ