データ活用力アップ!“データ仮想化”を「導入ステップ」と先進事例で学ぶ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

企業のデータ活用力アップ!
“データ仮想化”を「導入ステップ」と先進事例で学ぶ

2016/01/27

 まだ概念も十分に広まってないように思える「データ仮想化」。従来のデータ活用基盤と何が異なるのかを理解できていないユーザがいる一方で、一部の企業ではソリューションを導入して現実のビジネスに活用しはじめているようだ。まずはデータ仮想化ソリューションを導入するにあたり、整理すべき要件や構築すべき環境、導入後の留意事項をガイドした後、先進企業におけるデータ仮想化ソリューション活用事例を紹介したい。

データ仮想化

※「データ仮想化/データ活用力アップ!“データ仮想化”を「導入ステップ」と先進事例で学ぶ」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「データ仮想化/データ活用力アップ!“データ仮想化”を「導入ステップ」と先進事例で学ぶ」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1データ仮想化の導入ステップ

 データ仮想化ソリューションの導入前と導入後、それぞれについて押さえておきたい内容を紹介していきたい。

1-1導入前

 まずデータ仮想化ソリューションの導入の前に整理しておくべき事柄として、当たり前だが活用用途とその目的、使用するユーザを明確にしておくことが挙げられる。

 続いてそのために必要となる社内もしくは社外のデータの品質評価を行い、データのクレンジングが必要かどうかなどを判断する。既存のデータベースや業務システム等のソースシステムとの連携については、データ仮想化ソリューションが備えるコネクターの設定で接続するため、対応が可能かどうかを事前に調査するようにしたい。

 データに関しては、データを仮想化するので必要なデータがすべてデータベースに揃っている必要はない。例えば会計システムで管理している実績データと、ローカルのExcelで管理している計画データを、仮想的に統合して予実分析することも可能だからだ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

データ仮想化/データ活用力アップ!“データ仮想化”を「導入ステップ」と先進事例で学ぶ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データ仮想化」関連情報をランダムに表示しています。

データ仮想化」関連の特集


ビッグデータの“その先”を見据えた「データ仮想化」とは一体…!?データ活用が重視される時代に活躍間違…



ビッグデータの“その先”を見据えた「データ仮想化」とは一体…!?後編ではシステム運用面ビジネス面での…



いまあるデータベースを速くするには? 最新データベース技術の「うまみ」を最大化するには? 最新の技術…


「その他仮想化関連」関連の特集


拠点に乱立するサーバ。もはや手に追えなくなっていませんか?今回はインフラを最適化しコスト削減に有効な…



サーバーにストレージ、ネットワークやデスクトップ…これら“仮想化”の違い、説明できますか!?今では一…



有名企業の進出が続々と報告されている、話題の3次元仮想ワールドSecond Life(セカンドライフ…


「その他仮想化関連」関連のセミナー

Nutanix/VMware 2大メーカー ヨーロッパイベントからの最前線 【ネットワールド】  

開催日 1月27日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

ウィーンで開催された「Nutanix .NEXT Conference EUROPE」とバルセロナで開催された「VMworld EMEA」からの情報 2本立てV…

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

データ仮想化/ データ活用力アップ!“データ仮想化”を「導入ステップ」と先進事例で学ぶ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「データ仮想化/ データ活用力アップ!“データ仮想化”を「導入ステップ」と先進事例で学ぶ」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30008307


IT・IT製品TOP > 仮想化 > その他仮想化関連 > その他仮想化関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ