2016年は普及元年!美麗画質を可能にする「Ultra HD Blu-ray」

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

流行りモノから新技術まで! 5分でわかる最新キーワード解説

2016年は普及元年!美麗画質を可能にする「Ultra HD Blu-ray」

2016/01/06


 DVD画質(SD映像)からブルーレイ画質(HD映像)に変わった、その驚きを上回る美しい映像(4K/UHD)体験ができる次世代規格「Ultra HD Blu-ray」が昨年正式に決まり、対応レコーダ(Ultra HD Blu-rayディスク再生が可能)も発売されました。ハリウッド映画をはじめとするコンテンツがUltra HD Blu-rayディスクに載せられ、今年は続々と登場する見込みです。当初はハイエンド映像を求めるニッチな市場から始まりそうですが、ターゲットは業務用途ではなくあくまでコンシューマ。今年はUltra HD Blu-ray普及元年となるでしょう。今回は、そんなUltra HD Blu-ray仕様のあらましを見てみましょう。

Ultra HD Blu-ray

※「Ultra HD Blu-ray/2016年は普及元年!美麗画質を可能にする「Ultra HD Blu-ray」」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「Ultra HD Blu-ray/2016年は普及元年!美麗画質を可能にする「Ultra HD Blu-ray」」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

「Ultra HD Blu-ray」って何?

   DVDからBlu-rayへと進化した映像記録用光ディスクの次世代規格。4K映像対応と大幅な映像品質向上を実現する。昨年5月、BDA(ブルーレイディスクアソシエーション/「関連するキーワード」の項参照)が規格策定を完了し、8月にはBDAからのライセンス提供が開始された。これを受け、11月にはパナソニックから世界初となる対応レコーダが発売されており、今春からハリウッドメジャー映画会社から対応コンテンツが続々と提供される運びになる。

1-1

「Ultra HD Blu-ray」の特徴は?

 「4K(UHD)テレビ」は家電店の注目商品の1つになっているが、4K対応カメラでの撮影データを再生する以外のコンテンツは、スカパー4Kなどの放送か、Netflixなどのインターネット配信に限られる。また帯域幅の問題があるため、大容量映像を安定して忠実に再現するにはまだ課題がある。主にコンテンツの不足が壁になり、4K映像の迫力に惹かれながらも4Kテレビ購入をためらっている人も多いに違いない。
 そこでかねてから検討・開発されてきたのが4K対応の光ディスクだ。DVDやBlu-rayディスクのように、販売店などから気軽にコンテンツを入手でき、ローカルの安定した環境で再生できるようになれば、4K高品質映像の普及に一気に弾みがつくだろう。それが今年、やっと実現にこぎつける。Ultra HD Blu-ray規格対応レコーダ/プレーヤーでの利用を前提に、ハリウッドのメジャー映画会社をはじめとするコンテンツプロバイダーがコンテンツを続々と提供していくことが予定されているのだ。
 さて、Ultra HD Blu-ray規格の特長は、4K対応は当たり前として、何といっても映像品質の高さだ。まだディスクそのものは市販されていないが、デモ用のディスク映像を昨年発売のレコーダで再生し、ハイエンドの4Kテレビで実際に観たところ、筆者は被写体をその場で自分の目で見ているかのような感覚を覚えた。VRやAR技術などでなく、3D映像でもなく、普段見慣れているはずの2次元映像なのにもかかわらず、それら技術を使った映像よりリアルに見えたのだ。比較するなら写真や劇場スクリーンであって、従来のテレビとの比較は適当でないと感じた。
 図1に映像の一例を掲げる。ブラウザの画像は実際とはほど遠いのだが、ポイントは夕日で逆光になっている山や木々、地面、および太陽のディテールだ。左は暗く、右は明るい…ように見えるが、よく見ると左側の画像で暗い部分の多くは右側でも暗い。明るい部分はより明るいが、その明るい部分によって景色がぼんやりすることはなく、太陽の丸みが鮮明に見える。どちらが目で見る光景に近いかは言うまでもない。

図1 従来の映像(左)とUltra HD Blu-rayの映像(右)の対比
図1 従来の映像(左)とUltra HD Blu-rayの映像(右)の対比
資料提供:パナソニック

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2016/12/31まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 象印マホービン 圧力IH炊飯ジャー「極め炊き NP-YB10」 
●A賞:抽選で1名様
 HUAWEI Windows 10 Pro搭載 2in1デバイス「HUAWEI MateBook M3」 
●C賞:抽選で1名様
 iRobot 床拭きロボット「ブラーバ ジェット240」 
●D賞:抽選で1名様
 プリンセス 大皿みたいな白いホットプレート「Table Grill Pure」 
●E賞:抽選で2名様
 ASUS 毎日の健康をスマートに記録「VivoWatch」 

このページの先頭へ
関連キーワード

Ultra HD Blu-ray/2016年は普及元年!美麗画質を可能にする「Ultra HD Blu-ray」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Ultra HD Blu-ray」関連情報をランダムに表示しています。

「その他バックアップ関連」関連の特集


東京都が実施したアンケート調査によると、都内の中小製造業でBCPを作成していた企業は、作成中を含めて…



東北のIT企業に震災の教訓を学ぶシリーズ第二弾。今回のポイントは、安否確認における声の重要性と外部に…



BCP(事業継続計画)の中で、ITシステムの迅速な復旧は非常に重要な要素となる。BCPを意識しつつ、…


「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Ultra HD Blu-ray/ 2016年は普及元年!美麗画質を可能にする「Ultra HD Blu-ray」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Ultra HD Blu-ray/ 2016年は普及元年!美麗画質を可能にする「Ultra HD Blu-ray」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30008343


IT・IT製品TOP > バックアップ > その他バックアップ関連 > その他バックアップ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ