弁護士に聞く!メール誤送信における法的リスクとその対策

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

弁護士に聞く!
メール誤送信における法的リスクとその対策

2016/02/29

 個人情報や機密情報など企業内で管理されている重要な情報が漏えいする事件は後を絶たない。実際の事件を見ると、故意に情報を盗み出すケースもあれば、過失によって情報を漏らしてしまうケースもある。過失による情報漏えいの中で大きな割合を占めているのがメールによる誤送信だろう。そこで今回は、メール誤送信に関するリスクについて、法的な視点から企業を支援している梅宮総合法律事務所の梅宮 聡弁護士に、弁護士の立場からメール誤送信の実態についてお聞きした。

メール誤送信防止ソリューション

※「メール誤送信防止ソリューション/弁護士に聞く!メール誤送信における法的リスクとその対策」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「メール誤送信防止ソリューション/弁護士に聞く!メール誤送信における法的リスクとその対策」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1メール誤送信の裁判事情

■メール誤送信よりも情報の取り扱いに関する相談が中心

 もともと一般企業の情報システム部門に在籍し、業務システムの開発をはじめ、個人情報のガイドライン作成やWeb脆弱性診断度の監査など、セキュリティ担当として活躍したのちに法曹界へ転進した梅宮氏。セキュリティ関連の相談もよく受けるなど、IT関連の案件を多く引き受けている。そんな梅宮氏にメール誤送信の話題について聞いたところ、「一般的には情報漏えいに対する相談や情報の取扱いに関する相談が多く寄せられており、メール誤送信だけに限定した相談というのはあまりありません」と語る。情報の取り扱い手段の1つにメールがあり、情報漏えいリスクとしてメール誤送信というキーワードが出てくることはあるという。とはいえ、なかなかメール誤送信対策にまでたどりついていない企業も多く、投資の優先順位はまだそれほど高くないという。

 実際の情報漏えい対策では、まずは入退出管理など物理的な対策から入ることが一般的で、PCでアクセスできる範囲を絞っていきながら、情報が持つ価値を基準に情報の受け渡しルートごとの対策を検討していくことになるという。「メールに限定してみれば、メールで何を送信する機会があるのか、メールを送信するPCに何が入っているのかも重要になってきます」と梅宮氏。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

メール誤送信防止ソリューション/弁護士に聞く!メール誤送信における法的リスクとその対策」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メール誤送信防止ソリューション」関連情報をランダムに表示しています。

メール誤送信防止ソリューション」関連の製品

メール誤送信防止ソリューション「Active! gate」 【クオリティア】
メールセキュリティ
上司承認(オプション)を含む7つのアプローチを1つの製品で実現するメール誤送信対策ソフトウェア。アプライアンス版も提供。ユーザがポリシー設定でき運用負荷も軽減。

メール誤送信防止ソリューション」関連の特集


「境界領域」、「内部ネットワーク」、「エンドポイント」に分け、それぞれでチェックすべきセキュリティ…



 最終回の今回は、前回説明したクライアント型のメール誤送信対策の導入の注意事項に加え、弊社ソリューシ…



うっかりミスによるメール誤送信を防ぐために役立つメール誤送信防止ソリューションですが、導入することで…


「メールセキュリティ」関連の製品

アンチスパムソリューション「Active! hunter」 【クオリティア】 Email Security Gateway(旧 Spam Firewall PLUS) 【バラクーダネットワークスジャパン】 クラウド型メール誤送信対策サービス「Active! gate SS」 【クオリティア】
メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ
コラボレーション型「CLOUDMARK」、学習型「SVM」の強力なツインエンジンを搭載したアンチスパムソリューション。アプライアンスタイプも提供。 迷惑メール・アンチスパム対策、ウイルス防御、メールによるDoS防止、暗号化、ファイル転送などの機能を組み合わせた統合型セキュリティソリューション。 クラウド型メール誤送信対策サービス
◎7つのアプローチを網羅し本格的な対策を実現
◎短期間で簡単に導入可能
◎サーバ構成に依存せず、Google Apps、Office 365にも対応

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

メール誤送信防止ソリューション/ 弁護士に聞く!メール誤送信における法的リスクとその対策」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「メール誤送信防止ソリューション/ 弁護士に聞く!メール誤送信における法的リスクとその対策」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008320


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ