この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/11/13

海外拠点のあるべき姿とは

自己紹介
太陽グラントソントン株式会社 今井 武
主な経歴
上場一部SIベンダーにて日本国内を中心に基幹業務システムのマーケティング・販売に従事。その後、太陽グラントソントンにて海外進出企業、外資系企業を中心にグローバル対応の基幹業務システムの企画・立案・実行…

【第7回】要件定義の進め方(1)

前回までのコラムでは、「要件定義前の準備」として考慮が欠かせない要素を、以下のように整理しました。

1.要件の種類を整理し
2.要件定義作業に参画してもらう人選を行い
3.参考となる社内資料を用意する

今回から数回に渡り、実際の“要件定義の作業の進め方”について見ていきます。

■(1)プロジェクトメンバー決定

前回紹介した、要件定義時の登場人物を参考にメンバーを選出します。

■(2)各方面の業務ヒアリング

プロジェクトメンバーを中心にヒアリングを行います。
効率的かつ正確に業務ヒアリングを行うための重要な要素は以下の通りです。

1.ヒアリング実施担当者は2名×1チームで実施する
2.ヒアリング対応者にヒアリングの目的を事前に伝えておく
3.ヒアリング結果を迅速に文書化する

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

システム開発/【第7回】要件定義の進め方(1)」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「システム開発」関連情報をランダムに表示しています。

システム開発」関連の製品

Web API連携でビジネスはどう変わる? デジタルプラットフォームの変化を読む 【CA Technologies】 付加価値の高いサービス基盤を効率よく整備する際に必要なこと 【東日本電信電話】 データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】
開発環境/BaaS タブレット その他運用管理関連
Web API連携でビジネスはどう変わる? デジタルプラットフォームの変化を読む 高齢者を含む一般消費者向け事業の成否は、いかに付加価値の高いサービスを提供できるかにかかっている。そのサービス基盤を効率よく整備する際に必要なことを考えていく。 データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。

システム開発」関連の特集


最近目にする「オープンレガシー」問題。メインフレームやオフコンなど、従来のレガシー化と何が違うのか?…



現在最もホットなキーワード「SOA」。しかし概念が抽象的でその本質がはっきり見えてこないのも事実。そ…



IT統制とITマネジメントの概要を解説した上でSOX法などで注目される、ITリスク・マネジメントを専…


システム開発」関連のセミナー

開発プロセスで他社を引き離す! 【アシスト】  

開催日 4月11日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

〜 BRMSで開発を加速し、変化に強いアプリケーションをCorticonで体感 〜ビジネスの変化を即システムへ反映させる開発手法としてBRMS ( ビジネスルー…

簡単!Web Performer+Corticonで超高速開発! 【【主催】アシスト/【共催】キヤノンITソリューションズ】  

開催日 4月12日(水)   開催地 石川県   参加費 無料

「超高速開発ソリューション」の真の価値は、初期開発スピードの向上のみならず「内製化の強化」「柔軟性への挑戦」にあります!本セミナーは『超高速開発ソリューション』…

Delphi開発入門コース(東京開催) 【ミガロ.】  

開催日 5月10日(水)〜5月11日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 7万200円(税込)

Delphiでの開発がはじめてという方を対象に、Delphi開発時の操作、変数、関数などの基礎的な知識、主要なコンポーネントの使い方をマスターしていただくための…

このページの先頭へ

システム開発/ 【第7回】要件定義の進め方(1)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「システム開発/ 【第7回】要件定義の進め方(1)」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008263


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 中小企業ITコラム > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ