この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/11/13

海外拠点のあるべき姿とは

自己紹介
太陽グラントソントン株式会社 今井 武
主な経歴
上場一部SIベンダーにて日本国内を中心に基幹業務システムのマーケティング・販売に従事。その後、太陽グラントソントンにて海外進出企業、外資系企業を中心にグローバル対応の基幹業務システムの企画・立案・実行…

【第7回】要件定義の進め方(1)

前回までのコラムでは、「要件定義前の準備」として考慮が欠かせない要素を、以下のように整理しました。

1.要件の種類を整理し
2.要件定義作業に参画してもらう人選を行い
3.参考となる社内資料を用意する

今回から数回に渡り、実際の“要件定義の作業の進め方”について見ていきます。

■(1)プロジェクトメンバー決定

前回紹介した、要件定義時の登場人物を参考にメンバーを選出します。

■(2)各方面の業務ヒアリング

プロジェクトメンバーを中心にヒアリングを行います。
効率的かつ正確に業務ヒアリングを行うための重要な要素は以下の通りです。

1.ヒアリング実施担当者は2名×1チームで実施する
2.ヒアリング対応者にヒアリングの目的を事前に伝えておく
3.ヒアリング結果を迅速に文書化する

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

システム開発/【第7回】要件定義の進め方(1)」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「システム開発」関連情報をランダムに表示しています。

システム開発」関連の製品

定額制システム開発 システム39(システムサンキュー) 【ソフトバンク コマース&サービス】 事例で見る、ERPの第三者保守への切り替えメリットとは? 【シーエーシー】 経費精算ワークフロー for SuperStream-NX 【キヤノンITソリューションズ】
開発ツール ERP 会計システム
サイボウズのkintoneを使って、企業の求める業務システムを「39万円」(税別)の定額で開発するサービス。 基幹系システムの保守は欠かせないものだが、コストは頭の痛い問題だ。ベンダー以外の事業者による「第三者保守」の可能性を、ユーザー企業の事例から探りたい。 会計・人事ソリューションSuperStreamと連携して利用でき、将来的な拡張も可能な経費精算の申請・精算のソリューション。

システム開発」関連の特集


開発案件減少により厳しさが増す統合開発環境市場。今後はSaaS開発案件が市場牽引役になると期待される…



 前回は「ソースコードセキュリティ検査の概要と特長」を説明した。今回はソースコードセキュリティ検査の…



オフィス外での業務がメインの従業員の業務効率を高め、速く的確に顧客対応を行いたい企業には、各人員の位…


システム開発」関連のセミナー

システムインテグレーション崩壊の危機にどう立ち向かえばいいか 【SRA OSS/オープンソース活用研究所】 締切間近 

開催日 4月26日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

【システムインテグレーション崩壊】これまで日本のITを支えてきたシステムインテグレーター(SIer)。しかし現在、以下のような環境の変化により、その限界が指摘さ…

クラウドを活用したベトナム・オフショア開発の紹介セミナー 【サテライトオフィス】  

開催日 6月6日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

オフショア(ベトナム)を利用したシステム開発の事例や方法をわかりやすくご紹介します! ・既存システムのリプレイスを、オフショアメンバーを利用して再構築!・既存シ…

Delphi開発入門コース(東京開催) 【ミガロ.】 締切間近 

開催日 5月10日(水)〜5月11日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 7万200円(税込)

Delphiでの開発がはじめてという方を対象に、Delphi開発時の操作、変数、関数などの基礎的な知識、主要なコンポーネントの使い方をマスターしていただくための…

このページの先頭へ

システム開発/ 【第7回】要件定義の進め方(1)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「システム開発/ 【第7回】要件定義の進め方(1)」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008263


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 中小企業ITコラム > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ