“データを返してほしければ身代金を払え”――今どきのデータ保護を考える

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

“データを返してほしければ身代金を払え”――
今どきのデータ保護を考える

2016/01/20

 なぜバックアップが必要なのか。その理由はハードウェア障害対策、災害対策などさまざまだが、つまるところ何かトラブルが発生したとしても業務を継続できることが主眼だ。ここに新しい要素が入ってきた。それはサイバー攻撃対策としてのバックアップだ。あらためてセキュリティ対策としてのバックアップについて考えてみたい。

バックアップ

※「バックアップ/“データを返してほしければ身代金を払え”――今どきのデータ保護を考える」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「バックアップ/“データを返してほしければ身代金を払え”――今どきのデータ保護を考える」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1サイバー攻撃にさらされる日本企業

 悪意あるソフトウェアによる被害は後を絶たない。特に気を付けなくてはならないのは、メールなどに添付したファイルをクリックしてしまうことで感染するタイプのマルウェアだろう。見た目はWord(doc、docx)のアイコンでも実は実行ファイル(exe)である場合や、見た目も内容もPDFファイルであるにもかかわらず、そこに脆弱性を攻撃するコードが含まれる場合もある。つまり、気を付けていても気付けないほど、だましの手口は進化している。もはや「怪しいファイルは開かない」というルールだけでは守れなくなっているのが現状だ。

1-1業務を止めてしまうランサムウェアとは何か?

 2015年、日本国内でも「最も恐ろしい」と言われるマルウェアが話題になった。ランサムウェアといい、直訳すれば「身代金要求ソフト」である。これを実行してしまうとPC内にあるOffice文書や画像、音楽、動画といったファイルが、こっそりとパスワード付きで暗号化されてしまう。当然ながらユーザは解除パスワードが分からないのでデータが開けない。

 ほとんどのランサムウェアは、その解除に金銭を要求する。「データを返してほしければ身代金を払え」というわけだ。これまで、欧州を中心に猛威をふるってきたが、ついに日本にもその波がやってきた。2015年12月には、ファイルを暗号化して拡張子を「.vvv」に変えてしまうランサムウェアが話題になったばかりだ。

図1 ランサムウェアに関する相談件数の推移
図1 ランサムウェアに関する相談件数の推移
資料提供:独立行政法人情報処理推進機構

 やっかいなことにランサムウェアの被害はクライアントPCだけで済まない。ネットワークフォルダに接続している環境では、ファイルサーバに保存したファイルも同様に暗号化される。オフィス内のPCがたった1台感染しただけでも、全ての業務が止まってしまうリスクがある。何か有効な対策はないだろうか?

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

バックアップ/“データを返してほしければ身代金を払え”――今どきのデータ保護を考える」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップ」関連情報をランダムに表示しています。

バックアップ」関連の製品

【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 データ保護戦略を立てる上で知っておきたいランサムウェアの5つのタイプ 【Commvault Systems Japan】
データベースソフト データベースソフト アンチウイルス
専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。 専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。 データ保護戦略を立てる上で知っておきたいランサムウェアの5つのタイプ

バックアップ」関連の特集


大震災をきっかけにBCP対策の一環として移行する企業も増えているハウジングサービス。都市型だけでなく…



IPAが「情報セキュリティ10大脅威」2016年版を公開しました。企業を襲う脅威をまとめた「組織」編…



サーバ市場で躍進を続けるハイパーコンバージドインフラストラクチャ。多くの企業から注目されるには理由が…


バックアップ」関連のセミナー

次世代ハイパーバイザー Nutanix AHVの可能性を見極めろ! 【主催:JBCC 協賛:ネットワールド/ニュータニックス・ジャパン】 注目 

開催日 3月9日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

【本セミナーのポイント】 ●2017年11月にフランス、ニースで開催された「Nutanix .NEXT Europe 2017」からの最新情報をお届け●近年導入…

はじめてのAWSを失敗させない、移行/運用/監視のポイントとは? 【主催:ソニーネットワークコミュニケーションズ/共催:アマゾン ウェブ サービス ジャパン/サイオステクノロジー】 注目 

開催日 3月1日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

移行から運用そして監視まで、AWSを確実に軌道にのせるまでのポイントを分かりやすく解説するセミナーです。AWS導入にあたり誰もが抱える不安や疑問、「自分達だけで…

事例で解説:HCI 早わかり・丸わかりセミナー 【ソフトバンク コマース&サービス/日本コムシス】 締切間近 

開催日 2月27日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

従来のサーバ、ストレージ、SANスイッチ等を組み合わせて「コンバージドインフラ」として利用していたシステム基盤を、1つのアプライアンスで統合を実現した製品のハイ…

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

バックアップ/ “データを返してほしければ身代金を払え”――今どきのデータ保護を考える」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「バックアップ/ “データを返してほしければ身代金を払え”――今どきのデータ保護を考える」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30008304


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ