ランブックオートメーションのその先は?クラウド時代の統合運用管理虎の巻

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

ランブックオートメーションのその先は?
クラウド時代の統合運用管理虎の巻

2016/02/16

 企業のITコストの約7割が、既存IT環境の維持や運用に費やされると言われている。ビジネスのITへの依存度がますます高まる今日、維持運用コストを削減し、浮いたリソースを戦略的なIT施策に振り分けることがビジネス成長の鍵を握るとされてきた。  

 この目的を達成するために、システム運用の自動化、省力化を支援するツールを各ベンダは提供してきたが、導入しても思うように効果が上がらないケースも多いと聞く。これまでの運用自動化ツールが抱えていた問題点とは一体何だったのか? そして最新のツールは、それをどうやって克服しようとしているのだろうか?

統合運用管理

※「統合運用管理/ランブックオートメーションのその先は?クラウド時代の統合運用管理虎の巻」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「統合運用管理/ランブックオートメーションのその先は?クラウド時代の統合運用管理虎の巻」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1今、システム運用管理の現場で自動化が求められる理由

1-1人手は減る一方、でも仕事は増える一方…

 「システム運用の自動化」と一口に言っても、それが意味するところは1つではない。例えば、どの企業でも当たり前のように行っているジョブ管理も、これはこれで立派な自動化の取り組みの1つだ。ただし、現在問題になっているのは、ジョブのように定期的にプログラムで自動処理できるタスクではなく、不定期に発生し、人間が介在しないと処理できない作業の方だ。  

 例えば、サーバに対するパッチ適用や、ユーザのパスワード変更などが典型例だ。これらは不定期かつ頻繁に発生し、これまでは人間の手で直接行われてきたため、ジョブ管理のような自動化の仕組みに載せることもできず、長らく運用管理作業の工数を圧迫してきた。 

 それでも、これまでは何とか“現場の頑張り”でこなせてきた。しかし「コスト削減」の名の下、多くの企業でITの予算や人員が極限まで削られているにもかかわらず、上層部からは「ビジネスに寄与するITの活用を考えろ」と言われ、セキュリティ意識の高まりに応じてパッチ適用やパスワード変更の作業は増え続ける一方だ。更に社内でのクラウドサービスの利用が増えるにつれ、ITガバナンスの維持にもこれまで以上に手間が掛かるようになってきた。  

 このように「人手は減る一方なのに、仕事量は増え続ける」状況では、これまでの仕事のやり方を大幅に効率化できない限り、現場の仕事は到底回らなくなってくる。こうした切実な理由からシステム運用の自動化が今求められているのだ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

統合運用管理/ランブックオートメーションのその先は?クラウド時代の統合運用管理虎の巻」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

統合運用管理」関連の製品

Senju DevOperation Conductor 【野村総合研究所】 IT資産管理・情報漏えい対策 LanScope Cat 【エムオーテックス】 運用基盤クラウドサービス mPLAT 【野村総合研究所】
統合運用管理 IT資産管理 統合運用管理
「見やすく」「使いやすい」運用管理ツール。5つのサブシステムで構成され、システム全体の可視化と運用自動化を統一されたインターフェースで一元的に行える。 IT資産管理、操作ログ管理、マルウェア対策、ファイル配布、各種レポートやリモートコントロールなど、セキュリティ対策やIT資産管理に必要な機能を網羅したパッケージ。 システム運用に必要な機能をSaaS型で提供するクラウドサービス。Senju Familyベースのサービスを必要な部分のみ選択することにより、最適な運用環境を短期間に実現。

統合運用管理」関連の特集


全社をあげてCO2削減に取り組む方針が決定!さて、あなたは何から始めますか?IT部門として考えたい、…



J-SOX対応の流れで内部不正防止目的として導入が進んだ統合ログ管理ツール。現在ではシステム部以外の…



今のことだけを考えて製品導入…数年後に大後悔…なんてことにならないように、導入前の製品選択ポイントを…


統合運用管理」関連のセミナー

ユーザーからの「何か遅い」その原因を特定する仕組みと手順 【ゾーホージャパン】 注目 

開催日 10月20日(金),12月19日(火),1月19日(金)   開催地 神奈川県   参加費 無料

こんな方にオススメですこの手のツールの新規導入・乗り換えを検討中だけど...●どれくらいの費用感で何をどこまでできるのか知りたい●導入実績や製品の強みを知りたい…

仮想化後によくある悩みとトラブルシューティング事例いろいろ 【ピー・ビーシステムズ/ゾーホージャパン】  

開催日 11月29日(水)   開催地 福岡県   参加費 無料

●サーバー仮想化を実施したが原因不明の「何か遅い…」が解決できない●仮想サーバーが増加傾向にあり、管理が煩雑になりつつある●サーバー・ネットワーク統合監視ソフト…

国内トップシェア製品 JP1の提案や見積もりのコツ! 【主催:アシスト】  

開催日 11月9日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

システムに欠かせない運用管理製品 JP1 を皆様の武器に、ご提案のメリットとそのノウハウをご紹介運用業務を実現するために国内の多くのユーザ企業がJP1を選んでい…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

統合運用管理/ ランブックオートメーションのその先は?クラウド時代の統合運用管理虎の巻」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「統合運用管理/ ランブックオートメーションのその先は?クラウド時代の統合運用管理虎の巻」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30008315


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ