電気代を「60%削減」、コンビニで15種類の

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


電気代を「60%削減」、コンビニで15種類の技術が光る

本記事はモノづくりスペシャリストのための情報ポータル MONOist から転載しています。

ローソンは2014年11月12日、愛知県に新店舗「ローソン豊橋明海工業団地店」を開店した。最大の特徴は電気使用量が2010年比で約60%削減できること。これは同社の店舗として最大の削減率だ。CO2冷媒冷蔵ケースとLED照明の効果が大きいという。

ローソンは2014年11月12日、愛知県に新店舗「ローソン豊橋明海工業団地店」(豊橋市明海町)を開店した(図1)*1)。最大の特徴は電気使用量が2010年比で約60%削減できること。これは同社の店舗として最大の削減率だ。
 同社は最新の省エネルギー技術を数多く導入した環境配慮型の実験店舗を2008年から各地で展開している。今回は7店舗目だ(関連記事)。
 「今回の新店舗に対する設備投資額は通常店舗と比べて約2倍だ」(同社)。これは15種類ものエネルギー関連技術を導入しているためだ。今後新店舗を運営し、効果が大きいことが分かった技術を既存店に導入していく。
 図2に新店舗内に配置したエネルギー関連技術の位置を示した。導入した技術は大きく3種類に分かれる。図2では3種類の技術を色分けして示した。建物の断熱・遮熱性能向上(赤)、自然エネルギーの活用(緑)、機器性能の向上(青)である*2)。図2では左上側が南になる。

図1 秋田県由利本荘市と新店舗の位置
雪貯蔵庫を設けた

雪貯蔵空調連携システムは2つの部分からなる。まず、冬季に貯蔵した雪を利用し、雪解け水を熱交換器との間で循環させる。次に、熱交換器を通じて店内の冷房を作動させる。関連記事で紹介した最新の仕組みだ。
 「降雪シーズンの終盤に外部の企業に依頼して面積33.3m2の雪貯蔵庫に3mの高さまで雪を入れる。100m3の雪を使って、2014年の夏季の冷房をどの程度まかなうことができるかを調べていく」(ローソン)。
 太陽熱利用暖房システムは冬季の省エネに役立つ設備。「店舗の背面、冷蔵ケースの外側のちょうど雪貯蔵庫に面する壁面を使う。ここは面積のある二重ガラス窓になっており、2枚のガラスの間にヒートパイプを入れる。この熱を店舗の床に通じることで暖房をまかなう」(同社)。
 設備の設置状況を図2に示した。図2にふった番号(赤丸)は図3の設備一覧の番号に対応する。

図2 新店舗と設置した設備 [ 出典 ] ローソン

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

コンビニ/電気代を「60%削減」、コンビニで15種類の」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「コンビニ」関連情報をランダムに表示しています。

コンビニ」関連の製品

Create!Form 【インフォテック】
電子帳票システム
簡単な作業ステップで作成できる帳票設計・出力支援ソフトウェア。
グラフやバーコードなど多様な表現が可能。
PDF・HTML・プリンタ印刷で高速な出力を実現。

コンビニ」関連の特集


無線LANの不安要素である「セキュリティ」対策。今回は無線LANのセキュリティに焦点を当てながら、無…



生活シーンから得られる情報を総合的に判断して認証する「ライフスタイル認証」。手間なしで高セキュリティ…



 タブレット端末やスマートフォンの普及にともなって、インターネット上の検索や購買履歴の情報などをGP…


このページの先頭へ

コンビニ/電気代を「60%削減」、コンビニで15種類の」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「コンビニ/電気代を「60%削減」、コンビニで15種類の」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008342



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ