この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/11/13

海外拠点のあるべき姿とは

自己紹介
太陽グラントソントン・アドバイザーズ株式会社 今井 武
主な経歴
上場一部SIベンダーにて日本国内を中心に基幹業務システムのマーケティング・販売に従事。その後、太陽グラントソントンにて海外進出企業、外資系企業を中心にグローバル対応の基幹業務システムの企画・立案・実行…

【第7回】要件定義の進め方(1)

前回までのコラムでは、「要件定義前の準備」として考慮が欠かせない要素を、以下のように整理しました。

1.要件の種類を整理し
2.要件定義作業に参画してもらう人選を行い
3.参考となる社内資料を用意する

今回から数回に渡り、実際の“要件定義の作業の進め方”について見ていきます。

■(1)プロジェクトメンバー決定

前回紹介した、要件定義時の登場人物を参考にメンバーを選出します。

■(2)各方面の業務ヒアリング

プロジェクトメンバーを中心にヒアリングを行います。
効率的かつ正確に業務ヒアリングを行うための重要な要素は以下の通りです。

1.ヒアリング実施担当者は2名×1チームで実施する
2.ヒアリング対応者にヒアリングの目的を事前に伝えておく
3.ヒアリング結果を迅速に文書化する

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

システム開発/【第7回】要件定義の進め方(1)」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「システム開発」関連情報をランダムに表示しています。

システム開発」関連の製品

誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】
BI データベースソフト その他運用管理関連
1回の操作勉強会だけでデータ活用が活発化、成功例に学ぶBIツール導入 専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。 データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。

システム開発」関連の特集


企業に必要なIT資源をサービスとして提供する「クラウドコンピューティング」。その本質と現状、導入のポ…



オフィス外での業務がメインの従業員の業務効率を高め、速く的確に顧客対応を行いたい企業には、各人員の位…



現在多くの製品で無償版が提供されている「サーバ仮想化ソフト」。有償版との使い分けはどうする?そのヒン…


システム開発」関連のセミナー

顧客体験向上!情報をつなぎサイロ化を解決するポータルとは? 【日本ライフレイ】 注目 

開催日 2月9日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

近年、様々なツールやシステムの普及により、顧客や製品情報の管理が複雑化しています。顧客が必要なサポートや情報をタイムリー且つ、優れた顧客体験を提供する事に課題を…

性能管理カンファレンス『COMPUS OSAKA 2018』 【アイ・アイ・エム/セイコーソリューションズ】  

開催日 2月23日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

『COMPUS』は、毎年東京で開催している日本最大級の性能管理に特化したカンファレンスです。より多くの皆さまに、ITシステムのキャパシティ管理・パフォーマンス管…

“Excelでどこまでできるか”「StiLL」体験セミナー 【アイエルアイ総合研究所】  

開催日 1月16日(火),2月6日(火),2月20日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

Excelプラットフォームプログラム開発ツール『StiLL』のプログラム作成体験セミナーです。システム化ソリューション実現を “Excelと開発ツール「StiL…

このページの先頭へ

システム開発/ 【第7回】要件定義の進め方(1)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「システム開発/ 【第7回】要件定義の進め方(1)」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008263


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 中小企業ITコラム > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ