“データを返してほしければ身代金を払え”――今どきのデータ保護を考える

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

“データを返してほしければ身代金を払え”――
今どきのデータ保護を考える

2016/01/20

 なぜバックアップが必要なのか。その理由はハードウェア障害対策、災害対策などさまざまだが、つまるところ何かトラブルが発生したとしても業務を継続できることが主眼だ。ここに新しい要素が入ってきた。それはサイバー攻撃対策としてのバックアップだ。あらためてセキュリティ対策としてのバックアップについて考えてみたい。

バックアップ

※「バックアップ/“データを返してほしければ身代金を払え”――今どきのデータ保護を考える」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「バックアップ/“データを返してほしければ身代金を払え”――今どきのデータ保護を考える」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1サイバー攻撃にさらされる日本企業

 悪意あるソフトウェアによる被害は後を絶たない。特に気を付けなくてはならないのは、メールなどに添付したファイルをクリックしてしまうことで感染するタイプのマルウェアだろう。見た目はWord(doc、docx)のアイコンでも実は実行ファイル(exe)である場合や、見た目も内容もPDFファイルであるにもかかわらず、そこに脆弱性を攻撃するコードが含まれる場合もある。つまり、気を付けていても気付けないほど、だましの手口は進化している。もはや「怪しいファイルは開かない」というルールだけでは守れなくなっているのが現状だ。

1-1業務を止めてしまうランサムウェアとは何か?

 2015年、日本国内でも「最も恐ろしい」と言われるマルウェアが話題になった。ランサムウェアといい、直訳すれば「身代金要求ソフト」である。これを実行してしまうとPC内にあるOffice文書や画像、音楽、動画といったファイルが、こっそりとパスワード付きで暗号化されてしまう。当然ながらユーザは解除パスワードが分からないのでデータが開けない。

 ほとんどのランサムウェアは、その解除に金銭を要求する。「データを返してほしければ身代金を払え」というわけだ。これまで、欧州を中心に猛威をふるってきたが、ついに日本にもその波がやってきた。2015年12月には、ファイルを暗号化して拡張子を「.vvv」に変えてしまうランサムウェアが話題になったばかりだ。

図1 ランサムウェアに関する相談件数の推移
図1 ランサムウェアに関する相談件数の推移
資料提供:独立行政法人情報処理推進機構

 やっかいなことにランサムウェアの被害はクライアントPCだけで済まない。ネットワークフォルダに接続している環境では、ファイルサーバに保存したファイルも同様に暗号化される。オフィス内のPCがたった1台感染しただけでも、全ての業務が止まってしまうリスクがある。何か有効な対策はないだろうか?

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

バックアップ/“データを返してほしければ身代金を払え”――今どきのデータ保護を考える」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップ」関連情報をランダムに表示しています。

バックアップ」関連の製品

System Center 2012 【日本マイクロソフト】 勤怠管理クラウド・SaaSサービス KING OF TIME(キングオブタイム) 【ヒューマンテクノロジーズ】 NetRAPTOR 【トーテックアメニティ】
データセンター運用 勤怠管理システム フォレンジック
従来型サーバー/データセンタ/プライベートクラウド/パブリッククラウド/クライアント・デバイスをカバーする、IT基盤構築と運用のための統合された管理基盤 サーバー不要で安心・便利なクラウド型勤怠管理システム。国内・海外の勤怠データをリアルタイムに一元管理でき、定期バージョンアップによる進化するシステム。 大容量データも逃さずキャプチャ。添付ファイルも含めた日本語全文検索、リアルタイム通知など、機能充実の国産ネットワークフォレンジックサーバ。

バックアップ」関連の特集


IT担当者554人を対象に「バックアップツールの導入状況」を調査。導入状況や導入目的、満足度から、ツ…



「運用管理に人を割く余裕がない…」企業のシステム環境が複雑化し、管理・監視対象が広がり、管理者の負担…



将来的には1巻あたりTBクラスのものが登場し、データ転送速度もHDDと比べて遜色の無い「バックアップ…


バックアップ」関連のセミナー

お客様のニーズに応えるftServer提案の勘所とメリット 【日本ストラタステクノロジー】 締切間近 

開催日 12月13日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

24時間365日止まらない高信頼性とシンプルな運用が定評の「ftServer」。でも… 「ftServerは高い!?」 「他の可用性システムと何が違うの?」 「…

Zabbix 3.0 認定スペシャリストコース 【Zabbix Japan 】  

開催日 1月11日(水)〜1月13日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 16万2000円(税込)

システム監視のオープンソース化が加速している今、注目を集めているツール、Zabbixの最新版 Zabbix 3.0の公式研修です。受講によりZabbix社から認…

Linux-HAによるクラスタ運用およびトラブルシューティング 【サードウェア】  

開催日 1月26日(木)〜1月27日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 16万2000円(税込)

Linux-HAによるクラスタ運用およびトラブルシューティング(有償、2日間コース)既存で構築されたLinux-HAシステムを運用するために必要な概念、様々な運…

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

バックアップ/ “データを返してほしければ身代金を払え”――今どきのデータ保護を考える」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「バックアップ/ “データを返してほしければ身代金を払え”――今どきのデータ保護を考える」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30008304


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ