運用は何が変わるの?メール誤送信防止ソリューションの基礎知識

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

運用は何が変わるの?
メール誤送信防止ソリューションの基礎知識

2016/03/01

 企業内の貴重な情報資産を守るためには、標的型攻撃など外部からの脅威に対抗するだけでなく、内部からの漏えいを防ぐ手立ても必要になる。その中の1つに挙げられるのが、うっかりミスによるメール誤送信を防ぐためのメール誤送信防止ソリューションだ。メールの保留による再確認や添付ファイル暗号化、上長承認など様々な機能が備わっているが、導入することで日々の運用がどのように変わるのか、イメージできていない人もいるはずだ。そこで今回は、メール誤送信防止の基本的な考え方とともに、どのように運用が変わるのかについて解説する。

メール誤送信防止ソリューション

※「メール誤送信防止ソリューション/運用は何が変わるの?メール誤送信防止ソリューションの基礎知識」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「メール誤送信防止ソリューション/運用は何が変わるの?メール誤送信防止ソリューションの基礎知識」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1メール誤送信防止ソリューションの基本

1-1メール誤送信防止ソリューションとは

 原価の入った見積書を客先に送ってしまった、BCCに入れるべき宛先をCCに入れたことで全員のメールアドレスが公開されてしまった、社内の人に送るはずのメールを誤って取引先に・・・意図せずに誤ってメールを送ってしまう、いわゆる「メール誤送信」は日常的に発生しており、誰しも一度は経験があることだろう。一歩間違えば信頼を失ったり、最悪の場合は取引先を失ったりなど大事に発展することも。中にはメールの誤送信で諭旨退職にまで追い込まれた事例もあるほどで、メール誤送信は決して他人事では済まされないものだ。
 このメール誤送信を防止するために提供されているのが「メール誤送信防止ソリューション」だ。送信メールの一時保留や添付ファイルの暗号化、Bccへの強制変換など、万一に備えた誤送信防止機能が備わっており、最近ではクラウド環境でサービスとして利用できる環境も整っている。最近のメールサービスでは簡単な誤送信防止の機能は備わっているが、現場に合わせた詳細な設定まではできないのが現状だ。だからこそ、万一の過失に備えてメール誤送信防止ソリューションが検討されることになる。

図1 画面イメージ
図1 画面イメージ
資料提供:NTTソフトウェア

■メール誤送信防止ソリューションの基本機能

 メール誤送信防止ソリューションの主な機能としては、メール送信後に自らメールの内容を確認できる「送信メールチェック」をはじめ、一時的にメールを保留して間違いに気づく時間を確保する「送信メールの一時保留」、特定の宛先や件数の多いメールなど特定の条件に沿って強制的にBccにあて先を変換する「Bcc強制変換」、上司やメンバーなど第三者のチェック後に送信可能になる「上長承認」、他にも「添付ファイルの暗号化」「添付ファイルのWebダウンロード」などの機能が備わっており、万一の誤送信に対して現場の運用に合わせた様々なアプローチが可能となっている。
 メール誤送信防止ソリューションは、その名の通り誤送信を防ぐために有効なソリューションだが、実際に導入する企業では、メールに対するセキュリティ教育や啓蒙活動の一環として利用するケースも少なくない。実際に運用を始めると、最初は確認作業など手間が増える印象があるが、しばらくすると確認画面が出ないことに不安を覚える人も多いようで、ある意味“中毒性”のあるソリューションともいえる。

図2 機能イメージ
図2 機能イメージ
資料提供:クオリティア

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

メール誤送信防止ソリューション/運用は何が変わるの?メール誤送信防止ソリューションの基礎知識」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メール誤送信防止ソリューション」関連情報をランダムに表示しています。

メール誤送信防止ソリューション」関連の製品

メール誤送信防止ソリューション「Active! gate」 【クオリティア】
メールセキュリティ
上司承認(オプション)を含む7つのアプローチを1つの製品で実現するメール誤送信対策ソフトウェア。アプライアンス版も提供。ユーザがポリシー設定でき運用負荷も軽減。

メール誤送信防止ソリューション」関連の特集


メール誤送信防止ソリューション、頭ではイメージできるけど、具体的にどうやって使うのかイメージしにくい…



 最終回の今回は、前回説明したクライアント型のメール誤送信対策の導入の注意事項に加え、弊社ソリューシ…



過失による情報漏洩の中で大きな割合を占めているメールによる誤送信。このメール誤送信に関する法的なリス…


「メールセキュリティ」関連の製品

ActSecureクラウドメールセキュリティサービス 【NEC】 標的型攻撃入口対策ソフト 「CipherCraft/Mail 標的型メール対策」 【エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア】 アンチスパムソリューション「Active! hunter」 【クオリティア】
メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ
標的型メール攻撃対策やメール誤送信対策、事後調査や監査対応などに有効なメールアーカイブ機能などのセキュリティ対策をクラウド(SaaS型)で提供。最短7日で導入可能。 受信メールに紛れ込む不審なメールをリアルタイムで検知・隔離し、受信する前に警告を出して注意を促すことで、標的型攻撃を未然に防ぐソフトウェア。 コラボレーション型「CLOUDMARK」、学習型「SVM」の強力なツインエンジンを搭載したアンチスパムソリューション。アプライアンスタイプも提供。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

メール誤送信防止ソリューション/ 運用は何が変わるの?メール誤送信防止ソリューションの基礎知識」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「メール誤送信防止ソリューション/ 運用は何が変わるの?メール誤送信防止ソリューションの基礎知識」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30008321


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ