この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

国内サーバ

2015/11/24


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、IDC Japanの情報を元に、国内サーバのシェア情報をご紹介しよう。

 IDC Japanの調べによれば、2015年第2四半期(4〜6月)の国内サーバの出荷額は、前年同期比26.4%増の1204億円であった。
 製品別では、x86サーバの出荷額は前年同期比22.3%増で、円安によるコストの増加や仮想化によるオプションの増加によって平均単価が上昇し、出荷額が増加した。メインフレームは大型機の出荷が好調で、RISCサーバはHPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)専用機の大型案件が市場を牽引。いずれも前年同期から大幅に出荷額が増加した。一方、IA64サーバ/ビジネスサーバの製品分野では大幅に出荷額が減少した。
 ベンダ別の市場占有率(出荷額ベース)を見ると、1位のベンダが23.8%でメインフレーム/x86サーバが好調であった。2位はビジネスサーバ以外の全分野でプラスとなり19.4%。3位は13.6%で、メインフレーム新機種の出荷が好調なほか、RISCサーバもプラス成長。4位はx86サーバが好調で12.5%となった。
 出荷額に加え出荷台数も、5四半期ぶりに前年同期比増であったが、出荷台数は主にクラウドサービスプロバイダへ出荷されるODM Directが牽引しており、x86サーバ以外の出荷台数は減少している。出荷台数の減少は将来の更新需要減に直結し出荷額の減少につながるため、各ベンダはクラウドサービスプロバイダ向けの出荷を増やしていくか、ほかの需要家へ向けた収益性の高い事業を確立していくかを判断すべきとみられている。

国内サーバシェア

国内サーバシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

国内サーバ/「国内サーバ」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「国内サーバ」関連情報をランダムに表示しています。

国内サーバ」関連の特集


2007年通期と2007年第4四半期(10-12月)の市場占有率(出荷金額)で比較!ベンダ別国内サー…



2013年第3四半期、前年同期比12.2%増の1317億円となった同市場。x86サーバの出荷額が4半…



2015年第1四半期は前年同期比19%増の1484億円だった国内サーバ市場。27%の占有率を獲得した…


「PCサーバ」関連の製品

ITシステムを効率よく一元管理「OpenManage Essentials」 【デル】 統合的なサーバ管理を提供する「Dell EMC PowerEdge iDRAC」 【デル】 無停止型サーバ「ftServer」ファミリ 【日本ストラタステクノロジー】
PCサーバ PCサーバ PCサーバ
システム管理が無償でここまで! OpenManage Essentialsって何? 最新ツールでIT担当者はサーバ管理業務から開放されるのか? 「インテルXeonプロセッサ E5-2600v3シリーズ」を搭載した無停止型サーバ。仮想化システム/クラウド/DBサーバなど、ミッションクリティカルなシステムに高い可用性を提供。

「PCサーバ」関連の特集


2013年度上期、前年比5.8%増の1428億円となったPCサーバ市場。シェア26.2%で1位を獲得…



インテルのEM64TもしくはAMDのAMD64を採用したCPUを搭載するPCサーバ「64ビットPCサ…



2015年第1四半期は前年同期比19%増の1484億円だった国内サーバ市場。27%の占有率を獲得した…


「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

国内サーバ/ 「国内サーバ」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「国内サーバ/ 「国内サーバ」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008241


IT・IT製品TOP > サーバー > PCサーバ > PCサーバの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ