第3回 会社で禁止すべきオンラインストレージ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/10/23

オンラインストレージで業務改善!

自己紹介
吉政創成株式会社 吉政 忠志
主な経歴
吉政創成株式会社の代表取締役 兼 一般社団法人PHP技術者認定機構の理事長 兼 BOSS-CON JAPANの理事長 兼 Rails技術者認定試験運営委員会の委員長。国産ITベンチャー企業の支援に一念…

第3回 会社で禁止すべきオンラインストレージ

今日は社内コンプライアンス上、使用してはいけないオンラインストレージサービスについて、記載いたします。前回は、無料のオンラインストレージはコスト上の理由でセキュリティが甘かったり、構造上の理由で大きな事故になりやすいことをお伝えしました。

今回はセキュリティ上の理由や構造上の理由以外に本来ならば社内コンプライアンス上無料のオンラインストレージを使用してはいけないといわれている理由についてご紹介いたします。その理由は大きく分けて以下の2点になります。

1) ログが取れないため
2) 社内サーバと同じレベルの情報セキュリティ基準を満たしていないため

ちなみに社内コンプライアンスと言っても会社によって内容はまちまちであるため、あくまで一般的な社内コンプライアンスとして理解下さい。
さて、「オンラインストレージ」のビジネスをしていると、法人のお客様に確認を求められる一番多いのはログ管理です。例えば、情報漏洩が発覚した場合、誰がどうやって情報を漏洩し、誰がその情報を持ったのかというのを追跡できなくてはいけません。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

オンラインストレージ/第3回 会社で禁止すべきオンラインストレージ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「オンラインストレージ」関連情報をランダムに表示しています。

オンラインストレージ」関連の製品

大容量高速ファイル転送 「活文 Accelerated File Transfer」 【日立ソリューションズ】 オンラインストレージ・パッケージ DocPlug 【鉄飛テクノロジー】 企業向けオンラインストレージ「GigaCC」 【日本ワムネット】
ファイル転送 オンラインストレージ/ファイルストレージ オンラインストレージ/ファイルストレージ
インターネット回線を利用し、海外など遠隔地とGB単位の大容量
データを高速転送できるサービス。パッケージのほか、IoT機器や
システムなどに組み込むSDKとしても提供可能。
自社のファイルサーバをオンラインストレージとして利用できるソフトウェア。PCやタブレット、スマートフォンを利用した社外からのデータアクセスを簡単に実現。 大容量ファイルの送受信、ファイル共有など、企業に必要とされる機能を、高いセキュリティのもと、包括的に提供する純国産オンラインストレージ。

オンラインストレージ」関連の特集


中小企業でも活用が進むタブレット端末にクラウドサービス。そんな中、学習塾でも活用事例が!iPadとク…



昨今注目を浴びている営業現場での「タブレット端末」を使ったプレゼン手法。手軽に持ち運べ画面がきれい、…



言葉だけが先行した感のある「ユーティリティコンピューティング」。しかしその中でビジネスモデルが立ち上…


オンラインストレージ」関連のセミナー

オープンソースで「情報伝達の強化」と「セキュリティの強化」 【主催:ヴィセント 協力:オープンソース活用研究所】 締切間近 

開催日 12月20日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

【DropBoxやGoogleDriveなどのオンラインストレージの普及と、それによる問題点】DropBoxやGoogleDriveなどの、オンラインストレージ…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

オンラインストレージ/ 第3回 会社で禁止すべきオンラインストレージ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「オンラインストレージ/ 第3回 会社で禁止すべきオンラインストレージ」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008230


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > ストレージ > オンラインストレージ/ファイルストレージ > オンラインストレージ/ファイルストレージのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ