営業マネージャーのための営業数字(4) 〜回収をみる〜

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


営業マネージャーのための営業数字(4) 〜回収をみる〜

情報システム 2016/03/25

営業メンバーの売上目標や推移を管理し、その進捗に責任を持つ営業マネージャー。本連載では、彼らが持つべきプロフェッショナルな能力の一つ“営業数字の組み立て方”について、そのポイントを紹介しています。今回は「回収」を取り上げ、みるべきポイントを解説いたします。
(本記事は株式会社日本能率協会コンサルティング「営業・マーケティングの知恵ぶくろ」に掲載された記事を転載したものです)

回収のチェック項目

■1.信用限度額

 得意先に対する売上は、貸し売りとすれば、いくらでも伸びますが、会社の資金繰りや、シェアに対する信用状況を十分把握して行う必要があります。個々の得意先に対する「信用限度額」を決めることが回収チェックの第一歩と言えるでしょう。「信用限度額」の決め方には、以下に示すような方法があります。

(1)自社の資金繰りに基づく設定法
 得意先の信用状況よりも、自社の資金繰り状態から決める方法
 信用限度額 = 売上高 ×(資金固定期間/365日)

(2)得意先売上見積りに基づく設定法
 得意先売上高における自社製品の回収期間から、設定する方法。
 この方法で設定すると、得意先の信用状態が入れられないので、財務状況や経営者の考え方などを加えて、修正する必要があります。
 信用限度額 = 得意先仕入見積高 × 自社仕入れ比率 ×(回収期間/365日)
 注)得意先仕入見積高 = 得意先売上見積り高 − 得意先売上総利益見積高

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

(3)得意先売上目標と回収期間による設定法(上表参照)
 過去の実績をベースに、マネージャーと営業マンが話し合い、信用状況などのバランスを考えて設定する方法で、現在多くの企業で行っています。
 信用限度額 = 得意先別売上目標 ×(得意先別回収期間目標/365日)

(4)総合指定法による設定法
 信用限度額設定法(72.3KB)を使い、得意先を総合的に見て設定する方法で、現在最も正確性が高いと考えられています。
 信用限度額 = 1ヶ月販売基準 × 標準信用期間 × 信用指数
 注)・1ヶ月販売基準 = 売上高 × 原価率
   ・標準信用期間 = 請求日から現金になるまでの標準月数
   ・信用指数 = (比率指数値 × ウェイト) + (経営者評価値 × ウェイト) + (その他の評価値 × ウェイト)

 信用限度額は、経営環境や競合他社の条件の変化によって、少なくとも年1回は修正する必要があります。

■2.回収サイト

 回収サイト = 手形期日 × (手形金額×売上高)
 当月100万円の商品を販売し、その代金として、現金で30万円、60日手形で30万円、120日手形で40万円を受け取ったとすると、回収サイトは何日になるでしょうか。

■3.回収率

 回収率 = (回収額/請求額) × 100
 例えば、当月請求額が36,000,000千円で、回収額が32,000,000千円であったとすると、回収率は以下の数字になります。
 回収率 = (32,000,000千円 / 36,000,000千円 ) × 100 = 88.9%

回収におけるポイントとは

■1.信用限度額合計と運転資金のバランスを考えよ

 「信用限度額」を正味運転資金の範囲内にすることで、資金繰りを悪化させないようにできます。「信用限度額」の合計が、運転資金を上回っている場合は、
 (1) 現金回収先を増やす、回収サイトを縮める
 (2) 売掛金を減らす、回収サイトの長い得意先を圧縮する、在庫量を減らす
 (3) 現金支払いを手形にする、支払手形の期日を延ばす
といった手を打つように努めます。

■2.回収基準比率を設定せよ

 売掛金の回収は、回収日数ができるだけ短く、回収率が高ければ高いほど、良くなります。このことから、得意先ごとの回収は、回収期間と回収率の両方から見ることが必要です。
 これを、回収基準比率 = (回収率/回収期間) × 100 と言い、回収の効率がどの程度上がっているかをチェックする指標として使います。例えば、請求額2,500千円に対して、回収額が2,100千円で、回収期間が90日であったとすると、回収基準比率 = 回収率 (2,100千円/2,500千円) × 100 / 回収期間 (90日) = 93.3% となります。

株式会社日本能率協会コンサルティング シニア・コンサルタント 笠井 和弥)

企業プロフィール

株式会社日本能率協会コンサルティング
日本の経営コンサルティングの草分けである日本能率協会コンサルティング(JMAC)は多くの企業と向き合う中で、文化や習慣の違いを超えて、国内や海外を問わず通用する独自の経営管理技術を確立。クライアントの中にある本質的な力を引き出しながら問題解決につなげていく。 コンサルティングの現場で得た経験や知見、問題解決の視点などを、それぞれコンサルタントがコラムにて連載中!

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

営業数字/営業マネージャーのための営業数字(4) 〜回収をみる〜」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「営業数字」関連情報をランダムに表示しています。

営業数字」関連の特集


“営業数字の組み立て方”について今回は利益高を取り上げ、みるべきポイントを解説します。



営業メンバーの売上目標や推移を管理し、その進捗に責任を持つ営業マネージャー。今回からは、彼らが持つべ…



部下のモチベーションを管理することは、上司にとって重要な仕事の1つです。今回は部下のモチベーションを…


「SFA」関連の製品

クラウド営業支援サービス 「JUST.SFA」 【ジャストシステム】 NICE営業物語 【システムズナカシマ】 成長型営業支援クラウドサービスとは? 【ジャストシステム】
SFA SFA SFA
営業も使いやすさに納得できるSFAが登場!その画期的な機能は… Webブラウザやスマートフォンへの対応により、営業日報の入力作業を容易にするとともに、蓄積された営業データをもとにした様々な集計機能を提供する営業支援システム。 コストをかけることなく自由にカスタマイズでき、営業効率を上げるシステムを柔軟に作ることが可能な“営業のためのSFA”。

「SFA」関連の特集


営業マネジメントについての極意を4回に分けて解説する本企画。第3回目の今回は、営業マンが商談を実施し…



 今回は「売れる営業」の心得の最終回にしようと思いましたが、少しボリュームが増えたのでもう1回増やす…



営業という仕事自体は資格のいらない業務ですが、営業担当者にも持っていると有利な資格があります。営業力…


「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

営業数字/ 営業マネージャーのための営業数字(4) 〜回収をみる〜」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「営業数字/ 営業マネージャーのための営業数字(4) 〜回収をみる〜」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008284


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ