この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


癖のある「硫黄」を使って容量3倍、次世代リチウム蓄電池

本記事はモノづくりスペシャリストのための情報ポータル MONOist から転載しています。

GSユアサは2014年11月、次世代リチウムイオン蓄電池セルを試作、エネルギー密度を従来比3倍に高めることに成功したと発表した。高性能ながら、電池に向かない性質を持つ「硫黄」を手なずけることで実現した。

GSユアサは2014年11月17日、次世代リチウムイオン蓄電池セルを試作、従来比3倍のエネルギー密度*1)を持たせることに成功したと発表した(図1)。
 同社は電気自動車用リチウムイオン蓄電池セルやモジュールを製造している。今後、新開発品が用いる負極材料の耐久性能を改善し、2020年には自動車産業向けに蓄電池セルのサンプル出荷を開始したいという*2)。
 図1に示したセルの寸法は非公開。電極の面積は12cm2だという。
*1) エネルギー密度にはさまざまな定義がある。ここでは電池セル全体の重量から求めた密度ではなく、封止材やセパレーター、電解液などを除いた、電極の重量だけから求めたエネルギー密度を意味している。
*2) このような用途を目指しているため、常温で動作する蓄電池として開発した。

図1 試作した次世代リチウムイオン蓄電池セルの外観 [ 出典 ] GSユアサ
硫黄とシリコンを使う

エネルギー密度向上のために同社が採った手法は、リチウムイオン蓄電池の電極を改善するというもの。正極側を従来のリチウム金属酸化物から、硫黄(イオウ)を使った構成に変えた。「硫黄を使うと蓄電池セルの電圧が従来の約2分の1に落ちるものの、正極に蓄えることが可能な容量が8倍に増える。その結果、3倍のエネルギー密度を実現できた」(GSユアサ、図2)。負極にも工夫がある。黒鉛(グラファイト)などの炭素系材料ではなく、シリコン(ケイ素)を用いる*3)。
*3) シリコン負極は充放電の繰り返しに弱く、性能を発揮できる構造を維持しにくいという欠点がある。今回の発表ではシリコン負極の改善点については全く触れていない(冒頭にあるように、2020年までの重点開発項目であることは表明している)。

図2 一般的なリチウムイオン蓄電池と比較した新電池の放電特性 電池の電圧と放電量の関係が分かる。 [ 出典 ] GSユアサ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

Office 365を業務現場に手間なくスムーズに定着させる方法 【マイクロメイツ】 MajorFlow Time 【パナソニック ネットソリューションズ】 ビジネスチャット 「ChatLuck(チャットラック)」 【ネオジャパン】
運用系業務アウトソーシング 勤怠管理システム 社内SNS
Office 365を業務現場にスムーズに定着させる方法――IT部門の手は煩わせない ワークフロー「MajorFlowシリーズ」の勤怠管理システム。Webで勤務報告や各種申請が実現。タイムレコーダ連携や他システムとの連携、スマートフォンからの入力も実現。 チャットアプリを中心にリアルタイムかつ効率的なコミュニケーションを実現。セキュリティなどビジネスに必要な機能を搭載。

新着特集


全社発表やイベントにまで使える特殊な空間『TEDスペース』や、デスクワークが主体の企業ならではの身体…



ツールの機能が洗練されたことに加えて、クラウド(SaaS)型ツールも使いやすくなり、より現場の業務に…



前回、契約書を作成する際の“コピペ”は大丈夫なのか、という話について言及しました。今回は、一歩進み、…


新着セミナー

YDC Forum 2017 【ワイ・ディ・シー】  

開催日 2月24日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

世の中の変化がますます加速する中、各企業が関心を持ち、様々な取り組みを始めています。企業は「イノベーション」と、IoTやクラウドに代表される「最新IT技術」をど…

予実管理、営業分析を実践! Qlik Sense 無料体験セミナー 【グランバレイ】  

開催日 2月23日(木),3月17日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

■■実機を使った予実管理/販売分析のセミナーを大阪で開催!!■■Qlik Senseは、誰もが簡単にデータを統合し、分析し、表やグラフを作成できるセルフサービス…

「価値創造に向けたIoT・データ分析・CAEの利活用」セミナー 【主催:オージス総研/協賛:伊藤忠テクノソリューションズ】  

開催日 2月15日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

企業を取り巻く環境を俯瞰すると、IoTの進展により、生産装置、ロボット、工場・施設、自動車、家電などのあらゆるモノがインターネットにつながり、データの分析と利活…

このページの先頭へ

リチウム蓄電池/癖のある「硫黄」を使って容量3倍」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「リチウム蓄電池/癖のある「硫黄」を使って容量3倍」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008203



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ