本当に“最適化”できていますか?改めて見直すクライアント環境

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

本当に“最適化”できていますか?
改めて見直すクライアント環境

2016/03/07

 現在の企業ITの課題はシステム運用管理コストの削減と情報漏洩防止などリスク管理が主要な2つ。それに加えてモバイルコンピューティングや在宅ワークを始めとする「ワークスタイルの変革」という新しい視点でのIT環境が求められるようになった。しかしこれら3課題は相反する要素があり、コストを抑えてすべて実現することが難しい。その解決に向けて昨今注目されている技術の1つが「デスクトップ仮想化」だ。
 本記事では、デスクトップ仮想化の基礎からビジネスへの生かし方のポイントを考えてみる。第1回目の今回は、クライアント環境を改善する方法に何があるかを改めて整理する。

デスクトップ仮想化

※「デスクトップ仮想化/本当に“最適化”できていますか?改めて見直すクライアント環境」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「デスクトップ仮想化/本当に“最適化”できていますか?改めて見直すクライアント環境」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1デスクトップ仮想化の目的は?

 すでにキーワードとしての認知度は高いものの、実際に導入議論を始めると、人によってイメージが違うことに愕然とするのが「デスクトップ仮想化」だ。ただし課題感はだいたい共通している。

PC管理コストを抑えたい

PCのセキュリティを標準化したい/情報漏洩を防ぎたい

システムコスト/ライセンスコストを抑えたい

テレワークでも社内と同様の環境を利用したい

災害時の事業継続性を確保したい

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

デスクトップ仮想化/本当に“最適化”できていますか?改めて見直すクライアント環境」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「デスクトップ仮想化」関連情報をランダムに表示しています。

デスクトップ仮想化」関連の製品

PAS-K シリーズ 【パイオリンク】 ユーザーの利便性を落とさないインターネット分離の方法 【ソフトバンク コマース&サービス】
ADC/ロードバランサ VDI
PAS-Kシリーズは、負荷分散機能とセキュリティのための高性能処理、及び、拡張性を高めるために設計されたアドバンストADC製品。 相次ぐ標的型攻撃の被害を受け、抜本的な対策として注目を集める方法が「インターネット分離」だ。これを手軽に、ユーザーの利便性を極力損なわずに実現する方法とは。

デスクトップ仮想化」関連の特集


クライアント管理の負荷が高まる中、導入増加傾向にある注目のデスクトップ仮想化。2012年度にかけての…



サーバ・ストレージ・ネットワークと適用範囲が広がる仮想化。仮想化ソフトがサーバに標準搭載される影響な…



 仮想化ソフトウェアやシンクライアントの市場が拡大する中で、デスクトップ仮想化(VDI:Virtua…


デスクトップ仮想化」関連のセミナー

VERDEセミナー 【オリゾンシステムズ】  

開催日 4月12日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

仮想化デスクトップ(VDI)の導入をご検討されている方へ朗報!BYODへの対応、事業継続計画(BCP)の策定、Windows XPのサポート問題、セキュリティ対…

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

デスクトップ仮想化/ 本当に“最適化”できていますか?改めて見直すクライアント環境」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「デスクトップ仮想化/ 本当に“最適化”できていますか?改めて見直すクライアント環境」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30008323


IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ