データ分析ツールの導入状況(2015年)

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

データ分析ツールの導入状況(2015年)

2016/01/12


 キーマンズネットでは、2015年10月22日〜11月16日にかけて、「データ分析ツールの導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:243件)。回答者の構成比は、情報システム部門が42.8%、一般部門が57.2%だった。
 今回、お聞きしたのは、分析のための「活用データ」や「活用ツール」「活用部門」「悩み・問題」「認知状況」など、セルフサービスBIの導入状況を把握するための質問。その結果、全体で11.5%の企業が導入していることが明らかとなった。
 なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「分析/データ分析ツールの導入状況(2015年)」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「分析/データ分析ツールの導入状況(2015年)」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

現在、最も分析/活用されているデータは販売・財務などの「構造化データ」

 はじめに、現在、分析/活用しているデータ内容を尋ねた(図1-1)。その結果、1位は「構造化データ(販売・財務データなど)」で61.5%、2位は「Webサイトのアクセスログデータ」で33.0%、3位は「コールセンタのログデータ(音声・映像など)」で17.0%、4位は「半構造化データ(XMLデータ)」で7.5%、5位は「ソーシャルメディア(TwitterやFacebookなど)のデータ」で7.0%と続いた。

 一方、今後、分析/活用したいと感じているデータ内容では、1位は「構造化データ(販売・財務データなど)」で45.3%、2位は「Webサイトのアクセスログデータ」で19.8%、3位は「半構造化データ(XMLデータ)」で15.6%、同率4位は「センサーデータ(RFIDなど)」と「コールセンタのログデータ(音声・映像など)」で14.6%という結果となった(図1-2)。従業員規模別に見た場合、1001名以上の大企業においては「構造化データ(販売・財務データなど)」では35.1%にとどまっているのに対し、100名以下の中小企業では57.5%で1.6倍近くの差があり、今後分析データの活用を希望していることが分かった。この結果から見て、大企業では構造化データの分析や活用は既に行われており、非構造化データの分析「Webサイトのアクセスログデータ」(33.3%)「コールセンタのログデータ(音声・映像など)」(19.8%)などに検討内容が移ってきていることが推測される。

図1 現在、分析/活用しているデータ内容・分析/活用したいと感じているデータ内容(複数回答)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 現在、分析/活用しているデータ内容・分析/活用したいと感じているデータ内容(複数回答)
このページの先頭へ

2

企業規模問わず、データ分析ツールは“表計算ソフト”が6割を占める結果に

 次に、データ分析/活用のために導入しているツールを尋ねた(図2)。その結果、1位は「表計算ソフトウェア(Excelなど)」で63.0%、2位は「汎用データベース(Oracle DatabaseやMicrosoft SQL Serverなど)」で34.5%、3位は「Webログ解析ツール」で26.5%、4位は「レポーティングツール」で23.0%、5位は「データウェアハウス」で18.5%と続いた。

 1位となった「表計算ソフトウェア(Excelなど)」でもグラフ作成は可能だが、あくまでも主な機能は表計算がメインとなる。一方、データ分析をメインとしている「BIスイート(OLAP、レポーティング、テキストマイニングなどを含む)」の導入率はわずか17.0%と大きな差をみせた。どちらのソフトを使用しても“分析データ出力”が可能ではあるものの、企業規模・業種問わずに専門ソフトの導入ではなく、最も馴染みのある表計算ソフトの活用が進んでいる現状が見てとれる。

図2 データ分析/活用のために導入しているツール(複数回答)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図2 データ分析/活用のために導入しているツール(複数回答)
このページの先頭へ

3

業務部門の使用率が5割以上。しかしデータ分析ツールの導入までには至らず

 続いて、データ分析/活用ツールを利用している部門を聞いてみた。その結果、「情報システム部門」が47.0%、「営業部門」が37.1%、「財務・経理部門」が36.6%、「経営企画」が33.2%、「マーケティング部門」が29.2%となった(図3)。整理すると、IT部門は47.0%、業務部門は53.0%となった。

 関連して、業務部門から「自分自身でデータ分析を行いたいという要望があるか」と尋ねると、「要望がない」が54.4%、「要望はあるが、分析環境を提供できていない」が31.0%、「要望があり、分析環境を提供している」が14.6%という結果になった。まとめると、45.6%が要望があることが分かった。

 分析データの運用や作成を行っていたのはIT部門だが、特定の業種や業務に限らずユーザ部門で分析データを活用するケースが増えている。だからこそ、IT知識がなくとも分析結果を入手するツールを求めていることが本結果で明らかとなった。

図3 データ分析/活用ツールを利用している部門(複数回答)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図3 データ分析/活用ツールを利用している部門(複数回答)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

分析/データ分析ツールの導入状況(2015年)」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「分析」関連情報をランダムに表示しています。

分析」関連の製品

オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】 SensorCorpus(センサーコーパス) 【インフォコーパス】 ファイルサーバー統合管理システムGDMS3.0 【ジャストシステム】
BI データ分析ソリューション サーバー管理
“かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。
様々なセンサデータの収集から管理、可視化、分析までを、簡単・安価・セキュアに実現可能な“IoTサービスプラットフォーム”。 肥大化したファイルサーバーを素早く「状況把握」「分析」「整理」し、肥大化対策とセキュリティ管理の自動化を実現するシステム。

分析」関連の特集


まるでSF映画に出てきそうな3次元仮想空間「ネットワークリアルタイム可視化技術」をご紹介!ネットワー…



柔軟なワークスタイルを実現するためには、スマートフォンやタブレットなどを活用したモバイルワーク環境の…



アプリケーション開発や改修に欠かせないテスト工程。この工程にかかるコストを削減する際の切り札となるの…


分析」関連のセミナー

2020年までにIT部門が取り組むべき課題とは? 【富士通マーケティング】 締切間近 

開催日 6月1日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

拝啓 貴社益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は格別なご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。ビジネス環境が目まぐるしく変化する昨今、IoT/クラウド/人工…

企業向けIoTプラットフォーム「SensorCorpus」の全貌 【インフォコーパス】 締切間近 

開催日 6月3日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

現在、様々なIoTプラットフォームが提供されていますが、エンタープライズIoTプラットフォーム「SensorCorpus」はセンサデータの管理、見える化、分析ま…

サイボウズ社内での活用事例から学ぶkintone 【富士ゼロックス京都/サイボウズ】 締切間近 

開催日 6月2日(木)   開催地 京都府   参加費 無料

『サイボウズ社内での活用事例から学ぶkintone 』〜メーカー自らが実践しているkintone活用法大公開〜 と題しまして、kintoneでなにができるの?と…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

分析/ データ分析ツールの導入状況(2015年)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「分析/ データ分析ツールの導入状況(2015年)」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008349


IT・IT製品TOP > データ分析 > データ分析ソリューション > データ分析ソリューションのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ