この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

クラウド型会計ソフト

2015/11/17


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、デジタルインファクトの情報を元に、クラウド型会計ソフトのシェア情報をご紹介しよう。

 デジタルインファクト(シード・プランニング)の調べによれば、2015年5月時点での会計ソフト利用率は、パッケージ型/クラウド型の合計で約31.3%であった。また、会計ソフト利用事業所のうちクラウドサービスの利用率は、2014年11月の調査時点から5.2ポイント増の全体の10.0%となった。
 クラウド会計ソフトの国内での提供は2013年開始され、エンタープライズ向けのソフトウェアサービスのクラウド化の進展を背景に、その利便性や経済性により、中小企業や個人事業主を中心に急速に普及しているという。
 ベンダ別の市場占有率(利用事業所数ベース)を見ると、1位のベンダが37.5%、2位が24.3%、3位が14.6%と、上位3社で76.4%に達し、以降4位が7.3%、5位は5.1%、6位が4.6%、7位は1.6%、8位が1.3%と続いている。
 当該ソフトを選ぶ時に最も重視する点については“簡単”が最も高く69.3%で、2位は“動作が速い/安定している”で49.9%、3位は“価格が安い”で49.1%であった。また最も要望される点は“セキュリティに関する情報を充実してほしい”で、39.1%であった。
 今後も着実に普及が進むと予想されているが、普及拡大のためには、クラウドサービスの特長である利便性や経済性を高める一方で、ユーザの漠然とした不安を払拭し、安心できる利用環境を適正な価格で提供することが求められると考えられている。

クラウド型会計ソフトシェア

クラウド型会計ソフトシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

会計ソフト/「クラウド型会計ソフト」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「会計ソフト」関連情報をランダムに表示しています。

会計ソフト」関連の製品

交通費・経費精算クラウド 経費BankII 【SBIビジネス・ソリューションズ】 MajorFlowクラウド 【パナソニック ネットソリューションズ】 楽楽精算 【ラクス】
会計システム グループウェア 会計システム
交通費・経費精算をスマートフォンやWebで申請できるクラウドサービス。駅すぱあと連携、仕訳データ出力、FBデータ作成ができ、作業時間の短縮、効率化が可能。 会計ソフトやグループウェアと連携して、経費精算や出退勤打刻の機能を提供。経理や人事の作業負担軽減を実現しつつ、現場社員や経営層にも役立つ機能も搭載。 交通費をはじめ、あらゆる経費の申請・承認・精算を楽楽精をラクにする、累計導入社数NO.1のクラウド型経費精算システム。

会計ソフト」関連の特集


2016年7月時点で全体利用率は34%、うちクラウドサービスは13%だった会計ソフト市場。40.9%…



既に多くの企業が導入済みのグループウェア。今回はユーザだけでなく、システム担当者にとっても簡単・便利…



「ワークフローを他ツールと連携し業務効率化を図りたい!」そんな企業に応え、連携効果の高いツール・シス…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

会計ソフト/ 「クラウド型会計ソフト」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「会計ソフト/ 「クラウド型会計ソフト」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008240


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ